Pocket

女子高生 おっぱい
画像はイメージです

 

おっぱい触り放題

 

私は高校時代、工業高校に通っていました。

 

今ではだいぶ増えているみたいですが、私が通っていたころは女子生徒が極端に少なかったです。

 

30人いたクラスメイトは全員男子で、女子は私1人だけでした。

 

ある時、学校の旅行で旅館に泊まった時、私はクラスメイトの男子たちとお酒を飲みながら、王様ゲームをしました。

 

酔って気がつくと、私は何人もの男子におっぱいを触られていました。

 

もちろん生おっぱいです。

 

処女じゃなかったし、エッチも嫌いじゃなかったんですけど、

 

(ちょっと調子に乗りすぎたかな)

 

と反省しました。

 

もう、あんなことはしないと思っていたんですけど、その後も私にエッチなことをしようと、寄ってくる男子が大勢いました。

 

最初はみんな断っていたんですけど、

 

「お金を払う」

 

って男子まで出てきたんです。

 

ウチの学校の生徒は、バイトをしている子が多くて、結構みんなお金持ってたんです。

 

だけどさすがに本番は無理です。

 

妊娠しちゃうのも怖かったし・・・

 

そこで私は、おっぱい限定のプチ援交をすることにしました。

 

前に旅行で触られていたので、正直あまり抵抗がなかったんです。

 

(おっぱいぐらいならいいか)

 

と。

 

学校には使っていない教室がいくつかあったので、そこを利用します。

 

「30分おっぱい触り放題で1万円」

 

自分では結構高めの値段設定のつもりだったんですが、参加希望者はたくさんいました。

 

基本的には1日1人限定です。

 

放課後の空き教室を使いました。

 

教室に入ってカギを内側から閉めると、みんなすぐに私のシャツのボタンを外しにかかりました。

 

いきなり誰か来たら困るので、服は脱ぎません。

 

おっぱいもブラを外さずに、ずらして触るのがルールでした。

 

自分で言うのもなんですが、おっぱいには結構自信がありました。

 

当時のサイズでDカップありました。

 

女子高生にしては大きいほうですよね。

 

太っていたワケじゃないし、ロケット型のとんがりおっぱいだったので、結構目立っていたと思います。

 

ただ、乳首はちょっと大きめで、黒ずんでいたのが残念でした。

 

それでも男子はみんな喜んで、

 

「お前のおっぱい最高!」

 

とか言ってしゃぶりついてきました。

 

オナニーする男子もいた

 

最初はヤンキーっぽい一部のグループだけが相手だったんですけど、次第に参加者は口コミで増えていきました。

 

結局は、クラスの男子ほとんどが、私のおっぱいで遊んだことがあるって感じになっちゃいました。

 

おっぱい限定なので、触り方は人それぞれです。

 

ずーっと吸いついている子もいれば、揉んでばかりの子もいました。

 

中には匂いを嗅いだり、歯で噛んだりするマニアックなヤツもいました。

 

手で掴んだおっぱいに鼻を寄せて、乳首の辺りをクンクン嗅ぐと、

 

「◯◯のおっぱい、いやらしい匂いがする」

 

とか言われてちょっとキモかったです。

 

ツバでベチャベチャになった乳首を見て、

 

「◯◯、乳首ビンビンに勃ってるぞ」

 

とか言うヤツもいました。

 

みんな自分が結構テクニシャンだと思ってたみたいなんです。

 

(別にオマエらに触られなくても、簡単に硬くなるんだよ)

 

とか言ってやりたかったですが、

 

「うん、気持ちいいんだもん」

 

とか言って答えてました。

 

サービス、サービス(笑)

 

セックス経験者はさすがに触り方も上手くて、結構感じちゃうこともありました。

 

密かにオマンコが濡れてたりもしました。

 

逆に童貞クンは乱暴で、おっぱいはガシガシ揉むし、乳首はちぎれるくらい強く摘まんだり吸ったりしてきます。

 

あんまり痛くされた場合は、そこで強制終了しました。

 

時間いっぱい楽しみたい男子は、だんだんと触り方もソフトになっていきました。

 

見た目からしてショボく、オタク連中が意外に上手に触るのにも驚きました。

 

優しく歯で甘噛みした乳首を、舌先でチロチロ舐める、反対側のおっぱいも強弱をつけて揉んできたりして、両胸同時に攻められました。

 

最初はバカみたいにチューチュー吸いつくだけだったのに、何回かするとこっちが感じちゃうくらい上手に触るようになっていきました。

 

興奮してくると、おちんちんを取り出してオナニーする男子もいたけど、もちろん私はノータッチです。

 

例え相手が射精しなくても、時間ピッタリで終わりにして、おっぱいを念入りにウェットティッシュで拭きます。

 

ツバが乾くとチョー臭くなるんですよね。

 

そしてそのままブラを着け直すと、さっさと帰りました。

 

男ってバカだなぁ

 

だんだんお金が貯まるのが楽しくなった私は、

 

「オナニーネタ貸し出し」

 

っていうのも始めました。

 

簡単に言えば、

 

「その日、着けていたブラジャーを一日3000円で貸す」

 

っていうことです。

 

お金をあんまり持ってない男子は、すぐに飛びついてきました。

 

放課後、一日着けていたブラをトイレで外し、それを巾着に入れて相手に渡しました。

 

渡す時に、

 

「あんまり汚さないでね」

 

と恥ずかしそうに言うと、相手の男子は興奮したように、

 

「ウンウン」

 

と頷いていました。

 

(男ってバカだなぁ・・・)

 

とか思ってました。

 

学校から家まではノーブラになってしまいますが、自分のおっぱいを触られるわけでもないし、それでお金も稼げるので楽でした。

 

翌日帰ってきたブラには、よくツバや精液が付着していました。

 

貸した男子が、ブラジャー相手にオナニーして精液を発射している姿を想像すると、可笑しくなります。

 

ただ、手持ちのブラが汚されるのも嫌なので、安いヤツをまとめて大量買いしていました。

 

洗濯はコインランドリーを使いました。

 

黒やヒョウ柄のセクシー系よりも、チェックや花柄のカワイイ系の方が人気だったですね。

 

フロントホックや、スポーツブラを希望するマニアックな男子もいました。

 

一生童貞のままかもしれない

 

そんな風にして過ごした3年間ですが、一度だけセックスをしたことがあります。

 

オタクっぽい男子が、

 

「◯◯さんと出来なかったら、ボクは一生童貞のままかもしれない」

 

とか言って私に泣きついてきたんです。

 

なんとなく可哀そうに思えた私は、1万円+ホテル代でOKしてあげました。

 

普通のセックスはもちろん、フェラチオやパイズリもサービスしてあげると、その男子は何度も私の前で射精しました。

 

卒業するまでに、100回以上はクラスメイトたちに、おっぱいで遊ばせてあげたと思います。

 

最初はそれほどでもなかった乳首の感度も良くなって、今ではオマンコより感じるくらい性感帯開発されちゃった感じです。

 

卒業と同時に、私は貯めたお金でスポーツカーを買いました。

 

もちろん現金一括です。

 

その後もクラスメイトだった男子たちから、何回か連絡がありましたが、全部無視しました。

 

そんなことをしていた私も、数年後には普通に結婚しました。

 

クラス中の男子の玩具だった私のおっぱいも、今では旦那さまだけのものです。