Pocket

 

中出し
画像はイメージです

 

旦那の連れ子に誘われた

 

2年前、私は旦那と結婚して一緒になった。

 

旦那は再婚で、前妻はすでに他界し、私とひとまわり違うすでに社会人の息子アキラが同居している。

 

再婚当初、旦那は毎晩私のオマンコの中に生で精液を注ぎ込み続け、

 

「子供が欲しい」

 

と言ってくれたが、私は不倫で不本意な妊娠をしたことがあり、堕ろしたことがあるので内緒でピルを飲んでいた。

 

親子の会話はほとんど無かったが、夕食を3人でするようになると少し変わってきた。

 

旦那の夜の相手をする時は、喘ぎ声は控えていた。

 

1年ほどして仕事が忙しくなり、旦那の帰宅も深夜になることが多くなった。

 

アキラと2人の夕食で、

 

「兄弟はいつごろかな」

 

「親父は元気かな」

 

などとからかわれることもあったが、時々DVが始まっていた。

 

そして出張の多い旦那との夜の会話も。3カ月ほどご無沙汰だった。

 

アキラから

 

「何かあったら連絡して」

 

と声をかけられ嬉しかった。

 

夕食で少し愚痴を聞いてもらったら、ストレス発散にと外食に誘われた。

 

嬉しさと期待で、繁華街での待ち合わせ場所に向った。

 

美味しいワインをアキラに勧められ、楽しい会話と食事で心地よい時間を過ごした。

 

少し酔い覚ましに、ウィンドーショッピングを楽しみながら、

 

「年の離れた姉弟にみえるかしら 恋人同士にはみえないわよね」

 

と言いながらアキラの腕に寄りかかった。

 

「愛子さんは綺麗だから 恋人同士にみられるとうれしいな」

 

「まぁっ~、口が上手いんだから」

 

「有閑マダムと若い男の不倫に見えるかもよ」

 

「それもいいわね」

 

周りを見ると、ラブホのネオンが眩しく輝いていた。

 

「少し休んでいこうか?」

 

アキラが予想通り誘ってきた。

 

2人だけの秘密

 

「お父さんには内緒にできるの?」

 

答えを聞く前に、ラブホテルに入ってしまった。

 

シャワーを済ませ、ベッドに誘われ横になると、アキラのおちんちんはお腹につくほど反り返り硬くなっていた。

 

久しぶりのクンニリングスに軽くイッテしまい、つい喘ぎ声が出てしまった。

 

お返しにたっぷりと濃厚なフェラチオでおちんちんを味わうと、旦那より硬く太く大きかった。

 

「きてっ」

 

仰向けになり、M字開脚で誘うと、反り返ったおちんちんをオマンコにあてがい、アキラが一気に腰を押し出し挿入した。

 

「ウッ、アウッ、ウッ、ウウッ~」

 

旦那より太く硬いおちんちんを、オマンコで味見しながら喘ぎ声が出てしまった。

 

すべて挿入すると覆い被さり、腰を打ちつけながら、

 

「愛子、生だよ」

 

とささやいた。

 

「初めてね、イッ、イイッ~、アウッ、いいわっ」

 

と反応しまった。

 

アキラの若く激しい腰の動きに任せていると、

 

「愛子、いきそう」

 

とつぶやき、激しく腰を打ちつけ始めた。

 

「ええっ、きてっ」

 

おちんちんを奥深く受け入れるように、大きく足を曲げ広げると、

 

「中に出すよ」

 

「大丈夫よ、来てっ」

 

「いくっ、うっ、ううっ」

 

呻きながら、オマンコ深く押し入っていたおちんちんが脈動を始めると、同時に温かな精液がオマンコの奥に、

 

ドックン、ドックン、ドクッ、ドクッ

 

と注ぎ込まれてきた。

 

「アッ、イッ、イクッ~、イッ、イイッ~」

 

アキラにしがみつき、背中に爪を立て、大きな喘ぎ声を出してしまった。

 

何度も何度もおちんちんの脈動は続き、大量の精液を受け入れてしまった。

 

オマンコから流れ出てくるアキラの精液を拭きながら、

 

「一線を越えてしまったわね」

 

「愛子、好きだよ」

 

「うれしいっ、でも」

 

「2人だけの秘密さ、今夜も親父はいないし」

 

さっき中出ししたばかりなのに

 

家に戻り、玄関の鍵をかけながら、

 

「後で寝室に行くよ」

 

と言いながら、アキラは先に自分の部屋に入った。

 

化粧を落とし、ネグリジェにパンティだけで夫婦の寝室で待っていると、アキラが入ってきた。

 

「親父との時は喘ぎ声が小さいけど 大きい声出すんだよ」

 

アキラのパジャマの下半身は、すでにもっこりとテントを張っていた。

 

つい先ほど、ラブホで私のオマンコの中に、たっぷりと注ぎ込んだばかりなのに。

 

寝室の電気を暗くしようとしたら、

 

「そのままでいいよ」

 

抱き寄せられ、ベッドに連れて行かれ、ネグリジェをたくし上げ、パンティを剥ぎ取ると、アキラは私のオマンコとクリトリスに吸い付き舐め始めた。

 

「アウッ、アッ、アアッ~、アキラ、イイッ~」

 

軽くイッテしまい、大きな喘ぎ声を出してしまった。

 

「愛子、美味しいよ」

 

執拗なクニリングスに体が反応してしまい、大きな喘ぎ声を出し続けた。

 

「愛子、フェラして」

 

仰向けになり、そそり立つ硬く太いおちんちんの亀頭を咥えこみ、唇と舌でたっぷりと激しく味わった。

 

「愛子、気持ちいい、親父にもするの?」

 

「こんなに激しくしないわ」

 

硬いおちんちんは、私の唾液でヌルヌルに輝いて見えた。

 

「入れるわよ」

 

騎乗位でアキラのおちんちんを握りしめ、オマンコで味わいながらゆっくりと腰を沈め、すべてを受け入れた。

 

ゆっくりと腰を動かし、おちんちんを味わっていると、アキラが腰を掴み下から突き上げ始めた。

 

「アゥッ、激しくしたらいっちゃうわ」

 

「愛子のイク時の顔がいいよ」

 

「そっ、そんなっ、ウッ、アウッ、アッ、イッ、イクッ、イクッ~」

 

大きな喘ぎ声を出しながら、先にイッテしまった。

 

アキラに覆い被さり、エクスタシーの余韻にしたっていると、

 

「愛子、気持ちいいよ」

 

体位を変え、正常位、側位、そして屈曲位で、アキラは私の中で暴れまわってくれた。

 

「アキラ、またいきそう、アウッ、イッ、イイッ~」

 

「愛子、いっしょに」

 

「もうっ、きてっ~、イイッ、おかしくなっちゃう~」

 

ベッドの軋む音の中

 

「愛子、イクッ、中に出す」

 

オマンコ深く突き刺したまま動きが止まると、同時に脈動するおちんちんから

 

ドックン、ドックン、ドクッ、ドクッ

 

と温かな精液を注ぎ込んでくれた。

 

「アッ、アアッ、アキラ、イッ、イクッ~」

 

アキラにしがみついてしまった。

 

何度も注ぎ込まれる精液

 

「中に出してくれたのね」

 

「愛子、相性がいいみたいだね」

 

「まだ硬いわ、うれしいっ」

 

言い終わらないうちに、アキラは腰を動かし始めた。

 

「えっ、ええっ、またぁ~」

 

「もう一度」

 

夫婦の寝室のベッドで、若い息子の抜かずの2度目が始まった。

 

オマンコもおちんちんも、2人の体液で濡れ輝いていた。

 

バックで腰を掴まれ突かれると、頭の芯まで激しさが伝わり、大きな喘ぎ声を枕の中に出し続けてしまった。

 

快感の中、ぐったりした体を仰向けにされ、両足を広げられ抱えられた屈曲位で、アキラは私のオマンコ奥深くへの射精に向け、激しく突きまくってくれた。

 

「もうっ、ダメェッ~、おかしくなる~、イッ、イクッ、イクッ~」

 

「アキラ~、中に、中に頂戴~」

 

エクスタシーを味わいつつ、大きな喘ぎ声を出し、アキラにしがみつくと、

 

「愛子、中に出す」

 

ドックン、ドックン、ドクッ、ドクッ、ドックン

 

とおちんちんを脈動させ、また私の中に精液を注ぎこんでくれた。

 

「イッ、イクッ~」

 

仰け反りながら、アキラを美味しく受け入れた。

 

子供が欲しい

 

この日を境に、旦那が不在の時は、アキラのおちんちんを思う存分味わい、温かな若い精液をたっぷり受け入れることになった。

 

リビングのソファでの淫靡なセックスや、浴室でのセックスを楽しみ、常に生中だしされているうちに、体がアキラ無しでは持たなくなってきた。

 

「こんな体にしたのはアキラよ」

 

久しぶりの夫婦の夜の会話で、旦那がまた子供が欲しいと言い出したので、ピルを止め子作りの準備を始めた。

 

そして危険日に、アキラが寝室で求めてきた。

 

「今日は危ないの、外に出してね」

 

濃厚なフェラのあと、騎乗位で受け入れながらアキラに告げた。

 

アキラとは、淫靡な不倫のような興奮と、最高なエクスタシーを味わうセックスで、生中だしはいつも当たり前であった。

 

危険日で体が敏感に反応し、いつもより深いエクスタシーを味わった。

 

騎上位では下から激しく突き上げられ、仰け反りながら喘ぎ声を出し、イッテしまった。

「愛子、すごくいいよ」

 

正常位、側位、バックで、アキラはオマンコの中で激しく暴れまわった。

 

「アキラ、おかしくなっちゃう、イッ、アアッ~」

 

屈曲位で、奥深く、激しくオマンコを突きまくるアキラの男根を味わいながら、

 

「もうっ、イッ、イクッ~、すっ、すごいっ、イクッ、イクッ~」

 

アキラの腰にしがみつくと、

 

「愛子、イクッ、うっ、ううっ」

 

アキラが、おちんちんを深く押し込んだまま腰の動きを止めた。

 

「アウッ、アッ、アアッ、そ、っ外に、外にお願い、アキラ、イクッ~」

 

ドックン、ドックン、ドクッ、ドクッ

 

といつものおちんちんの脈動と、温かな精液をオマンコの中で味わってしまった。

 

「アキラ、できちゃうわ~」

 

アキラにしがみつきながら、叫んでしまった。

 

「ピル、飲んでるんだろう」

 

「今は飲んでないのよ、だから外って言ったのに」

 

オマンコから、大量のアキラの中出し精液が流れ出てきた。

 

この夜は、更に激しくエクスタシーの大波の中、2度目のアキラの生中だしを受け入れてしまった。

 

2日後出張から帰った旦那に、寝室で甘えながらフェラし、騎上位でアリバイセックスで中出しさせた。

 

今まで旦那もアキラも一度もコンドームをつけず、生で私の中で暴れ周り、奥深く温かな精液を注ぎ込み続けてくれた。

 

あなたの子供よ

 

やはり、生理が遅れていた。

 

「生理が遅れてるの」

 

ソファの前で、アキラに仁王立ちフェラしながら言うと、

 

「俺の子なのか?」

 

「そうよ、あの危険日に中出ししたのはアキラ、あなただけよ」

 

「産むのか?」

 

「産みたいわ」

 

「親父は知ってるのか?」

 

「まだよ、病院に行ってからにしようと思って」

 

「本当は孫になるのか」

 

スカートとパンストを剥ぎ取ると、アキラはバックで挿入してきた。

 

「アウッ、激しくしないで、アッ、アアッ~」

 

対面座位、正常位、そして屈曲位で、アキラはオマンコ奥深く精液を注ぎ込んでくれた。

 

病院に行くと、

 

「おめでとうございます」

 

と告げられた。

 

やはり妊娠していた。

 

旦那に連絡すると嬉しそうで、

 

「すぐに帰る」

 

と言って来た。

 

3人で夕食しながら、

 

「アキラ、兄弟ができるぞ」

 

と旦那が照れながら話し始めた。

 

「親父もなかなかやるね、愛子さんは綺麗だからな、おめでとう」

 

「アキラさん、ありがとう」

 

芝居がかった会話にも、旦那は喜んでいた。

 

そして旦那が出張の時は、アキラを美味しく受け入れている。

 

(2人目ができたらどうしよう)

 

などと、楽しく想像している悪い継母です。