Pocket

フェラチオ
画像はイメージです

 

泥酔男をお持ち帰り?

 

私が20歳の時で、当時は女子大生でした。

 

そのころ付き合い始めたばかりの彼が、実は二股をかけていたことを知り、仲のいい友人と居酒屋に飲みに出かけました。

 

私はアルコールに強かったのでガンガン飲み、チャンポン状態でした。

 

ちょうど友人も彼と別れたばかりだったこともあり、2人で男の愚痴を言い合いながらかなり飲んでましたた。

 

その日は金曜日だったので店内はいっぱいで混み合ってて、私たちはカウンターの端っこに座っていたのですが、隣には20代後半と思われる男性2人が座って飲んでいました。

 

「男なんて信じられないよね、やっぱり脳が浮気するような構造になってんのよ」

 

「ホントそうだよね、私なんてさ…」

 

という感じで愚痴っていると、隣の席の男性が急に、

 

「そんなことないよ、女だって同じだよ」

 

と会話に割り込んできました。

 

(なんだこのお兄さん方は?)

 

と思いながら話を聞いてみると、男性2人も、最近彼女の浮気が発覚して別れたばかりという事のようでした。

 

アルコールも進んでハイテンションな私達は、負け組同士というレッテルを自ら貼り、意気投合して一緒に飲むことにしました。

 

男性2人は私達より1時間ほど前から飲んでいたらしく、すでにかなりの量を飲んでる様子です。

 

1人はかなり酔ってはいますが、まだ正気です。

 

もう1人は、なぜか爆笑してばかりで、トイレに行くのもまさに千鳥足で、泥酔状態みたいです。

 

酒の勢いも手伝い、互いの彼氏や彼女の愚痴の言い合いから、次第に好きな体位や性感帯についてとかワイ談でも盛りあがってしまいました。

 

しばらくすると、友人と正気な男性とで話すことが多くなり、いつの間にか2人の世界って感じになってました。

 

(おいおい、この爆笑男をどうしろっていうの?)

 

箸が転がってもおかしい年頃というのは聞いたことがありますが、あんた男だしいい年なんだから・・・

 

ところが爆笑しながらでも、話は結構面白いんです。

 

泥酔してるのにこれだけ舌が回るということは、普段は結構賢い人なのかもしれない。

 

後からわかった事ですが、銀行勤めだそうです。

 

おそらく4人の中で一番シラフと思われる私は、この男性をじっくり観察していました。

 

最初は高すぎるテンションに戸惑って引き気味でしたが、わりとシュッとした顔で低めの声、そして何といっても指が綺麗なんです。

 

体型も細すぎず、多少の筋肉がついてそうです。

 

(ありじゃない?)

 

当時セックスの気持ちよさを覚えたばかりで、やりたい盛りの私だったので、この男性の体にムラムラしてきました。

 

そうは言っても、男が泥酔すると勃起しずらいことは知っています。

 

横を見ると、友人達2人はすでに怪しいムードです。

 

そしてついに正気の男性が、

 

「俺、この子(友人)送っていくわ、悪いけど、そいつタクシーに乗せてあげてもらえる?」

 

(うわー、やっぱりお持ち帰りですか)

 

何故か私の闘争心に火がつきました。

 

(私も男をお持ち帰りしたい)

 

エッチしたいんだけどダメ?

 

有難いことに、支払いは正気の男性が済ませてくれました。

 

私は残った日本酒をグイッと飲み干し、

 

「もう泥酔しちゃってるし、帰ったほうがいいんじゃない?タクシー呼ぶから」

 

「ごめんね~、俺酒弱いの分かってて、勢いで飲んじゃって…情けねぇ」

 

「いやぁ、いいよ、話面白かったし、こうなったら仕方ないし」

 

すでに立つのもままならないほどのヨロヨロ男を支えながらタクシーに移動しました。

 

男に住所を聞いて運転手に告げ、15分ほど走ったところで無事に到着しました。

 

しかし、男は熟睡しています。

 

「着いたよ~、降りましょうね~」

 

揺すっても叩いても起きません。

 

流石に175cmぐらいの男は私一人では背負えません。

 

優しいタクシーのおじさんに協力してもらいながら、なんとか1Fの男の部屋まで引きずるように運びました。

 

「お姉ちゃん、この男性置いて帰る?」

 

「いえ、ちょっと心配なので残ることにします」

 

「そうか、しかし最近の若い男は、女より酒に弱いのかねぇ」

 

なんて言って笑ってますが、弱くないと襲えないっての。

 

しかし部屋に着いたところで、熟睡してるこの男をどうしたらいいのか分かりません。

 

こんなの初めての経験だし。

 

とりあえず廊下から居間までなんとか引きずり、頭の下にクッションを敷きました。

 

私ってなかなかいい人じゃない?

 

「部屋ついたわよー」

 

仕方なく男をガンガン揺すると、うっすらと目が開きました。

 

「ん?うわーーー!ごめん…やばいな俺」

 

トロンとした目になんだかキュンとした私。

 

(やばい、エッチしたい、私は実はSなんだろうか?)

 

裸を見たくなったので、

 

「シャツとネクタイじゃきついでしょー、緩めるね」

 

優しさのふりをしながら、ネクタイとボタンを外しました。

 

やっぱり予想した通り、結構筋肉質で、胸は固いです。

 

ムラムラが募ってきて、軽くキスしてみました。

 

男の唇は、元彼のと違って柔らかく感じました。

 

男の唇は固いものだと思っていた私には多少の驚きがありました。

 

「ん?○○さん?んあに?」

 

少し躊躇しましたが、もう火がついたので後には戻れません。

 

そのまま舌を押し込みました。

 

アルコールのせいか、生暖かいというより熱いです。

 

「うん…え?うわー、なに?」

 

「○○さんとエッチしたいんだけど…ダメ?」

 

「いや…いいも悪いも…というか嬉しいけど…でも…」

 

ここは無理やりにでも畳み掛けたほうがいいと思い、

 

「じゃあ、やめる?」

 

思い切って、パンツの上から軽くおちんちんを触ってみました。

 

元彼に教わったテクニックで…

 

「ああ…でも…だいぶ飲んだし、立たないかも…」

 

(じゃあ、勃起したらエッチしていいのね?)

 

私はベルトを外し、ズボンを下ろしました。

 

彼のトランクスの上から、おちんちんをさすりました。

 

半勃起ぐらいになったので、前開きのボタンを外してフェラチオしました。

 

元彼に教わったフェラテクが、一般の男性に通用するのか試したいと思います。

 

裏筋をツーッと舐め上げて、亀頭やカリを舌で舐めまわし、今度は吸いながら、一気に根元まで強めに咥え、そのままジュポジュポしてあげます。

 

「ああっ…気持ちいいよ…できるかも…」

 

元彼の教えも少しは役に立つもんです。

 

フェラチオの甲斐あって、おちんちんは硬く勃起しました。

 

なんか妙な達成感がありました。

 

興奮したせいで、私もかなり濡れていました。

 

すぐにでも入れたくなったので、勃起したおちんちんをオマンコに誘導します。

 

「ああっ…いいの…?大丈夫…?」

 

「うん、エッチしたかったから」

 

夢中で腰を動かしました。

 

男も下からガンガン突き上げてきます。

 

男のおちんちんは、元彼のより大きくて、太さも長さもあります。

 

(やばい、かなり気持ちいい)

 

以前元彼に教えてもらった体勢を思い出しながら、上半身を反り気味にして、男の膝あたりを掴み、縦にズボズボと腰を振りました。

 

結合部が丸見えのはずです。

 

「あ~すごい、エロい」

 

やっぱり喜んでくれてるみたいです。

 

しばらくすると、

 

「ああ…もう出そう…やばい」

 

元彼と付き合ってる時からピルを飲んでいたので、中出しされても問題ありません。

 

「うん、いいよ、ピル飲んでるから大丈夫」

 

私は腰をグラインドさせてから縦にも振り続けました。

 

このテクニックも有効なんでしょうか。

 

「ああっ、気持ちいいっ!もうダメ、ああっ…」

 

ドクドク中出しされました。

 

女としての達成感が湧いたような、湧かないような…

 

そのまま私も男も疲れて寝てしまい、翌朝目覚めると、男はなんとなくといった感じで覚えているみたいで、

 

「酔ってるところを襲われたのは初めて」

 

と顔を赤くしていました。

 

シャワー浴びてから、今度は男からいっぱい責めてもらいました。