Pocket

おちんちん見られた
画像はイメージです

 

おちんちんも見るね

 

僕の名前は祐一です。

 

小学6年生の時の体験談です。

 

僕の小学校では、下校の前に、みんなで運動をする決まりがありました。

 

6年生で、女の子も含めて一番身長が低い僕は、運動が苦手で、なんとかさぼろうと思っていました。

 

しかし、頭の中まで筋肉で出来ているような体育教師に見つかり、罰としてサッカーのゴールキーパーにさせられました。

 

みんなのシュートを怖がって逃げていた僕を、体育教師が捕まえて、

 

「怖がるんだじゃない!男だろ!」

 

と後ろから腕を捕まえて、動けないようにしてしまいました。

 

次のシュートは純子の番です。

 

純子は6年生の女子のクセに、すでに身長が160cmもあって、運動神経もバツグンでした。

 

「さあ、いくわよ。祐一クン泣かないでね!くす!」

 

「女のクセに生意気だぞ!女のシュートなんかで泣くわけないだろ!」

 

本当はちょっと怖かったんですが、女子なんかに負けていられません。

 

「え?祐一クン、男子だっけ?そんなにちっちゃくて可愛いのに!あはは!」

 

僕は頭の中が、カーッ!となりました。

 

そして・・・

 

純子の蹴ったシュートは、うなりをあげて飛んできて、僕の・・・僕の・・・あの・・・おち・・・おちんちんに当たってしまったんです。

 

思わずうずくまってしまった僕は、学校に出来るだけ近い、「ますみクリニック」に運ばれました。

 

院長は、まだ若い女医さんのますみ先生です。

 

純子を含め5人の女子が、おちんちんを押さえて唸っている僕を笑ったという罰で、下校できずに病院に付き添ってきていました。

 

ますみ先生は、僕の目や脳を検査した後に、こう言いました。

 

「それじゃ、ボク、ちょっとおちんちんも見るね」

 

待合室から診察室が丸見えなので、看護婦の理恵さんが診察室のドアを閉めようとすると、

 

「あっ・・・男の子だから、閉めなくてもいいわよ」

 

とますみ先生は言いました。

 

可愛いおちんちんしてるのね~

 

「そ・・・そんな・・・困ります・・・」

 

慌てて僕が言うと、ますみ先生は、

 

「子供が何恥ずかしがってるのよ。さっさと脱ぎなさい」

 

と相手にしてくれません。

 

理恵さんまで、

 

「そうですね・・・ボク、男の子でしょ!」

 

と一緒になって言ってきました。

 

待合室から、

 

「くすくす・・・」

 

と、純子たちの笑い声が聞こえました。

 

僕がきっ!と純子たちを睨んでも、

 

「あらあら、こわぁ~い・・・くすくす」

 

と笑うのをやめません。

 

「ほら、いつまでもボク一人の診察をしてるわけにはいかないんだから。ぐずぐずしないの!」

 

と再びますみ先生に叱られてしまいました。

 

僕は仕方なく、待合室の方にお尻を向けて、おちんちんが見えないようにして、目を瞑ってブリーフを脱ぎました。

 

「見てみて~!可愛いおしり!」

 

「真っ白ね。女の子みたい~!」

 

待合室から、純子たちの囁きが聞こえてきました。

 

僕は真っ赤になって屈辱に耐えながらも、

 

(それでも、おちんちんを見られるのが、年上のますみ先生さんや理恵さんだから、今だけ我慢しよう)

 

と早く終ってくれることを願っていました。

 

ますみ先生は、女子たちの声を聞くと、優しく微笑んでいました。

 

理恵さんが、僕の体操服の裾を掴むと、グッと上にまくり上げました。

 

ますみ先生が、

 

「どれどれ~」

 

と僕のおちんちんを、真正面から覗き込みました。

 

「あら、祐一クン、可愛いおちんちんしてるのね~!まだ先っぽまでお皮被ってるじゃないの~!」

 

と、いきなりますみ先生が大きな声で言ったんです。

 

もう僕だって大人です

 

一瞬目を見開いて、静かになった純子たちは、次の瞬間・・・

 

「あはははは!」

 

「ねえ、聞いた、聞いた~?祐一ったら、おちんちん、まだお皮被ってるんですって!」

 

「くすくす・・・女医さんに、おちんちん見られちゃったんだ~!」

 

理恵さんにまで、

 

「本当に可愛いおちんちんですね。まだつるつるできれいなものね!」

 

と言われました。

 

待合室の女子は、目をキラキラさせて、ますみ先生や理恵さんの言うことを聞き逃すまいと一生懸命のようでした。

 

「おちんちんの先っぽのお皮まで真っ白ね。長さも・・・う~ん・・・2cmくらいかな?」

 

「つるつるのお股に、チョコンと付いた包茎の可愛いおちんちんだわ!」

 

遠慮無く、僕のおちんちんの様子を大声でしゃべっています。

 

それは全部、純子たちに聞こえているんです。

 

「おちんちん、2cmですって!えっと・・・これくらいかな?きゃはは!」

 

純子が、親指と人差し指で長さを示して、他の女子に見せています。

 

「普段、生意気言ってたクセに、女医さんや看護婦さんの前だと、簡単にブリーフを脱がされて、おちんちんまで見られちゃうんだ~!」

 

ますみ先生の目が純子たちに向いた。

 

「それは6年生にもなれば、あなたたちは、もう大人のカラダになりかけているけれど、男の子なんてまだまだ子供なのよ」

 

「同級生の女の子の前だから、強がっているけれど、本当はまだまだ可愛いものよ。こんなおちんちんなんて見てもだれも怖くないから。ほら、よく幼稚園の男の子がおちんちん丸出しで遊んでいるでしょ?あれと同じよ!」

 

僕は耐えられなくなって、

 

「そんなことありません!もう僕だって大人です!」

 

と訴えました。

 

ますみ先生と理恵さんは、顔を見合わせて、それから大声で笑い出した。

 

「何言ってるのよ。ほら、こんなに可愛いおちんちんして、大人なの?笑っちゃうわよ」

 

「おちんちんの先っぽで、きゅっ!て、お皮が閉じて、先っぽ尖ってるんじゃないの!」

 

「きれいなつるつるおちんちんなのに、何見栄はってるのよ!あはは!」

 

と相手にされません。

 

同級生の女子が聞いているのに・・・

 

それも一番聞かれたくない純子たちのグループが・・・

 

あなたたちも見てみれば?

 

「祐一クンは、まだまだ子供なんだから、恥ずかしがらなくていいわよ」

 

理恵さんが言いました。

 

ますみ先生は、

 

「そうよね。こんな可愛いおちんちんして、恥ずかしがるなんておかしいわよ」

 

と言いました。

 

思わず純子たちが、

 

「先生、祐一クンのおちんちんって、そんなに可愛いんですか?」

 

「本当にまだお皮かぶったおちんちんなんですか?」

 

と聞いてきました。

 

「そうよ。今あたしの目の前で丸見えになっているから間違いないわよ」

 

そう言うとますみ先生はしばらく考えて、

 

「そうだ!あなたたちも見てみれば?」

 

と言ったんです。

 

僕は、頭をが~んと殴られたくらいのショックを受けました。

 

よりによって、同級生の純子たちにおちんちんを見られちゃうなんて・・・

 

純子たちも、

 

「ええ~っ!いいんですか?男子のおちんちんなんて見ちゃって」

 

とか言ってます。

 

「大丈夫よ。まだまだ子供だって言ったでしょ?子供のおちんちん見たって、なんてことないわよ。幼稚園の子は、女の子がいてもおちんちん丸出しにしてるでしょ?あれと同じだって言ったでしょ?」

 

思わずおちんちんを隠そうとしましたが、それよりも一瞬早く、理恵さんが僕の腕を後ろで押さえてしまいました。

 

「さあ、こっちに入ってもいいわよ」

 

最初は、待合室の椅子から少しずつお尻を浮かせつつあった純子たちも、女医さんが言うのだからというので、ダーッ!と診察室に入ってきました。

 

僕は・・・もう・・・真っ赤になって目を瞑りました!

 

しばらくして・・・

 

「かっわゆ~い!」

 

「あらあら~・・ほんとにお皮被ってる~!」

 

「祐一クンのおちんちん見ちゃった!かっわいいの~!あはは!」

 

薄目を開けてみると、祐一のおちんちんの前に、さっきまで言い争ったり、いっしょに授業を受けたりしていた5人の女子の顔があり、目をキラキラさせた笑顔で、僕のおちんちんに見入っていました。

 

中には、僕のおちんちんと顔を交互に見比べていたり、下から覗きあげたりしている女子もいました。

 

「ほんとだ~・・・男子ってまだこんなに子供なんだ~!」

 

「あたしたちとは、全然違うね」

 

「うんうん、少なくても祐一は、あたしたちに比べたら、まだまだほんのおこちゃまってことね」

 

「ふ~ん・・・ねぇ、祐一くん、こんなに可愛い、まだまだつるつるの先っぽまでお皮かぶったおちんちんしてるのに、『女のクセに』とか『男だ』なんて生意気言ってたの~?くすくす・・・」

 

「これからは、あたしたちのこと、お姉様って呼んでね!あはは!」