Pocket

パイズリフェラ
画像はイメージです

 

朝立ちのおちんちんをフェラチオ

 

交際中の彼氏の家にお泊りし、いっぱいセックスしました。

 

季節はちょうど夏真っ盛りです。

 

朝だというのに、まるで熱帯夜のような暑さで、目が覚めてしまいました。

 

彼も起きていて、

 

「おはよう」

 

と言ってきましたんで、私も、

 

「おはよう・・・」

 

とまだ寝ぼけながら目を開けると、なんと彼はボクサーパンツ一丁だけの姿になっていました。

 

「何でパンツ姿なの?」

 

「暑いから脱いだ」

 

「お前は、おっさんか!」

 

と私は思わずツッコんだのですが、ふと彼の股間を見ると・・・

 

「しかも、朝勃ちしてるし」

 

明らかにパンツの中のおちんちんは大きく膨らんでいて、あらためて見ると、

 

(こんなに大きいおちんちんが何度も私のオマンコに入っていたなんて・・・)

 

と、彼氏と激しくセックスした昨夜のことが頭の中かに浮かんできました。

 

「どうした?」

 

「きゃっ!」

 

突然彼が近づいてきました。

 

「もしかして、朝勃ちした俺のチンコ見て興奮した?」

 

「えっ・・・いや・・・その・・・」

 

彼が近づいてくる間も、股間から目が離れませんでした。

 

「ちょうど抜きたくなったからさ、フェラチオして?」

 

彼はベッドの上で、盛り上がった股間を突き出すように腰を上げました。

 

もっこりが一層強調されて、とてもいやらしく見えました。

 

すでに私も舐めたくなっています。

 

「ん~・・・あれ、いい香り?」

 

「起きる前に身体洗ったからね」

 

私は犬のように彼の股間に鼻をつけてスーッと匂いを嗅ぐと、彼の使ったボディーソープの匂いが私の嗅覚を刺激し、さらに興奮しました。

 

「おっきぃ・・・!」

 

私は我慢できなくなり、彼のボクサーパンツを脱がせると、お腹にくっつく程そそり立ってたおちんちんが現れ、また昨日の激しいセックスを思い出してしまいました。

 

「んふっ」

 

私は大きなおちんちんを口に含み、フェラチオを始めました。

 

射精しても勃起したまま

 

ジュルッ、ジュルッ!

 

「ああっ、すごい!・・・気持ちいいよっ!」

 

彼氏はとても気持ちよさそうに、腰をモゾモゾさせています。

 

「んっ、んんっ」

 

彼が喜んでることに嬉しくなり、亀頭、竿、裏筋といっぱい舐めてあげました。

 

さらに咥え込んでスピードを上げました。

 

ジュポッ、ジュポッ!

 

「あっ、あっ、イ、イキそうっ!」

 

「んっ・・・!」

 

彼は、

 

ビュッ、ビュッ

 

と口の中に射精し、私は彼の精子を美味しそうに飲み干しました。

 

「はぁ、はぁ」

 

おちんちんを見ると、まだ勃起したままです。

 

「ふふっ、さっき出したばっかりなのに、まだおっきいまんまだね」

 

握ってみると、まだ熱を持ったままで、早くも亀頭から我慢汁が溢れてきました。

 

「えっ・・・ちょっ!」

 

私は彼の足の間に入り込み、腰を持ち上げておちんちんをDカップのおっぱいの谷間に挟み、パイズリで上下に動かしました。

 

ペロッ。

 

「はうっ!」

 

おちんちんをおっぱいで擦りながら、亀頭の先を舐めるパイズリフェラすると、彼の身体がピクッて反応しました。

 

「ほら、こんなにたくさん出てるよ」

 

舌先で尿道をつつくと、我慢汁が溢れ出ていて、私はそのまま亀頭を口に咥え、掃除をするように舐めていました。

 

チュポッ、チュポッ!

 

「あぁ、はぁ・・・そ、そんなにしたらっ」

 

「んんっ」

 

彼は気持ちよさそうに、腰をクイクイと突き上げるように動かしていました。

 

「ああっ・・・またっ、イクっ!」

 

「きゃっ!」

 

彼は胸の谷間の中で、暴れるように

 

ビュッ、ビュッ

 

と2回目の射精をし、私の顔にもかかっちゃいました。

 

絶倫の彼

 

「もぉ・・・元気よすぎだよ」

 

私はそう言いながら、そばにあるティッシュを手に取り、顔を拭きました。

 

「自分だけイッてずるい!その大きいおちんちん、私のオマンコに入れて」

 

私は大きく足を開き、すでに濡れているオマンコを彼に見せつけました。

 

すると彼は何の躊躇いもなく、おちんちんを挿入してきました。

 

「あぁんっ・・・はぁんっ」

 

昨日のセックスと同様に、大きなおちんちんがオマンコの肉壁を擦ってきます。

 

「気持ちいいだろ?」

 

「あんっ、あんっ・・・気持ちいいっ、おっきいおちんちん・・・気持ちいいよぉ!」

 

おちんちんがだんだん子宮の奥に当たってきて、彼は激しく腰を動かしてきました。

 

グチュッ、ズチュッ、ブチュッ!

 

「あっ、あっ・・・イッちゃう!イッちゃうよぉ!」

 

「俺もっ、イ、イクぅ!」

 

彼は私のオマンコの中で射精しました。

 

「もうすごすぎぃ!昨日から10回ぐらい出してるのに」

 

「だって、お前のマンコが気持ちよすぎるからだぞ!」

 

そう言っておちんちんをオマンコに入れたまま、また彼は腰を動かしてきました。

 

昨日と同様、昼まで何度も激しいセックスをしました。

 

私もセックス大好きなので、絶倫の彼と相性がいいみたいです。

 

一緒にシャワーを浴びて身体を洗った後も、また彼に挿入されて洗い直し・・・

 

家を出る前に思いっきりディープキスをして、彼とのお泊まりエッチが終わりました。

 

本当に貴重な夏の思い出でした。

 

でもかなり疲れちゃった。