Pocket

イケメン高校生 フェラチオ
画像はイメージです

 

試着室でモッコリさせるイケメン高校生

 

私は紳士服フロアで接客担当をしています。

 

ちなみに25歳の女で、彼氏はいません。

 

子の前、男子高校生にいたずらしちゃいました。

 

スラリとした長身で長い手足、小さめで引き締まったお尻に、ジーパンが良く似合っていました。

 

小顔で目鼻立ちはクッキリしていて、かなりのイケメンでした。

 

スラックスはウエスト、それに股下を測ります。

 

普通は服の上からですよ。

 

その男の子は試着したけど、サイズが合わないみたいで私は試着室に呼ばれました。

 

「じゃあサイズ測りましょうか?」

 

って言ったらジーパンを脱いじゃって・・・

 

彼の前で片膝ついて、ウエスト測りました。

 

「75ですね」

 

って彼の顔を見上げたら、彼の視線は私の胸と太ももに注がれていたんです。

 

彼の位置からだと、ブラウスの中やスカートの中のパンツまで見えていたと思います。

 

股下を測る時、わざと彼のブリーフの前に手を当てて測りました。

 

メジャーの端を持って、手の平がちょうど彼のおちんちんに当たるようにしました。

 

そしたらすぐに勃起しちゃって・・・

 

いつもは測らないけど、ヒップも測りました。

 

私が膝立ちしてるから、彼のおちんちんは、ちょうど私の顔の前にあります。

 

メジャーを彼のヒップ側へまわす時、ビキニっぽいブリーフからはみ出しそうな亀頭部分へわざと頬をつけました。

 

すると激しい息遣いが聞こえてきて、ふと少年の股間に目をやった私はびっくりしました。

 

少年のブリーフの股間は大きくモッコリと盛り上がっていました。

 

「あら、エッチねえ。ところであなた名前は?」

 

「あっ、◯◯です」

 

「下の名前は?」

 

「祐二です」

 

「年は?」

 

「17です」

 

私は興奮で頭がクラクラしてきました。

 

見ると、祐二のブリーフの前はパンパンに膨れ上がっていました。

 

「祐二く~ん、どうするの~?こんなにモッコリさせちゃって」

 

祐二は、一瞬腰を引きました。

 

恥ずかしそうに勃起を隠そうとします。

 

チンポしゃぶってください

 

「ふふっ、かわい~、真っ赤になってるよ~。キミひょっとして童貞?」

 

私は右手を祐二の太ももに這わせ、ゆっくり股間まで近づけていきました。

 

そして、大きなブリーフの前のモッコリを撫で回しました。

 

そこはパンパンに硬くなっていました。

 

「お姉さん、も、もう、俺、我慢出来ないっす!」

 

「何が?ちゃんと言いなさい!」

 

「ああ~・・・して下さい」

 

「何を?」

 

「何って・・・その・・・気持ちいいこと」

 

「ん~?ちゃんと言わないならしてあげないよ。言いなさい、チンポしゃぶって欲しいって!」

 

そう言うと祐二は信じられないと言った顔をしました。

 

まさか私の口から、こんないやらしい言葉が飛び出すとわ思わなかったんでしょう。

 

でも私の方は、イケメン高校生の勃起したおちんちんを目の前にして、居ても立っても居られないほど興奮していました。

 

もうすぐにでもおちんちんにむしゃぶりつきたかったんです。

 

「チ、チン・・・チンチン」

 

「だめよ、チンポって言いなさい」

 

「チ、チンポしゃぶってくださいっ!」

 

祐二は、照れて真っ赤になりながら言いました。

 

私はそんな祐二が凄く可愛く思えました。

 

「いいわよ、じゃあお姉さんがチンポしゃぶってあげるね。ここじゃ何だから、別のところに行こっか」

 

私は祐二にジーパンを穿かせ、店の前で待っていてもらい、同僚にシフトを代わってもらうと、祐二の手を引いて男子トイレに連れ込みました。

 

そして一番奥の遠い洋式トイレに入り、カギを閉めました。

 

お姉さん、変になりそうです

 

私が便座に座ります。

 

祐二は私の目の前に立つ恰好になります。

 

ちょうど私の目が、祐二の腰の高さになります。

 

再びジーパンの前を、手のひらで撫でます。

 

「お、お姉さん、もう・・・もう俺!」

 

私はベルトとジーパンのホックを外し、ゆっくりジッパーを下ろしてあげました。

 

この瞬間も大好きです。

 

テントを張った水色のビキニブリーフが見えました。

 

ジーパンを膝の辺りまで下ろすと、威圧的なモッコリが露わになりました。

 

とても17歳の高校生のイチモツとは思えないほど、立派な膨らみでした。

 

おちんちんは、面積の小さいビキニブリーフの中で、苦しくて悲鳴をあげているようです。

 

カリの形もくっきり浮き出て生々しく、そのエロティックなシルエットが浮かび上がっています。

 

大きさを誇示しているようです。

 

「凄~い!大きい~!」

 

私はおちんちんの膨らみと、まだ幼さの残ったイケメン顔を交互に眺めました。

 

そして今度は膨らみを、いたずらっぽく指でなぞりました。

 

推定サイズ17~18センチ位だと思います。

 

ブリーフ越しにチンポをムギュッと握ると、ムチュッといやらしい音がしました。

 

先っぽからはカウパー液が滲んできてて、そこだけ生地の色が濃くなっていました。

 

舌を膨らみにツーと這わし、徐々に口に含んでいきます。

 

やがてジュルジュルと音を立てて、ブリーフ越しに思いっきりおちんちんをしゃぶっていました。

 

ブリーフは、私の唾液とカウパー液でヌルヌルになっていました。

 

「ああ~、お姉さん、変になりそうです。あ~あ~」

 

祐二は大きな声を出し、身悶えています。

 

「もう出したいの?ふふっ、まだだめよ。もっといっぱい可愛がってあげるんだから」

 

ビキニブリーフ越しのおちんちんを口に含みながら、私はくぐもった声で言いました。

 

「でもお姉さん、もう出ちゃいそうです!」

 

「ダ~メ、男でしょ、我慢しなさい。それにね、たっぷり焦らした方がいっぱい出て気持ちいいのよ」

 

「はあ、はあ、も、もう・・・」

 

私は祐二が発射してしまわないように手加減していたんですが、少年の限界は近かったようです。

 

このままブリーフの中で爆発されてはもったいないし、せっかくのザーメンを浴びることが出来ません。

 

私は一気にブリーフを下ろしました。

 

グロテスクでいやらしい巨根

 

ブルンッと勢いよくおちんちんが跳ね返り、パチンと音を立てて祐二の下腹部に当たりました。

 

「わ~!凄~い!!」

 

私の目の前に、想像を遥かに超えた大きなおちんちんが飛び出しました。

 

さらに圧迫を解き放ったおちんちんに血液が送られたが如く、ドキン!ドキン!という感じで膨張するかのよう見えました。

 

私からはおちんちんの裏面しか見えませんが、隆々としたその姿はまるで別の生き物のようでした。

 

サイズは18センチ程だと思います。

 

太さもカリ部分で、5センチぐらいあるかもしれません。

 

まさかこんなイケメンの高校生が、こんなグロテスクでいやらしい巨根を持っていたなんて!

 

私はまたしても、少年の顔と巨根を交互に見てしまいました。

 

祐二は照れくさそうにさらさらの髪をかき上げている。
その姿が可愛かった。

 

私はゆっくりと、おちんちんの竿を握りました。

 

祐二のおちんちんは、鋼鉄の様に硬かったです。

 

私はあんぐりと口を開きました。

 

そして真っ赤な長い舌をベロベロとくねらせ、少年の亀頭に近づいていきます。

 

そして、ねっちょりと舌で亀頭を舐めあげました。

 

まるでいやらしい食虫植物が、獲物の虫に触手を絡めていくように・・・

 

祐二は一瞬、

 

「あうっ!」

 

と大きな声を出して体を仰け反らせました。

 

「だめよ、大きな声出しちゃ。人が来るかも知れないよ、聞こえたらどうするの?やめちゃうよ~」

 

私は一旦舌を引っ込めました。

 

「そんな・・・お願いです。続けて下さい!」

 

祐二はせがみました。

 

「ふふっ、仕方ないわね~、絶対大きな声出しちゃだめよ」

 

別に少々大きな声でも聞こえることはありません。

 

しかし、こうして声を出さないように我慢させるのが楽しかったんです。

 

私は再び祐二のおちんちんに襲い掛かりました。

 

勢いよく飛び散るザーメン

 

今度は、一気に吸い込む様に亀頭を飲み込みます。

 

祐二が眉間にしわを寄せて、小さく唸りました。

 

私はゆっくり、舌を絡ませながら根元近くまで飲み込むと、またゆっくりと吸い上げます。

 

そしてブチュッと音を立てて口から出しました。

 

再び亀頭にキスするような口使いで吸いつきます。

 

そして頭を上下させ、おちんちんをフェラチオしてあげました。

 

ねっとりと舌を絡ませます。

 

ジュパッ、ジュパッ、ブチュッ、チュブッ、チュブッ・・・

 

いやらしい音が静かなトイレに響きます。

 

「ああ~、もうだめ、イク~」

 

祐二が情けない声を出しました。

 

しかし、まだもう少しは耐えられそうな様子です。

 

私はもう頭が変になるくらい興奮していました。

 

ブチュッ、ブチュッ、ジュルッ、ジュブッ、ブッ、ブッ、ブッ・・・

 

私は興奮して、おちんちんと口の間から小さな喘ぎ声を出していました。

 

祐二は真っ赤な顔で、整った顔をくしゃくしゃにして快感に耐えていました。

 

おちんちんは私の口の中で一瞬、ぐっ!とさらに膨張しました。

 

いよいよ射精が近いみたいです。

 

私はおちんちんを口からズボッと抜くと、右手で激しくシェイクするように扱きました。

 

そして大きく口を開けて、舌をベロベロさせます。

 

ザーメンを受け取る体勢は整いました。

 

「お姉さん、イッ、イクッ!イキます!」

 

4、5回しごいたところで、ポンプでザーメンが送り込まれるようにおちんちんが

 

ドクン、ドクン

 

と波打って爆発しました。

 

祐二は、獣みたいに唸り声をあげています。

 

「うお~!おお~!おお~」

 

私はその余りにもすさまじい射精に、思わず目を閉じてしまいました。

 

次の瞬間、頬から鼻筋、そして額にかけて痛い程激しい、そして熱いほとばしりを感じました。

 

そして続けて、さらに勢いを増した第2、3、4弾。

 

もう発射というより爆射です。

 

“ドピュッ!”というより“ブシュッ!”という感じで、少年はザーメンをぶちまけました。

 

おちんちんをシェイクしていたこともあり、激しく飛び出したザーメンの白い筋は、ムチのようにビョンビョンとしなりながら私に襲いかかってきました。

 

私はあまりの迫力に思わず、

 

「きゃあ~」

 

と歓声をあげました。

 

ザーメンは私の頬に瞼に髪に、あんぐり開けた口の中に、首筋にそして制服の胸の辺りにぶっかけられました。

 

勢い余ったザーメンは、トイレの壁にまで飛び散りました。

 

もはや口マンコ状態

 

「祐ちゃん、凄~い!凄いザーメン!」

 

ザーメンは6~7回弾発射されました。

 

その総量は、とても可愛い少年の射精とは思えないほどです。

 

トイレ中に栗の花のような、ザーメンの匂いが立ち込めています。

 

私の頭は、完全にスパークしていました。

 

私は夢中で、痙攣しながら硬さを無くしていくおちんちんを扱いていました。

 

最後の一滴まで搾り出すように・・・

 

そしておちんちんを顔になすりつけて、ザーメンを口の方に流し込んでから、再び口から出しました。

 

ザーメンは滝のように滴り、ミニスカートと太ももの境辺りに流れ落ちました。

 

私は射精したばかりのおちんちんに再びむしゃぶりつきます。

 

男の子って射精の後、すごくおちんちんが敏感になるみたいで、祐二も目を白黒させて痙攣しながら悶えていました。

 

ジュパッ・・・ジュル、ジュル・・・

 

口の中がザーメンだらけのせいで、湿った音がします。

 

しばらくすると再びおちんちんが硬さを取り戻し、口いっぱいになりました。

 

舌を使って、柔らかくねっとりと刺激していくと、再び徐々に勃起していきました。

 

いきり立った肉棒を喉奥まで咥えこむと、頭の動きを止めて跪いたままオナホールの様に口をピストンするように促しました。

 

ブジュ・・・ブジュ・・・

 

卑猥な音を立てながら、腰を動かしてピストンが始まります。

 

頭を持ってもらうように祐二の手を持って誘うと、そこからは人が変わった様に雄の本性が現われました。

 

自らの快感のみを求める雄と化した少年は、今までにない激しい腰の動きと声を出しながら、

 

「あっ!!スゲー!気持ちいい!ヤバいヤバい」

 

と言いながら、口の粘膜にチンポを擦りつけて快感を絶頂へと導いて行きます。

 

こちらは、もはや口マンコ状態です。

 

これがたまらないんです。

 

祐二のおちんちんが口にピストンされる度に、

 

ぐじゅっ・・・ぬちゃ・・・

 

と、普通トイレでは聞こえる事のない淫猥な音が響き渡ります。

 

いやらしい腰使いで口マンコを犯されて、ものすごく突き上げられ、祐二が

 

「お、お姉さん!いっ!いっくっ!うっ!」

 

と叫ぶと、口の中で何かが弾けた様に、再び大量なザーメンを放出しました。

 

2発目とは思えないほど、強烈な発射でした。

 

咥えている竿の尿道を、精液が通過するのが分かるくらいの激しい射精でした。

 

祐二は凄い感じて、

 

「ああっ、はあっ」

 

と声を出しながら、私の肩にしがみついて前のめりになったまま、口の中がタップンタップンするくらいの大量のザーメンを放出しました。

 

溜まった性欲を全て吐き出した彼は、放心状態でグッタリしています。

 

結婚したいです

 

しばらく沈黙が続きました。

 

2人の激しい息遣いだけが、静かなトイレにこだましています。

 

先に沈黙を破ったには私でした。

 

「ふふふっ・・・ねえ祐ちゃん。私のこと忘れられる?」

 

「ええ?」

 

「これが最初で最後って言ってるの」

 

「ええっ!そんな・・・」

 

祐二が寂しそうな顔をしました。

 

その顔がキュンとするほど可愛かったです。

 

「そんなって、じゃあどうしたいの?まさか時々会ってまたしゃぶらせたいわけ?」

 

「あ、いや、そんなんじゃなくって・・・」

 

「何?」

 

「あ、あの僕、お姉さんとこの先も、付き合っていきたいです」

 

「ふふ、チンポしゃぶらせたいだけでしょ。本当のこと言いなさい」

 

「ち、違います!結婚したいです!好きです!」

 

私は吹出してしまいました。

 

「なに言ってるの。トイレでフェラチオさせた女と結婚?」

 

私は馬鹿にしたように言いましたが、少し胸がキュンとなりました。

 

「ありがとう。でも、そんなんじゃないの・・・嘘よ!ちょっとからかっただけよ」

 

私は祐二の頭を抱きかかえました。

 

そして耳元で囁きました。

 

「また、おしゃぶりしてあげるね」

 

祐二は物凄く嬉しそうな顔になりました。