Pocket

女教師
画像はイメージです

 

先生が見ててあげるからオナニーしてごらん

 

筆下ろしをしちゃった体験談ですが聞いてください。

 

私は、中学で音楽の教師をしています。

 

夏休みのある日、学校内でピアノの練習をしていました。

 

ピアノを弾くのに集中してしばらく気づかなかったんですが、後ろに人気を感じて、振り向くとE君がいました。

 

E君はじっと私を見つめています。

 

そして、E君がいきなり言ってきたんです。

 

「僕、先生の胸とか、お尻が気になって、まったく勉強が手につかないんです。どうしたらいいのか、分かんなくて」

 

確かに私は、バスト92cmのFカップで、お尻も93cmなので、肉感的な体だとは思っています。

 

決して美人ではないのですが、この体のおかげか男性に言い寄られたことは何度かあります。

 

E君にそう言われて一瞬困惑しましたが、エッチなこと言ってからかってきたんだと思い、乗ってみることにしたんです。

 

「先生のこと想像して、毎日オナニーしてから勉強すればいいんじゃないの?」

 

するとE君は、

 

「毎日・・・してるんです、でもそれでも、モヤモヤが残って・・・我慢できなくて」

 

って言うんです。

 

しかもE君の股間は、すでにズボンの中で勃起しているみたいで、盛り上がっているのが分かりました。

 

その時に私は、

 

(この子は本気だ)

 

と思いましたが、いきなりのことでどうしていいかわからず、

 

「じゃ、ここでオナニーしてごらん、先生が見ててあげるから」

 

と、つい変なことを言ってしまったのです。

 

そしたらE君は本当にズボンとパンツを下ろして、勃起したおちんちんをシコシコし始めちゃったんです。

 

我慢できずにおちんちん咥えちゃいました

 

E君のおちんちんは、中学生とは思えないほど、私が今まで見た中で一番大きくて、お腹にくっつきそうなほど反り返って隆々と勃起していました。

 

私は、しばらくチラチラ見ていましたが、体が熱くなってきてムラムラしてしまい、無性に、

 

(触りたい!)

 

と思ってしまいました。

 

そして、

 

「先生が手伝ってあげたら、すぐ出ちゃうかな~」

 

と、言ってからE君に近づき、おちんちんを握りました。

 

硬くて、大きくて、惚れ惚れしました。

 

おちんちんを上下にシュッシュッと擦るとE君は、

 

「あっ、せ、先生!そんなことしたら、ああっ、出ちゃう!」

 

って言うんです。

 

私の手で気持ちよくなってるE君が可愛く思えて、もう我慢できず、

 

「まだダメ!まだ出しちゃダメよ、もっとしてあげるから」

 

そう言って、E君のおちんちんを咥えちゃったんです。

 

すでにイキそうになってたとこで、フェラチオしちゃったもんですから、

 

「せ、先生!気持ちよすぎて・・・もう無理です」

 

そう言うとE君は、私の口の中に勢いよく射精しちゃいました。

 

精液の量もすごくて、E君たら私の頭を押さえつけるもんですから、ちょっと苦しかったです。

 

でも、なんか嬉しくて、とても興奮しました。

 

顔にかけられちゃった

 

フェラチオして、あっという間に射精したE君に私は、

 

「ふふっ、ちょっと早いわね、まだやっぱり童貞かな?あんまり早いと女の子に嫌われるぞ」

 

そう言って、E君のおちんちんを指でピンッと軽く弾いてしまいました。

 

もしかしてそれが、E君の男としての本能を刺激してしまったのかもしれません。

 

E君は、突然私に襲い掛かってきました。

 

「童貞で早いかもしないけど、まだおさまんないよ」

 

射精したばかりのE君のおちんちんは、まったく萎えずに、さっきと同じ位ビンビンに勃起したままなんです。

 

E君は興奮しながら私のブラウスを脱がし、ボタンは弾け飛び、白いブラジャーを捲くり上げ、自慢の巨乳を激しく揉み、乳首を痛いくらいに吸ってきました。

 

ちょっと乱暴なE君ですが、私も興奮していて、すでにオマンコは濡れていました。

 

でも童貞のE君に、セックスの仕方は分からないだろうと思って、油断していました。

 

しかし、どこで覚えたのか、私の背後にまわり、手をピアノにつかせ、スカートを捲くり上げ、パンティーを一気に降ろし、おちんちんをオマンコに入れようとしてきたんです。

 

私は、

 

「ダメッ!こんなとこで、それにゴムもないし」

 

そう言っても、E君の勢いは止められませんでした。

 

生のまま、勃起したおちんちんを挿入してきたんです。

 

でも入れられた瞬間、私は異常なまでに興奮しました。

 

そしてE君は私に背後から抱きついてきて、夢中で腰を動かしています。

 

E君は童貞なので仕方ないと思いますが、ひたすら激しく腰を振るだけでした。

 

しかし、それが私には新鮮でした。

 

しかも童貞の中学生とはいえ、巨根なのでオマンコの奥まで入ってきます。

 

とても気持ちよくて、思わず声を出してしまいました。

 

誰もいないはずですが、

 

(もしも誰かに聞かれたら)

 

と思い、私は床に落ちていた自分のブラジャーを口に咥え、必死で声が出ないようにしました。

 

ひたすら激しく腰を振るE君の動きで、私の巨乳がブルンブルンと激しく揺れるのを自分で感じ、さらに興奮した私は、自然に自分からも腰を振っていました。

 

しばらくしてE君は、

 

「せ、先生!僕、また出そうです・・・ああっ!」

 

そう言って、さらに激しく腰を突いてきました。

 

私は、

 

「ダ、ダメッ!中に出しちゃダメッ!お口に出していいから」

 

そう言って私は、E君を押して突き飛ばしてしまいました。

 

E君は後ろに仰け反り、私は急いでおちんちんを咥えようと、しゃがんで顔を近づけましたが間に合わず、生まれて初めての顔射を経験してしまいました。

 

E君の精液は温かく、さっき出したばかりなのに、すごい量の精液が私の顔や髪にビュッビュッとかかりました。

 

無事、誰にも見つかることはありませんでした。

 

それ以来、E君は私と

 

「セックスしたい」

 

と何度も言い寄ってくるようになりました。

 

私もまたE君の巨根を味わいたいのですが、何度も関係を持つと、誰かにバレるかもしれません。

 

なので、放課後に1度だけ、女子トイレでフェラチオでイカせることで口止めをし、E君もこの春に卒業していきました。

 

今では、女教師もののエッチな動画を見て、そのことを思い出してオナニーしています。