Pocket

 

近親相姦
画像はイメージです

 

女友達とセックスを始めると・・・

 

俺は中学を卒業して1人暮らしをしていました。

 

中学の同級生だった美優とよく遊んでたんですが、卒業後1年くらいしてから、

 

「1人暮らし羨ましいな!家行っていい?」

 

って行ってきたんでOKしました。

 

彼女がうちにきて二人で色々話してると、自然に恋愛話になりました。

 

俺はいまだ童貞のままで、彼女なんてずっといません。

 

彼女はどうやら、色々経験しているようでした。

 

「教えてあげる」

 

って言われてキスしてきました。

 

唇の軟らかさに驚きました。

 

次の瞬間、彼女の舌が入ってきました。

 

(キスってこんなに気持ちいいものなのか・・・)

 

彼女が先導しながら、キスだけで勃起していた俺のチンポを取り出し、軽く握って優しく手コキしつつ熱いキスを続けました。

 

俺は彼女の胸に手を伸ばします。

 

(軟らかい、大きい)

 

興奮がどんどん増していきます。

 

「フェラチオしてくれない?」

 

美優に聞いてみました。

 

「フェラした後にキス出来るならしてあげてもいいよ、いっぱいキスしたいから・・・」

 

今なら平気ですが、その時は、俺のチンポをしゃぶった口とキスをすることに抵抗を感じました。

 

「キスがいい」

 

手コキをされながら、彼女のマンコに手を伸ばしました。

 

すでにグッショリ濡れていました。

 

今思えば、かなり開発されたマンコだったと思います。

 

いつでもチンポを受入れられる状態です。

 

「もう我慢できない、美優とセックスしたい!」

 

「いいよ、ずっと好きだったから・・・嬉しい」

 

手コキを止めて、彼女がリードする形で上に跨ってもらいました。

 

お互い全裸になり、俺は美優のおっぱいを舐め回し、揉みまくりました。

 

めちゃくちゃ気持ちがいい・・・

 

と、そこへ突然ガチャガチャガチャ!とドアノブを開けようとする音が響きました。

 

いいからチンコ出せや

 

「無視しよう」

 

「いいの?出た方がいいんじゃない?戻ったら続きしようよ、行って来て」

 

快楽の真っ只中だったのに中断され、しぶしぶ服を着て出て行きました。

 

するとなんと・・・姉でした。

 

姉は高校にも行かず現役のヤンキーで、ヤクザの彼氏が居るほどの筋金入りです。

 

(まずい、絶対に入ってくるつもりだ・・・最悪だ)

 

「彼女来てるから、今日は勘弁してくれ」

 

奥に居る彼女にもわざと聞こえるように大声で言いました。

 

これ合図に、美優に服を着てくれって意味で・・・

 

姉を制止するのは不可能で、結局家に入って来られました。

 

タイミングよく服を着て、奥から美優が出てきました。

 

「こんにちは」

 

「だれ?もう帰んの?」

 

これは「帰れ」って意味の、姉からの威圧的な態度です。

 

「はい、お邪魔しました」

 

(最悪だ・・・)

 

彼女に何度も謝って送り出しました。

 

「あれがあんたの彼女?ぶっさいくな女、キャハハ!」

 

「あーうぜえ・・・」

 

「まだセックスしてないのか?もしかして童貞守ってんの?」

 

「うるせぇ、てめえが邪魔しなければ・・・・」

 

「チンコ出してみろや、ピュッピュ出してスッキリしたら忘れるだろ」

 

「アホか・・・ヤクザの彼氏んとこ行けよ、邪魔しやがって」

 

「あ?あんな馬鹿な男捨てたわ、いいからチンコ出せや」

 

「頭おかしくなったんか?今すぐ実家に帰って泣きついてこい、泣きつく相手間違ってるだろ」

 

「そんなこと言うなよ、子供の時仲良かったじゃんか、可愛がってあげただろ」

 

「気持ち悪いんじゃ」

 

姉は立ち上がり、ものすごい力で俺を押さえつけてきました。

 

「なにすんじゃ、どけ・・・」

 

「童貞のくせにうるさい!だまっとけ!」

 

姉は強引に俺のlパンツの中に手を入れてきました。

 

ヤンキーの姉に何度も中出し

 

チンポを握ってシコシコしてきます。

 

どんな状況でも、男はチンポを擦られれば勃起します。

 

しかも童貞だし、簡単に勃起してしまいました。

 

「絶対誰にも言うなよ?」

 

「言うかボケ、言わねぇからどけよ、気持ち悪い事するな」

 

俺も本気で姉の腕を掴んで、退けようとします。

 

「触るな!気持ち悪い!」

 

しかし、姉は力が強く、男を組み敷くのがうまいんです。

 

簡単に俺のズボンもパンツも脱がされ、ベッドに引きずられました。

 

ベッドに押し倒されて顔を近づけ、

 

「動くな、絶対誰にもしゃべんなよ」

 

もう滅茶苦茶です。

 

観念しました。

 

「もう好きなようにしろ」

 

唾液を垂らされて手コキされます。

 

「おい童貞野郎、気持ちいいだろ?」

 

「まぁ、刺激だけならオナニーと変わらん、そりゃ気持ちいいよ」

 

次の瞬間、チンポしゃぶられました。

 

初めてのフェラチオが姉です。

 

(近親相姦で逆レイプかよ・・・)

 

「気持ちいいだろ?童貞卒業させてやる」

 

姉は俺の上に跨って、いきなり挿入してきました。

 

しかも生で・・・

 

オマンコで勃起したチンポを擦られたら気持ちがいいに決まってます。

 

(やばい、気持ちいい、悲しいけど気持ちいい)

 

5回上下したぐらいで射精しました。

 

早すぎて言う暇もありませんでした。

 

というより、言ったらやばいと思って黙ってました。

 

童貞で若かったのか、射精しても勃起状態は続いていました。

 

結局姉のオマンコの中で、3回射精しました。

 

俺の童貞、初フェラチオ、初中出し・・・全部姉に奪われました。

 

結婚する彼女に言えない秘密

 

(なんということだ・・・)

 

「気持ちいいだろ?こっちも気持ちいいぞ、姉弟なら嫉妬も何もないし、便利な関係になれんじゃん」

 

「なんだよそれ・・・気持ちいいけど、間違ってるだろ」

 

「気持ちよかったらいいじゃんか、ピル飲んでるし、中に出していいぞ」

 

「もう中で3回出したわ」

 

「ピル飲んでなかったらやばいぞ、怖い奴だな・・・ありえん」

 

「お前が言うなよ・・・」

 

「今度はお前が上になれ、疲れた」

 

姉のマンコが気持ちいいし、このまま終わりたくなかったので、上になって突きまくりました。

 

結局1時間くらい挿入しっぱなしで、合計6回射精しました。

 

姉も満足したのか、何度かイッてから、ぐったりして寝始めました。

 

姉は一度寝ると、何をしても起きない女です。

 

俺はまだムラムラしています。

 

目の前に、姉のマンコがあります。

 

(めっちゃ気持ちがいいマンコ・・・)

 

また勃起してきました。

 

俺の精子でグチョグチョのマンコに、また入れて突きまくりました。

 

寝てる姉のマンコを、オナホ代わりにして、オナニーセックスを続けました。

 

(悔しいけど・・・気持ちいい)

 

次の日です。

 

美優が学校終わって俺んちに来ました。

 

すげー気まずかったです。

 

「昨日はごめんな」

 

「いいよ、気にしないで、続きしよ」

 

にっこり笑ってキスしてきました。

 

美優に童貞を捧げられませんでした。

 

(ごめん)

 

今でも姉との近親相姦は、誰にも言えない秘密です。

 

美優とは、今年結婚する事になっています。

 

美優は、俺が童貞を捧げたのは自分で、女は自分しか知らないと思っているはずです。

 

すごく悪い事したと思っています。

 

しかも未だに、姉とは実家で会う度にセックスしています。

 

しかし、結婚を機に、近親相姦を断ち切ろうと思っています。

 

これって浮気っていうんですかね?

 

いけない事だとは分かってますけど。

 

ごめん、美優、墓まで持って行くことにする。