Pocket

息子をフェラチオ
画像はイメージです

 

中学生の息子のおちんちんが…

 

結婚後すぐ、息子のヒロが生まれ、その後夫と離婚してからもう12年になります。

 

幸いにも仕事に恵まれ、生活は決して裕福ではありませんが、2人でなんとか暮らしていけています。

 

私は今年37歳になり、ヒロも15歳を迎えようとしています。

 

ずっと、

 

(ヒロは両親のどこに似たんだろ?)

 

というぐらい立派な体格になり、最近はまぶしいぐらい大人っぽく感じます。

 

私が朝早くから仕事があるので、ご飯もあまり一緒に出来ませんが、入浴と睡眠だけは今も一緒にするように心がけています。

 

その日一日あったことを、お風呂の中で話し合うことで、私たち親子は喧嘩することもなく楽しく過ごしています。

 

その日も一緒にお風呂に入っていたのですが、ヒロがこちらに背を向けるような感じでなんかこそこそしてます。

 

「ヒロちゃん、どうしたの?」

 

「う、ううん、何でもないよ。」

 

不思議に思った私ですが、息子が身体を洗うために、浴槽から出るときになって理由が分かりました。

 

(ヒロちゃんの・・・大きくなってる・・・!)

 

浴槽に浸かった私の目の前を、やや大きくなったおちんちんが、ブラブラ通り過ぎます。

 

(す、すごい・・・)

 

以前から、息子の少し勃起したおちんちんを見かけることは、たまにあったのですが、息子も特に恥ずかしがっていないようなので、私も特に気にせずいました。

 

でも、その日の息子のおちんちんは、今まで見た中で一番大きくなっていて、なんか圧倒されてしまいました。

 

(・・・いつの間にこんな・・・)

 

そんな当の息子は、こちらをなんかチラチラ見ながら、妙にソワソワしています。

 

(どうしたのかしら?)

 

すると、いつもはちゃんと洗う息子が、その日に限り短時間で身体をさっと洗い、浴室を出ようとしました。

 

「だめよ、まだちゃんと洗ってないじゃない」

 

「え~、洗ったよ~?」

 

「もう・・・だ~め、お母さんが洗ってあげるからソコに座んなさい」

 

私は浴槽から出ると、息子を洗い場の椅子に腰掛けさせ、後ろからボディーソープをつけたタオルで、背中をこすりました。

 

「母さん、いいよ~、自分で出来るから」

 

「だ~め、全然洗えてないじゃない、まだアカが出るわよ」

 

腕や肩をこすると、まだ息子の身体から汚れが落ちてきます。

 

若いから新陳代謝がいいんですね。

 

日焼けした筋肉質の身体を見ていると、もう子供らしいところもなく、

 

(ホントに大きくなったなぁ~)

 

ってしみじみ感じて、代わりに大人の魅力が少しずつ出てきた部分に、少しドキドキしてきました。

 

だいたい身体を洗ってあげると、後はおちんちんの辺りのみが残りました。

 

ここだけは、さすがにタオルで洗うのは痛そうなので、昔はタオルでなく手で洗ってあげてました。

 

でも中学に入ったころから、自分で洗うようになり、最近は洗ってあげてませんでした。

 

ふと後ろからのぞき見ると、息子のおちんちんは、ビクンビクンしながら大きく勃起していました。

 

(わっ!!・・・す、すごい・・・)

 

先端はピンク色に腫れ上がり、ツヤツヤしていて、すごく綺麗です。

 

ふと私の中にイタズラ心が芽生え、息子のおちんちんの感触を確かめて見たくなりました。

 

数回しごいただけで射精しました

 

「・・・ねぇ、どうしたのこれ?」

 

私は息子の脇の下から手を通し、両手でおちんちんを握りました。

 

(わあっ、硬い!ちょっと、なにこれ・・・カチカチ!・・・それにすごく熱い・・・!)

 

息子は、

 

「ちょ、ちょ、ちょっと、まって!そこは自分で・・・」

 

と言って、逃げ出しそうになりました。

 

「だめ!自分でキチンと洗ってないでしょ!変なニオイするわよ」

 

後ろから息子の身体を抱きかかえながら、ボディーソープで泡を立てた両手で、息子のおちんちんをギュッと握り、しごくように洗いました。

 

「あっ!・・・うっ・・・!か、母さんっ!」

 

おっぱいを息子の背中に強く押し付けながら、私が息子のおちんちんをしごくたびに、息子が私の腕の中でモジモジしています。

 

(ふふっ、気持ちいいのかしら?・・・かわいい)

 

私は息子の反応がすっごく可愛く思えて、ついつい、本気で息子のおちんちんをしごいてしまいました。

 

「ここが汚れが溜まりやすいんだからね・・・。しっかり洗わないと・・・」

 

おちんちんのくびれの部分を、親指と人差し指を輪っかにして、数回しごいた途端、

 

「あああ~っ!」

 

と言って、息子のおちんちんから精液が大量に発射し、洗い場の鏡にビシャッ、ビシャッと当りました。

 

「あっ・・・」

 

息子のおちんちんから出た精液が、一瞬何だか分かりませんでした。

 

鏡からドロッと垂れている白い塊りを見て、それが数年ぶりに見る精液だと認識できました。

 

(こ、これ、ひょっとして精液・・・!?え~っ!すごい・・・こんなに・・・この年の子ってもうこんなに出るの??それにしても・・・すごい勢い・・・)

 

お風呂場の中の石鹸の香りに混じり、息子の精液の青臭い匂いが漂います。

 

(この匂い・・・ひさしぶり・・・)

 

息子は荒い息をしながら、モジモジ、オロオロしています。

 

「ヒロちゃん、ご、ごめんね・・・」

 

「う、うん・・・だ、だいじょうぶ」

 

「まさか、ヒロちゃんが、もう・・・こんな・・・出せるなんて・・・。ごめんなさい、知らなくって・・・」

 

「・・・そ、それにしてもたくさん出たわね~・・・お母さん、ちょっとビックリしちゃった」

 

「うん・・・僕もこんなに出たの初めてだよ・・・それにすごく気持ちよくて・・・」

 

「・・・そんなに気持ちよかったの?」

 

「すごく・・・気持ちよかった。頭がぼ~っとなって、真っ白になって、こんなの・・・初めてだよ」

 

「自分ではしないの?」

 

私は、普段は絶対聞けないようなことも、ついつい聞いてしまっていました。

 

「うん・・・たまに・・・するよ。でも、こんなに気持ちよくない」

 

「そっか~、ヒロちゃんもいつの間にか大人になって、精液出せるようになったのね」

 

「おちんちんもこんなに大きくなって・・・母さん、うれしいな」

 

いくら仲がいい親子でも、思春期になると、どうしても息子との間で性のことはタブーのような雰囲気になっていましたが、息子と少し話せて、わだかまりが少し解けた気がしました。

 

母親とのエッチな体験談に興奮

 

見ると、息子のおちんちんの先端からは、まだ精液が垂れており、真上を向いてます。

 

まだ少しも硬さを失っていないそれは、反り返り熱く脈打ってます。

 

「ヒロちゃん、まだ大きくなってるよ・・・」

 

「うん、いつも1回ぐらいじゃ、小さくならないんだ・・・」

 

「いつもは何回ぐらいするの?」

 

「・・・だいたい3、4回ぐらい」

 

「え~っ!一晩で!?そんなにして大丈夫なの?」

 

「全然平気だよ。最高で7回くらい・・・かな?・・・さすがに疲れちゃったけどね、へへへっ」

 

「すごいわね・・・でも、勉強に影響が出るから、ほどほどにしておきなさいよ。もうっ」

 

「ちぇっ、すぐ勉強の話になるんだもんな~」

 

私は息子がそんなことを自分でしているのが、何か可哀想になり、偶然とはいえ1回射精させてしまったので、今日はもっと気持ちよくなってほしくなりました。

 

「ねぇ・・・もう1回してあげようか?」

 

息子の答えを聞くよりも前に、私の右手は、息子のおちんちんをしごいてました。

 

「えっ?あっ!・・・か、母さん!」

 

息子は再度、股間から送られてくる刺激に、身体をくにゃくにゃさせて悶えています。

 

(ふふっ、かわいい・・・)

 

「ヒロちゃん、いつも一緒に入っているのに、どうして急におちんちんこうなっちゃったの?」

 

私はゆっくりおちんちんをしごきながら、鏡越しに息子に問いかけました。

 

「うん、実は・・・」

 

と息子は、たどたどしくもゆっくり語りだしました。

 

どうも、同級生の間でエッチな本の貸し借りがあるようで(私も息子の部屋から発見し、見て見ぬフリをしてましたが)、その中で、お母さんとエッチな事をした体験談があったそうです。

 

息子は、その話にすごく興奮してしまったらしく、今日お風呂に入って私の裸を見るうちに、今まで気にしたことがなかった私の裸が、急に気になってしまったようです。

 

「どうして、私の裸が気になったの?」

 

「だって、母さんのおっぱい・・・その本の人より大きいし、顔だって同級生のお母さんより綺麗なんだもん・・・」

 

「母さん見てたら・・・なんかその・・・おちんちん大きくなっちゃって・・・」

 

「そうなの?・・・で、その本の話で、その親子はどんなことしてたの?

 

「今みたいに、お母さんがおちんちん触ってたり、子供の方がおっぱい吸ったり・・・触ったり・・・」

 

「わぁ~、それでそれで、他には?」

 

「お母さんが・・・その・・・おちんちん・・・クチに入れたり・・・」

 

「お口に!?・・・わぁ~、エッチね~。ヒロちゃん、そういうのに興奮したんだ?」

 

「・・・う、うん」

 

「そっか~・・・ヒロちゃんも・・・そういうのしてほしいの?・・・お母さん、やってあげよっか?」

 

「えっ!?・・・う、うん、してほしいけど・・・でもいいのかな・・・?」

 

「お母さんも恥ずかしいけど、ヒロちゃんがエッチな本読んで悶々としてるより、おちんちんすっきりして、お勉強してくれる方がお母さんもいいもの」

 

「・・・でも、お友達や他の誰にも言っちゃ駄目よ、分かった?」

 

「うん・・・うん!」

 

息子の顔がぱぁーっと明るくなりました。

 

パイズリっていうのよ

 

「ばかね、もっと早く言ってくれれば良かったのに・・・じゃあ、そうね・・・浴槽のふちに腰掛けて」

 

息子は浴槽のふちに腰掛け、こちらを向きました。

 

私は息子の前に膝立ちになり、向かい合いました。

 

「ヒロちゃん、お母さんの体、触りたい?」

 

「う、うん・・・触りたい・・・いいの?」

 

「いいわよ、ヒロちゃんなら、お母さんのからだ、どこでも触って」

 

「母さん・・・」

 

息子の両手が、おずおずとおっぱいに伸びてきました。

 

息子とはいえ、ひさびさに触られた男性の手の感触に、私の身体もビクッとなりました。

 

「母さん・・・やわらかい・・・おっきいよ。指がどこまでも入ってく・・・」

 

私のおっぱいは94センチのFで、若いころと同じとは言いませんが、まだなんとか張りを保っています。

 

息子の両手がおっぱいを寄せたり、持ち上げたりしながら、その感触を楽しんでいます。

 

「そう・・・好きにしていいのよ」

 

そのうち、息子の指が乳首を摘みました。

 

「・・・あっ、ヒロちゃん、あんまり強くつままないで・・・」

 

「あっ、ごめん、母さん・・・」

 

「優しくしてね・・・」

 

おっぱいを触られながら、私も息子のおちんちんにそっと手を伸ばし、しごき始めました。

 

「・・・ヒロちゃんのおちんちんも、もうカチカチよ」

 

「うっ・・・くっ・・・。母さん、気持ちい・・・い・・・」

 

息子のおちんちんは、ますます熱く、硬くなっていくのが分かります。

 

「まだ大きくなるの?すごいのね~ヒロちゃん・・・。じゃあ、これはどうかしら?」

 

私は息子のおちんちんを、おっぱいの間に挟んであげました。

 

「わぁ~!す、すごい!」

 

「ふふっ、パイズリっていうのよ・・・ヒロちゃんの見た本には載ってなかった?」

 

「こんなの・・・載ってな・・・うううっ~」

 

私がおっぱいでおちんちんをしごきあげると、息子は頭を振り乱して、快感に浸っています。

 

胸の谷間にあるおちんちんからは、ヌチャヌチャといやらしい音がして、私の胸を熱く貫きます。

 

息子の身体が、びくびく痙攣みたいな反応をしています。

 

あまり長くは持たないかもしれません。

 

フェラチオで大量射精

 

「じゃあ、お待ちかねの・・・ね」

 

すっかりガチガチになったおちんちんを目の前にすると、下っ腹にはりつき、青筋を立てています。

 

しかし、まだ白く美しいとすら言えるような外観を保っています。

 

先端は真っ赤に腫れ上がって、尿道からはキラキラした雫が、トロトロととめどなく溢れて来ています。

 

「ホントにすごいのねー、ヒロちゃんの・・・あ~ん」

 

そういいながら、私はぱくっとヒロちゃんの先端を咥えました。

 

「わああああ~、か、母さん!」

 

ふとその悲鳴に、おちんちんを咥えながら上を見あげると、ヒロちゃんが信じられないといった顔でこちらを見ています。

 

でもその顔は、すぐに喜びと興奮に変わりました。

 

私はにこっと笑ってあげると、根元までゆっくり咥えつつ、舌先でぺろぺろと裏の部分を舐めまわしました。

 

「あぐぐ~、すごい、すごいよ~。あったかくて・・・気持ちいい・・・」

 

(くすっ、そんなにいいのかしら?・・・もっと気持ちよくさせてあげたい・・・)

 

唇で数回ピストン運動をしつつ、舌先でぺろぺろと先端部分のくびれや、尿道の部分をほじるように舐めるたびに、息子は身体をよじらせつつ、快感に身をゆだねています。

 

でも始めての男の子にとっては、さすがに刺激が強すぎたようです。

 

先端のカリの部分を咥えて、ジュポジュポしていると、突然息子が短く叫んだかと思うと、ものすごい勢いで射精が始まりました。

 

「!!んっ~~~~!!ぷはっ!」

 

大量の熱い精液が喉の奥に直撃し、びっくりした私は、おちんちんを口から離しました。

 

その途端に、今度は目の前の膨れ上がった亀頭から、鼻先やおでこに、次々と熱い勢いの精液が打ち出されました。

 

(あん!まだ出るの?)

 

ビューッ、ビューッと、大量に吹き出る精液を、私は目の前で呆然と見ていました。

 

十数回ぐらい、ビクビクと痙攣していた息子のおちんちんは、やがておとなしくなり、息子は荒い息をついて、こちらに寄りかかってきました。

 

「ヒ、ヒロちゃん、ちょっと、大丈夫?」

 

「はぁ、はぁ、はぁ・・・だ、大丈夫。ご、ごめん、母さん・・・顔に・・・」

 

「うん、いいのよ・・・お母さん、ビックリしちゃっただけ。ヒロちゃんの元気があってすごいわ」

 

「こんなに沢山出ちゃって・・・。お母さん、ドロドロになっちゃった」

 

鏡に映る私の顔は、髪からあごまで、白いドロドロした精液が垂れ下がっていました。