Pocket

3P
画像はイメージです

 

童貞の俺をからかい、下着を見せつけてきた

 

俺が大学生の時の話です。

 

在学中は理系で運動部に所属していて、割と真面目な学生生活を送っていました。

 

所属している学部は人数があまり多くなかったので、学部内の同級生はみんな知っていたし、皆仲が良かったです。

 

「誰が誰を好き」

 

なんて話はすぐに広まり、俺も同じ学部内のある女の子の事を好きだった事はバレていました。

 

これでも俺は告白されたことがあるんですが、好きな子がいたので告白されても断っていました。

 

でもヘタレだったので、好きな子には告白することができませんでした。

 

そんなある日、同級生の女子2人が、突然夜遅くに俺の住むアパートを訪ねてきました。

 

酒やらおつまみやら持参しています。

 

一人は背が170cmぐらいあって空手部所属のA子、もう一人は背は低めで飲み会で知り合った文系のB子です。

 

2人とも結構可愛いです。

 

翌日は休みだし、一緒に飲むことにしました。

 

酔ってくると、やっぱり恋話になるんですよね。

 

俺の好きな子のことはバレてるし、俺の恋愛のヘタレっぷりをからかいながら、飲みのネタにされていました。

 

そういう話をしているうちに、俺も酔っていたせいか、ついつい童貞である事をしゃべってしまいました。

 

「へー、そうなんだ」

 

「○○ちゃんの前の彼氏はエッチ上手そうだよ?」

 

「もし付き合えても困るんじゃない?」

 

「仕方ないだろ、そん時はそん時でがんばるさ」

 

「付き合うつもりなの?」

 

「もしもの話だよ」

 

みたいな会話だったと思います。

 

俺は上がり症なので、おそらく2人とこんな会話してた時も、顔が真っ赤になっていたと思います。

 

「ふーん、それじゃあさ、女の子に免疫つけとかなきゃ・・・ほら、ほら」

 

と、なんとA子がシャツの前をはだけてブラジャーを見せてきました。

 

「ちょっ、何やってんだよ!変なことすんなってば!」

 

と言いましたが、しばらくじっと見てしまった俺は、まともに直視したせいで、かなり顔と頭に血が上っていたような気がします。

 

B子はしばらく笑いながら見ていたけど、なんとB子も脱ぎ始めました。

 

「わ、お前まで何やってんだよ!やめろよ!」

 

2人が下着を見せつけてきたので、俺はどうしていいか分からずにオロオロしてしていました。

 

その時の2人の楽しそうな顔はよく覚えています。

 

顔を真っ赤にして心臓がバクバクいってるし、想定していない状態に晒されるとほんとにパニクってしまうもんです。

 

俺は目をつぶって、その場を凌ぐことにしました。

 

本当は見たいんですけどね。

 

「もうバッチリ免疫ついたから、もういいだろっ!」

 

「ウソばっかりー、顔真っ赤じゃん」

 

「あははは」

 

そして、2人は目を開けない俺をくすぐり始めました。

 

キスとフェラでイカされた

 

「うあはははは!ちょっ、やめっってば!ははは!」

 

くすぐったくて笑いながら抵抗しましたが、2人ともすごく楽しそうにくすぐってきました。

 

そう長くは無いはずですが、くすぐりをやめてもらった時は、暴れたのですごい疲れて息が切れてしまってました。

 

するとその時、背の高いA子が覆い被さって来て、俺はいきなりディープキスをされました。

 

びっくりして離れようとしたんですが、それまで散々くすぐられていたせいか、体が思うように動かず、抵抗できませんでした。

 

そのまま抱きしめられて、しばらくキスしました。

 

そして、服を脱がされた時には、チンコも勃起していました。

 

そのままA子に乳首やお腹まで舐められました。

 

童貞だったので、当然こんな事をされるのは初めての経験です。

 

A子の舌が体に触れると、勝手にビクビクと動いてしまってました。

 

A子は楽しそうな目をしながら、時々俺の顔を見ていた表情が、すごいエロく見えました。

 

そうしてあちこち触られ、舐められた後、勃起したチンコを軽く握られました。

 

「うあっ」

 

「んふっ」

 

そのままシュッシュッとしごかれて、俺はもう興奮して息も絶え絶えでした。

 

するとそれまで見ていただけのB子が、俺の上に覆い被さって来て、B子にもディープキスをされました。

 

俺にはキスのテクニックなんかあるはずがなく、彼女の舌になんとか絡ませて応じていました。

 

すると突然、勃起したチンコが暖かいものに包まれて、快感が一気に高まりました。

 

B子にキスされて見えなかったけど、A子にフェラされていたはずです。

 

暖かい感触で包まれながら、亀頭を舐めまくられて、あっという間にイキそうになりました。

 

「んっ・・・んんんっ」

 

キスされながら、そのまま果ててしまいました。

 

おそらくフェラされてから、1分も持たずにイってしまったと思います。

 

射精し終わるまでチンコは刺激され続けて、意識が飛びそうになりました。

 

その時には2人とも下着を脱いでいて、B子が俺の上から降りました。

 

自分のチンコを見ると、さっき射精したばかりなのに、まだギンギンに勃起したままでした。

 

俺は恥かしさで、また顔を真っ赤にしていたと思います。

 

身動きが取れない俺を騎乗位で・・・

 

「あら~、イっちゃったね~、もっと鍛えないとね、ふふっ」

 

A子がそう言って、ぐったりしている俺の上に乗り、なんとそのままオマンコに挿入してきました。

 

俺は、

 

「えっ?うわ、ちょっと待って!」

 

と言ったら、挿入した後は、しばらくじっと動かずに俺の顔を見てきました。

 

そしてB子は、俺の足の指を舐め始めました。

 

「何してんだよ、汚いってば!」

 

「汚くないよ、気持ちいいでしょ?」 

 

「じゃあ動くよ、今度は私も気持ち良くさせてね」

 

そう言うとA子は腰を前後に動かし始めました。

 

突然の童貞喪失でした。

 

嬉しいんだけど、なんかこういう展開だと感情もよく分かりません。

 

なんだか俺は、泣きそうな顔をしていたかもしれません。

 

さっき射精したばかりだというのに、オマンコに擦られる気持ちよさに、早くも再び射精感を感じてきていました。

 

「はぁ、はぁ、はぁ、ね、ねぇ、もう少しゆっくり」

 

「1回出しちゃってるから、まだ平気よね?」

 

彼女はそういうと、さらに激しく腰を動かしてきました。

 

スピードを上げて動かしながら、A子は軽く喘いでいました。

 

俺は必死に耐えました。

 

「うわっ、ちょっ、ダメだって!う~、もう持たないよ!」

 

「あんっ、も、もうイきそう?」

 

「・・・うん」

 

2回目だというのに、こんなに早くイキそうになってしまったことや、女の子にいいようにやられっぱなしで、とても恥ずかしかったです。

 

すると突然オマンコが締め付けられて、A子は激しく上下に動き出しました。

 

「えっ?うわっ、やばっ、ちょっと待って!」

 

「あはっ、イっちゃえ、イっちゃえ!」

 

「うわっ、はぁ、はぁ、だ、だめ、イっちゃう、もう無理!」

 

イカされるのが恥だと思い、逃げるかのように彼女の下でもがいてました。

 

するとA子は、俺の両手を上から手で押し付けながら覆い被さってきたので、俺は身動きが取れなくなってしまいました。

 

ついに俺は

 

「あぁ!うぁぁっ・・・!」

 

とそのまま激しく動かれて、イかされてしまいました。

 

その後は、A子の協力のもと、B子ともエッチさせられました。

 

思いもよらない童貞喪失体験でした。