Pocket

露天風呂
画像はイメージです

 

露天風呂は混浴だった

 

僕は27際のサラリーマンです。

 

以前努めていた会社が倒産してしまったため、再就職先を探していたところ、ようやく採用してもらえることができました。

 

その会社では、総務課へ配属されました。

 

周りは女性社員ばかりで、男性は課長のオッサンだけです。

 

女性だらけの部署で正直ラッキーだと思っていました。

 

初めのころは…

 

それは、再就職してから、3ヶ月ほど経ったころのことでした。

 

同じ部署内のお局様(良子、37歳、独身)が、

 

「あ~あ、最近疲れたわ!今度の休みは温泉にでも行かない?美味しいもの食べてのんびりしようよ」

 

と言い出しました。

 

「いいですね!行きたい、行きたい!」

 

と他の取り巻き連中2人(美香、31歳、既婚、由香里、29歳、独身)が同調しました。

 

それは別にいいのですが、

 

「幸雄くん、一緒に連れて行ってあげるから予約とかお願いねぇ!頼んだわよ」

 

と、まさか僕まで誘われるとは思いませんでした。

 

誘われるというよりは、面相なことを僕に押し付けてきただけですけどね。

 

僕は反論することなく適当な旅館を予約し、いよいよ旅行当日になりました。

 

「幹事さん、荷物持って!こんな美人だらけの職場に来れて幸せよねぇ!はい、荷物お願い!皆も持ってもらえば?男なんだから大丈夫よねぇ!」

 

お局の良子は遠慮なく言ってきます。

 

ほとんど命令です。

 

確かに美人ではあるのですが、普段から僕のことを小馬鹿にした態度を取っています。

 

僕は荷物を持たされながら、やっとの思いで宿に着き、チェックインしました。

 

そしたら一息つく暇もなく、呼び出されてしまいました。

 

「ねぇ、疲れたからマッサージしてちょうだい!」

 

良子は言いました。

 

(疲れたのは俺の方だ)

 

と思いながらも、僕は仕方なく良子の肩を揉みました。

 

「変なとこ触らないでよ。あなたは、私達の幹事なんだから、言われたことを守るのよ。分かった?粗チン君」

 

取り巻きの美香や由香里もキャッキャッと笑います。

 

「えぇ~?良子さんいつ見たんですか?一人だけずる~い!本当に粗チンなの~?」

 

二人は笑いが止まりません。

 

「見るわけないじゃない!想像よ、想像。パッとしない男は粗チンが多いって言うじゃない?」

 

また私を小馬鹿にして遊ぶつもりだったのです。

 

確かに僕はパッとしないし、言い返す度胸もないので、ひたすら耐え、その場をやり過ごしました。

 

やっと解放された僕は、露天風呂に入りに行きました。

 

そこはなかなか立派な露天風呂で、他には誰もおらず、一人でゆっくり入って寛いでいました。

 

(しかし、あいつらはムカつく連中だな。いつか仕返ししてやりたいな)

 

などと考えていました。

 

すると脱衣所で何やら声が聞こえてきます。

 

明らかに女性の声です。

 

「良子さん、スタイルいいですね!腰がくびれてるぅ!」

 

(やっぱり!)

 

あの三人が入ってくるのです。

 

そう、この露天風呂は混浴だったんです。

 

あなたのオチンポを嵌めて

 

「キャー、男がいるわ!」

 

私は前を隠して立ち上がり、離れていきました。

 

女たちは、どうやら混浴とは知らずに入ってきたみたいです。

 

一瞬でしたが、3人の裸を見てしまい、焦った私は露天風呂を出ようとしました。

 

「あら、粗チンの幸雄君じゃない、混浴だったのね。あなたなら一緒でもいいわ、粗チンじゃ、悪さもできないでしょうから!」

 

良子がそう言うと、また取り巻き2人は笑っていました。

 

僕は一番端の岩に座り、タオルで前を隠して3人が出るのを待っていました。

 

美香と由香里はのぼせると言いながら、先に出て行きました。

 

タオルで隠してるのは前なので、2人のお尻は丸見えでした。

 

その後ろ姿を横目で見た僕は、不覚にもチンポが反応してしまいました。

 

その時良子は、僕の股間のタオルが膨らんできたのを見ていました。

 

しかも、タオルで胸を隠そうともしていません。

 

ムカつく女だけど、美人で胸も見えると、一度勃起し始めたチンポはなおもタオルを持ち上げていきます。

 

良子は目をトロンとさせ、僕の股間の膨らみを見つめています。

 

(これはいける!)

 

と思った僕は、露天風呂から立ち上がり、タオルを取って勃起チンポを露にしました。

 

良子は目を見開いて喉をゴクリと鳴らしながら近づいて来ます。

 

何も言わず僕の前にしゃがみ込み、勃起チンポを握りしめてきました。

 

目を潤ませ、上目遣いに見ながら金玉袋を舐め始めました。

 

金玉を口に含み、舌先で転がします。

 

チンポはさらに硬くなりました。

 

舌先が竿に這い上がり、裏筋を舐めまわしてきます。

 

亀頭を口に含んできた時に思わず、

 

「ううぅ」

 

と声が漏れました。

 

良子は無言でフェラチオを続けます。

 

頭を前後に動かし、唾液でベトベトになるまで夢中で舐めまわしています。

 

僕は限界が近づき、

 

「ダメだ!出そう!」

 

そう言うと良子はチンポから口を離し、

 

「まだダメ!私も舐めなさい!私を気持ちよくさせなさい!ほらっ!」

 

良子はそう言うと、恥ずかしげもなく脚を大きく開いてきました。

 

すでに、濡れているのが分かります。

 

僕は良子の腰を浮かせ、オマンコに顔を近づけ、舌を伸ばして舐め始めました。

 

「はぁ!いいわ!いっぱい舐めるのよ!そこよ、そこっ!」

 

相変わらず命令口調ですが、腰がビクビクと震え出し、次の瞬間、良子は潮を吹きました。

 

「イイィ、気持ちいいわ!もっとイキたいの!あなたのオチンポを嵌めて!」

 

良子は岩の上に大股開きになって、チンポの挿入を促します。

 

「何してるの!入れさせてあげるんだから、こっちに来なさい!早く!」

 

僕は日ごろの仕返しのチャンスだと思いました。

 

交互に入れてやるよ

 

僕はチンポの先で良子のオマンコをズリズリ擦ったり、クリトリスを指で刺激したりしながら焦らしてやりました。

 

「あ~ん、早く入れなさいよ!イイィ!入れて!早く入れて!」

 

まだ嵌めてあげません。

 

良子がもっと哀願するまで嵌めてやらないことにしました。

 

「そんなに焦らさないで!お願い、早く入れて!」

 

僕は焦らしに焦らしました。

 

「嵌めて欲しいのか?ちゃんとお願いしたら嵌めてやるよ!言ってみろよ!良子のいやらしいオマンコにその硬いチンポを入れて下さい、って!言わないと嵌めないからな!」

 

「いやあん、そんないやらしいこと言えない!」

 

「なら、目の前でオナニーして射精してやるからな!いいんだな!」

 

「ダメダメ!一人でイカないで、イヤァ!良子のオマンコに、オチンポを嵌めて下さい!」

 

僕は焦らすように擦り付けていたチンポを、良子のオマンコに一気に突き刺しました。

 

「ああぁ、これよ、これを待ってたの!イイ、気持ちいいわ!凄くイイィ!もっと、もっと激しくしてぇ!大きいわ、おっきいオチンポ大好き!」

 

良子は歓喜の声を上げています。

 

その時、脱衣場で何やら物音がしたので振り向くと、美香がこちらを見ながらオナニーしているではありませんか。

 

「こっちへ来い!嵌められてるとこをじっくり見てやれ!人を散々コケにしやがって!ほら、粗チンが入ってるところを見ろ!」

 

美香は、ズボズボと出し入れされている結合部を見ながら、オナニーを続けます。

 

「美香ちゃん、見ないで!見ちゃイヤァ!あぁ、イキそうよ!美香ちゃんの前でイキそう!」

 

「良子さんのオマンコいやらしいわ、ビラビラが卑猥です、イキ顔を見たいです!」

 

良子は口をパクパクさせながら、絶頂を迎えました。

 

オマンコの中が痙攣しているのが分かります。

 

僕は良子から体を離し、勃起したままのチンポ、良子の愛液でテカテカしているチンポを美香の目の前に差し出しました。

 

「凄い、血管が浮き出てる!主人のものとは比べ物にならないわ、凄く大きい!素敵なおちんちん!」

 

美香は僕を押し倒し、自ら上に跨がり、チンポをオマンコに導きました。

 

チンポはすんなり入りました。

 

「気持ちいい!凄くいいわ!もっと下から突き上げて!」

 

美香はクリトリスを恥骨に擦り付けるように小刻みにグラインドさせながら叫んでいます。

 

良子は僕に乳首を吸わせながら、自分でオマンコを弄っています。

 

「二人とも四つん這いになって尻を突きだせ!交互に入れてやるよ!」

 

二人は素直に四つん這いになり、僕にお尻を向けました。

 

絶景です。

 

あれだけ僕を小馬鹿にしていた二人が言いなりです。

 

僕は美香の丸くて白いお尻を抱き抱え、一気にオマンコに突き刺しました。

 

「あぁん、いいの!凄くいいわ!」

 

「ずるい、美香ちゃんが先だなんて!良子のオマンコにも入れて!」

 

私は二人のオマンコに交互にチンポを突き刺してズボズボしていると、だんだんフィニッシュに近づいてきました。

 

最後は二人の顔に、思いっきりザーメンをぶっかけるように射精しました。

 

由香里はというと、その夜頂きました。