Pocket

 

痴女OL
画像はイメージです

うちの会社に痴女がいる?

 

私は、従業員1000人を越える割と大きな会社に勤めています。

 

会社内には、彼女や奥さんのいる男を狙うのが好きなOLがいるという噂があるんです。

 

同僚からは、

 

「オレもやられた」

 

とか、

 

「食われそうになった」

 

とか聞いたことはあったんですが、まさか自分がそのOLに狙われるとは思っていませんでした。

 

別の部署の女性なのですが、年は31歳で、綺麗でスタイルもいい女性です。

 

狙われる場所やキッカケについても、色んな噂がありました。

 

私には同じ部署の彼女がいます。

 

その彼女と一緒に、エレベーターに乗っている時でした。

 

わりと混んではいましたが、やたらと私の腰の辺りに手が触れてくる感触がありました。

 

(彼女かな?)

 

と思ったのですが、こんなとこで触ってくるような女性じゃないし、彼女を見ても、触ってきてないのは間違いありません。

 

しかもその手は、尻から太ももに移動して、這うような感じでズボンの上からチンコを撫でてきました。

 

思わずチンコが勃起してきて、声が出そうになりましたが、彼女にバレないように注意しながら、手を目線で追っていくと、色気ムンムンの女を確認しました。

 

長い髪におっぱいも大きく、スカートも短めで、お尻も大きく丸みを帯びていました。

 

エレベーターが着いて降りましたので、女による痴女行為はそこで終わりましたが、どうやらそれから私をターゲットにしたみたいです。

 

というのもそれ以降、何度かその女性と2人だけになることが多くなったからです。

 

そしてある日、私が資料室に入った時、後から付けて来たようにその女性が入ってきました。

 

資料室で2人きりになり、わざとしゃがんでスカートの中を見せるようにしたりしてきます。

 

胸もブラウスのボタンを外して、おっぱいの谷間が見えるようにしています。

 

露骨にやっているのが分かったので、チラ見というよりは、じっと見てしまいました。

 

私が見ているのが分かると女性は迫ってきて、

 

「私としたい?」

 

と色気ムンムンで迫ってきて、首に腕をまわして、いきなりキスしてきました。

 

そんなに私とエッチしたかったの?

 

しかも舌を入れてきて、私の口の中を舐め回すように動かしています。

 

そして手は、あのエレベーター内の時のように、私のチンコを撫で回します。

 

すると今度は、ズボンの中にまで手をいれてきました。

 

私はあの時以上に勃起してしまい、先っぽからは我慢汁まで出てきてしまいました。

 

「おちんぽこんなにしちゃって、そんなに私とエッチしたかったの?」

 

焦らすようにチンコを軽くなぞったり、指先でツンツンしながら、耳元で何度もいやらしい甘い声で囁いてきます。

 

(私には彼女がいるし、ここは会社だし・・・)

 

と理性を働かせようとしましたが、所詮は男です。

 

女性の誘惑に負けた私は即座に、

 

「はい…」

 

と少し甲高い情けない声を出していたと思います。

 

私の前に女性はしゃがみ込むと、すでにビンビンに勃起したチンコの亀頭から、ゆっくりと焦らすように舐めてきました。

 

それだけでも異常に興奮して、イキそうになりましたが、亀頭を舐めて下へ行き金玉へ、そして裏スジを舐め上げて尿道まで到達すると、亀頭を優しく舐め回します。

 

焦らすようなソフトなフェラチオに悶えながら、思いっきり咥えてジュボジュボとしてほしかったので、

 

「はぁっ・・・く、咥えて・・・奥まで咥えて下さい」

 

と何度もお願いしました。

 

女性は妖艶に微笑むと、ようやくチンコを深々と咥え込み、激しく吸い付いてきました。

 

ジュボジュボ、ジュルジュルといやらしい音が響き、私はあまりの快楽に腰を動かしていました。

 

「ああっ、で、出る!」

 

我慢できずに、女性の口の中に射精してしまいました。

 

ニヤリと笑って私の目を見ながら、女性はゴクンと精液を飲み干しました。

 

「すごく濃い~、彼女とエッチしてないの?」

 

と言い、また舌を絡めてねちっこいキスをしてきました。

 

このおちんぽで彼女はイカされてるのね

 

「今度は私にもしてね」

 

女性はスカートをまくり、パンストとパンティーを脱ぐと、テーブルの上でM字開脚しました。

 

オマンコは、エッチな匂いがしてきそうなほどビショビショに濡れているのが分かります。

 

私はオマンコに顔を近づけ、夢中で舐めまくりました。

 

鼻を押し付けたり、クリトリスやビラビラを舐めまわし、舌をオマンコの中にねじこんで動かしたりしました。

 

「ああん、気持ちいいわ~、いつもこんなに激しいの?」

 

女性は、やたらと彼女との話を持ち出してきました。

 

少し気にはなりましたが、こんな状況で止められるはずがないし、彼女のことまで考える余裕などありません。

 

「もう我慢できない、入れて・・・」

 

と言って、私に向けて大きなお尻を突き出しました。

 

私は立ちバックの体勢で、ヌレヌレのオマンコにチンコを挿入しました。

 

こんな状況なので、当然コンドームは持っていません。

 

生セックスです。

 

中はドロっとしてるような、グニュっとしてるような感触で、すごく熱くなっていました。

 

私は快感を貪るように、夢中で腰を振りまくりました。

 

「ああっ!いい、いいわぁ、ああん、この硬いおちんぽで彼女はイカされてるのね、羨ましい」

 

体位を騎乗位に変えると、女性は激しくグラインドさせながら動かしてきました。

 

腰の動かし方がとても卑猥で、オマンコもほどよく締め付けてきます。

 

さっき射精したばかりなのに、早くも我慢できなくなってきてしまいました。

 

「も、もうイキそうです」

 

私は訴えましたが、女性は逆に恥骨を押し付けてくるほど力を入れてグリグリしてきます。

 

このまま離れてくれないと、オマンコの中に出してしまいます。

 

限界まで必死に我慢しましたが、耐え切れず

 

「ああぁぁぁぁ!」

 

と叫びながら、オマンコの中にドクドク射精してしまいました。

 

たまらなく気持ちいいセックスだったのですが、その女性とはそれ以来なにもありません。

 

会社で会っても、普通に挨拶するぐらいです。

 

まるで何事もなかったかのように。

 

おそらく、他のターゲットを狙っているんだろうと思います。