Pocket

ビッチな女子高生
画像はイメージです

 

マンコ舐めさせてやるよ

 

私が高校2年生の時の話です。

 

私は田舎育ちですが、当時はギャルといった感じで、毎日やりたい放題の生活をしていました。

 

学校帰りにほぼ毎日、仲の良い友達たちとファミレスで騒いでいました。

 

多い時には十数人とかで騒いでいましたから、お店側はかなり迷惑していたはずです。

 

そのころは自分から、

 

「私は明るいビッチ」

 

とか自分で言ってて、結構セックスとかやりまくってました。

 

もう性欲が強かったんですよね、毎日ムラムラしてセックスかオナニーしてましたから。

 

私達のグループの中に、1人だけ男がいました。

 

男と言ってもパシリ扱いで、いじめみたいなこともしてました。

 

背は小さいし体も細くてナヨナヨしてて、声も小さくてはっきりしない。

 

面白がってグループ仲間で、その男子の全裸写真を撮ったり、オナニーさせて動画を撮ったりして、

 

「バラまかれたくなかったら、一生パシリ」

 

とか言って脅して、いつも一緒にいさせていました。

 

カツアゲしたりとかはないのですが、まぁおもちゃというかペットみたいなもんですよね。

 

扱いは結構酷かったと思います。

 

その男子を「チビ」って呼んでました。

 

ある時、高校生なのに仲間内でお酒を飲んで、公園でギャーギャー騒いでいました。

 

酔って滑り台に登って騒いでいたら、バランスを崩して私は落下してしまいました。

 

しかも両手を下にしたまま落下してしまい、両腕を骨折するという最悪の事態です。

 

当然ながら両手にギブスを嵌められてしまい、まともに生活が出来ない状態なので、入院する事になりました。

 

最悪でしたけど、友達は誰かが毎日来てくれるし、学校は行かなくていいし、

 

「まぁ、いっか」

 

と思っていましたが、誰もいないと退屈で仕方ありません。

 

特に最初の数日は何ともなかった性欲も、毎日オナニーしてたぐらいですから、次第にムラムラが高まってきて、オナニーしたくて仕方がなくなってきました。

 

でも両手ともギブスが嵌められているので、オナニー出来ません。

 

枕を使ったり、ベッドの角にマンコ当ててとか、考えつくだけ挑戦してみましたが、なかなかイクまでは出来ません。

 

それに着替えも一人じゃできないので、ムラムラして濡れたパンツのままでいるのも不快です。

 

そんなある日、もう朝からずーっとムラムラ状態でした。

 

発狂してしまいたいくらいです。

 

何もないのに、マンコが濡れていたと思います。

 

すると、いつもの事ですが、チビがやって来ました。

 

チビには入院後は、

 

「必ず毎日顔を出せ」

 

と言ってありました。

 

いつもは他の友達と一緒に来るのですが、その日はチビ1人だけです。

 

何でも、他の友達たちは、先生に捕まって説教されてるとかで今日は来れないと。

 

毎日来いと言ったとはいえ、チビと2人だけだと喋る事がないんですよね。

 

しかも、私はオナニーしたくてたまらないわけです。

 

もう、ムラムラも限界にきてて、私もちょっといつもよりおかしくなってたんでしょうね。

 

「おい、チビ、お前毎日来てくれるから、ご褒美あげるよ」

 

チビは相変わらず無表情で、黙ってこっちを見ています。

 

「私のマンコ舐めさせてやるよ」

 

チビは驚いた表情で、何を言ってるか分からない声を出していました。

 

抵抗してきた

 

「私みたいな可愛い子のマンコ舐めらるんだぞ、おめぇのこれからの人生にはないんだから喜べよ」

 

チビはうつむいたまま動きません。

 

「いいから舐めろよ、お前のチンコ画像ばら撒くぞ!」

 

そう言うと、チビは無言でベッドに近寄ってきました。

 

私は明るいところでは恥ずかしかったので、布団の中に顔を突っ込んでマンコ舐めるように言いました。

 

相手がチビなのに、凄くドキドキしていました。

 

チビは布団に潜り込んで、パジャマのズボンとパンツを脱がしました。

 

「絶対、布団剥ぐなよ!」

 

きつく念を押して、私はゆっくりと脚を開きました。

 

ドキドキとゾクゾクが入り混じっていました。

 

「ほら、早く舐めろよ!」

 

躊躇していたチビの頭を、私がギブスで抑えると、ようやく舐め始めました。

 

チビの舌が触れた途端、私は思わず声を出してしまいました。

 

「あっ、んっ、ああ・・・」

 

チビは童貞(のはず)ですから、何も考えずただペロペロ舐めていました。

 

上手いわけでもないのに、久々の快感で気持ちよくなり、その時の私には十分すぎるくらい感じていました。

 

パシリのチビなんかにクンニされて感じてるという羞恥心もあって、想像以上に感じてしまい、あっという間にイッてしまいました。

 

「もういいぞ、パジャマ穿かせて、とっとと帰れ!」

 

そう言いましたが、チビは布団から出てきませんでした。

 

「おら!早くしろよ!」

 

と足で蹴飛ばしましたが、出てきません。

 

ところが、私は足をガッと掴まれて広げられ、またチビはクンニを始めました。

 

正直、一度イッたぐらいでは収まるはずのない性欲にまた火がつき、マンコはすぐに反応してしまいました。

 

「ああっ!も、もう・・・いいから・・・あっ、あぁ、ダメ・・・や、やめろ・・・」

 

私は気持ちよくて、完全に力が抜けてしまいました。

 

すると突然、ガバッと布団を剥がされました。

 

お前の裸も撮ってやる

 

「何してんだコラ!」

 

私のマンコが明かりに照らされました。

 

チビは、クンニをしながら私の顔を見ています。

 

「てめぇ、いい加減にしないと、殺すぞ!」

 

私はチビを睨み付けてそう言いましたが、実際は感じていました。

 

またもイッてしまったため、私はグッタリとしてしまいました。

 

すると今度は、チビがズボンを脱ぎ始めました。

 

「おい、お前何してんだよ!」

 

言い終わらないうちにチビは私の脚をぐっと持ち上げ、マンコ丸見えの状態にされて動けなくなりました。

 

「お、お前の裸も撮ってやる!」

 

思ったよりも力が強いチビは、興奮気味に言いました。

 

私は必死で抵抗しますが、まったく動じません。

 

ギブスで顔を殴ると、チビは鼻血を出しましたが、それでも力を緩めません。

 

そして携帯で動画を撮りながら、私のマンコに勃起したチンコを挿入してきました。

 

久々にチンコが挿入してきた快感に、気持ちよくて声が出てしまいました。

 

パジャマの上も脱がされて、スッポンポンにされました。

 

ただ、チビはぎこちなく腰を動かしてましたが、あっという間にイッてしまい、童貞だったからコントロール出来ずに中出ししてました。

 

私はそれでも気持ちよくて、そんなのどうでもよくなってました。

 

結局3回くらいチビに中出しをされて、私は放心状態になりました。

 

「動画もちゃんと撮ったぞ」

 

チビはそれ以降も、卒業するまでパシリとして私達のグループにいましたが、私とチビは裏ではセフレ関係でした。

 

高校卒業したらみんなバラバラになり、私は携帯も変えたので、それ以降連絡は取っていません。

 

チビとのセックスは中出しばかりだったのに、一度も妊娠しなかったのはラッキーでした。

 

このことは誰にも言ってません。