Pocket

 

熟女

 

中学生がパンティーを盗んだ

 

近ごろまったく男性が近寄ってこないので困っていました。

 

37歳の人妻というのが原因ではないかと思っています。

 

中学生の男の子なら家の前を通るんです。

 

しかも、時々派手な下着を干していると、興味ありげに見ているんですが、竿が高くて届きません。

 

そこで私は、クルクル回る洗濯干しを買ってきて、干したパンティーがちょうど少年の顔の辺りになるようにわざとセットしたんです。

 

派手な色の新しいパンティーと、古くてアソコの辺りにシミが付いたものなど7,8枚干しました。

 

冬の乾燥した日差しだと、15分くらいで乾きます。

 

リビングのカーテンの隙間から、そっと外の様子を観察していました。

 

サッカーボールを持った身長165cmくらいの少年が通り過ぎていきました。

 

(ああだめか)

 

と思いましたが、辺りをキョロキョロ見回して、また戻ってきました。

 

すると、あっという間の早業で、2枚盗んで去っていきました。

 

(やっぱり)

 

と思いました。

 

古いパンティーだけが盗まれています。

 

どうやら、近くのマンションに住む男の子らしいということも分かりました。

 

目立つようなところに干してあれば、

 

「どうぞ盗んでください」

 

と言わんばかりです。

 

砂糖に群がる蟻のようなものです。

 

少年がオナニー用として使うのに、何枚必要かは知りません。

 

一度盗むのに成功すると、あまり抵抗がなくなるんでしょうか。

 

今度はゆっくりと、新しいパンティーと古いパンティーを盗みました。

 

私は少年が退散する前に姿を現しました。

 

「あら」

 

と言って少し微笑みました。

 

「ねえ君、ひょっとして、今何か隠した?」

 

「い、いいえ」

 

「中学生?何年生?」

 

「2年です」

 

わりと素直でした。

 

「ここで話してると人に見られるから、こちらへいらっしゃい」

 

おばさんが好きだから

 

私は少年を促して家に上がらせ、リビングのソファーに座らせました。

 

「身体検査してもいいんだけど、素直に認めれば許してあげる」

 

「はい、すみません」

 

と素直でした。

 

「ただこのまま帰す、と言うわけにはいかないわよ、どうして盗んだのか、その理由だけは教えてちょうだい」

 

私は向かい合ったソファーに、素足を立てて両手で抱える格好をしました。

 

少年の目には、私の白い太ももの後ろがまぶしく映ったはずです。

 

答に困った少年が、

 

「おばさんが好きだから・・・」

 

とぽつりと言いました。

 

「好きな人のなら、下着を盗んでてもいいの?」

 

「だって、僕がおばさんを好きだと言っても、どうせダメでしょ?」

 

「ダメだって、誰が決めたの?」

 

少年は、とうとう私の術中にはまりました。

 

私は立ち上がって、少年の前に立ちました。

 

「今日でもう4枚もパンティー盗られたのよ、穿く下着もなくなっちゃったじゃない、ほら、見てご覧なさい」

 

私はゆっくりと、ワンピースの裾を上げました。

 

少年が息を飲みました。

 

黒々と陰毛に覆われた、今まで夢でしかなかった生の女性器が少年の目に映ったのです。

 

「ね、だから今日盗ったパンティーを、私に穿かせてくれない?」

 

少年はモジモジしながら、ポケットから派手な私のパンティーを取り出しました。

 

少年にとっては、前か後ろかもよく分からない下着を、私に穿かせるのは難しいでしょう。

 

私は、ワンピースの裾を少年の頭からスッポリ被せました。

 

ほとんど肌に触れんばかりに少年の顔が近づき、私のオマンコに少年の吐く息を感じます。

 

「ゆっくりでいいのよ」

 

私は少年の頭を抱え、股間に引き寄せました。

 

おそらく、盗んだ下着の匂いを嗅いだりしたと思いますが、今はもう少年の自由になったオマンコが、少年の舌で舐められています。

 

私のセックスフレンドに・・・

 

まだ下着は着けていませんでした。

 

「さあ、こっちにいらっしゃい」

 

私は少年をベッドルームに誘いました。

 

少年の服を脱がせて、パンツまで取りました。

 

ピンッと跳ねるように勃起したおちんちんが飛び出しました。

 

二人とも全裸になりました。

 

大人の男性と変わらないほどのおちんちんでした。

 

「最初から私を好きだと言ってくれてれば、いろんなことしてあげたのよ」

 

私はそう言って、少年のおちんちんを咥えました。

 

タマタマから、そそり立っている竿まで舌を這わせ、じっくりとフェラチオしてあげました。

 

それからシックスナインの体勢になり、少年は私の大きなお尻を抱えて、クリトリスを噛んでいました。

 

「セックスは初めてよね?おちんちん入れてみる?毛が多いから分かりにくいと思うけど、一番下のところよ、濡れているとこ」

 

私は少年のおちんちんを取って、オマンコに擦り付けて愛液で濡らし、彼の腰を引き寄せて挿入させました。

 

「ああん、入ったわよ、すごくいいおちんちんよ」

 

中学生の男の子のおちんちんを食べることができて、とても幸せな気分です。

 

「私のおっぱい吸いながら、腰を動かしてみて」

 

少年は、言われた通りに夢中でおっぱいにしゃぶりつき、頑張って腰を動かしています。

 

「ああん、そうよ、そう、いいわ、とってもいい!」

 

しかし思いの外、早くに終わりが来ました。

 

1分も持たないぐらいで少年が、

 

「ああっ!」

 

と絶叫して、私のオマンコの中に精液を飛び散らせました。

 

それでも私は満足でした。

 

今後、この少年を教育しながら、理想的なセックスフレンドに調教していこうと思っているからです。

 

物足りなければ、同じような方法で少年を捕まえることが出来ると思うのです。