Pocket

 

無理やりエッチ
画像はイメージです

 

逃げようとする主婦に無理やりキス

 

俺は趣味でブログをやってます。

 

日記のようなもので、毎日ちょっとした出来ことを書き綴っていたんですけど、続けてると徐々にアクセスが増えてきました。

 

その中に、よくコメントを残してくれる女がいました。

 

ブログにはメールアドレスも記載していて、いつ頃からかコメント以外にも、その女から直接メールが届くようになりました。

 

メル友もみたいになってやり取りしていると、なんと住んでるのは同じ県で、わりと家も近いという事が分かりました。

 

いつしか写メまで交換する間柄になりました。

 

年齢は俺より5歳年上の30歳で主婦。

 

見た目はまあまあ綺麗です。

 

そこまでやり取りしたら会ってみたくなり、誘ってみました。

 

何度か断られましたが、諦めずにアタックしていると、ついにOKが出て会う事になりました。

 

お互い都合のいい日を選んで駅で待ち合わせし、2人で焼き鳥屋に入りました。

 

ブログやメールでお互いを知ってるので、話も早いし気が合います。

 

気を許した彼女は、芋焼酎をロックで何杯も飲み、気が付くとベロベロになっていました。

 

「今日は旦那に何と言って出て来たの?」

 

と聞くと、

 

「高○の友達と△○□※」

 

と何言ってるか分からないほど泥酔してます。

 

目がうつろになり、会話が成立しなくなってきました。

 

「家まで送って行こうか?」

 

と声をかけても、返事も出来ない状態です。

 

「しっかりしないと、ホテルに連れていくよ?」

 

と言ってみると、何故か体を寄せて来ました。

 

そういうことなら遠慮なくって事で、タクシーに乗せてそのままラブホテルへ直行です。

 

ラブホに着いたのはいいのですが、彼女はとっくに泥酔で意識不明状態。

 

触っても服を脱がしても無反応です。

 

これじゃエッチしても面白くありません。

 

俺も結構酔ってるし、楽しみは朝まで取っとく事にして、全裸のまま寝かせました。

 

俺も全裸になって寝ました。

 

そして朝7時になり、彼女を起こします。

 

最初は寝ぼけてた彼女も、俺の顔と自分の裸に気付き、慌ててベッドを出ようとしました。

 

もう手遅れです。

 

俺は彼女の腕を掴み、ベッドに引き戻して上から覆いかぶさりました。

 

彼女は嫌がって顔を背け、

 

「やめて・・・」

 

と言いました。

 

嫌がる顔にますます興奮した俺は、アゴを掴んでこちらを向かせ、強引に唇を重ねました。

 

全身舐めさせた

 

最初は必死で唇を閉じて抵抗していましたが、胸を揉むと力が弱まり、口がわずかに開きました。

 

そこに無理矢理舌をねじ込むと、彼女の力が一気に抜けていったようでした。

 

(ついに観念したな)

 

キスしながら愛撫を続けていると、甘い吐息を漏らして、やがて彼女の体が硬直し、そして力が抜けていきました。

 

「イッた?」

 

と聞くと、プイと顔を背けました。

 

「じゃ、次は俺をイカせてね」

 

彼女の体を引き起こして、顔の前に勃起したチンポを差し出します。

 

しばらく躊躇していましたが、

 

「自分だけ気持ち良くなっといて、ずるいんじゃない?」

 

なんて言うと、ゆっくりと咥え始めました。

 

早くイカそうと考えたのか、すぐに激しくジュボジュボしてきました。

 

ならばと、俺も彼女の口にチンポを咥えられながら、腰を動かしました。

 

すぐに射精感が込み上げ、そのまま彼女の口の中へ放出します。

 

彼女は口を離そうとしましたが、俺はしっかり頭を押さえて離しません。

 

やがて、コクンと彼女の喉が鳴ったので手を離すと、横を向いてしばらく咳き込んでました。

 

そして彼女は俺の顔を見て、

 

「もう許して・・・」

 

と言いました。

 

「一緒に風呂に入ってくれたら、それで帰してあげるよ」

 

と言うと、彼女はホッとした表情になりました。

 

「それまでは全裸だからね」

 

と言うと、仕方なく頷きました。

 

風呂にお湯を張り、一緒に入浴です。

 

体の隅々まで手で洗わせ、

 

「綺麗にしてくれた?」

 

と聞くと、コクンと頷く彼女。

 

「じゃ、舐めて」

 

と言うと、驚いた表情になりました。

 

「綺麗になったんだから、舐めれるだろ?」

 

そう言って、俺は足を彼女の顔の前に差し出しました。

 

仕方なく、彼女は足を舐め始めます。

 

「じゃ、次は太股ね」

 

と言うと、言われるまま太股を舐めます。

 

そしてお腹、胸、首と舐めさせ、金玉、チンポと続けさせます。

 

そして最後には、アナルまで舐めさせました。

 

お漏らししちゃった

 

「じゃ、今度は俺が洗ってあげるよ」

 

と言うと、

 

「私はいい・・・」

 

と、弱々しい声。

 

しかし、無理矢理立たせ、両手で全身に泡を塗りまくります。

 

背後に回り、両手で胸を揉みながら乳首を弄ると、

 

「ああっ・・・」

 

と可愛い声を漏らしました。

 

オマンコに手を伸ばすと、明らかに愛液でヌルヌルしているのが分かります。

 

クリにも触れ、摘むようにすると、

 

「あーーっ!」

 

と喘ぎ声が大きくなりました。

 

「ダメーーっ!」

 

と絶叫した後、見事に放尿です。

 

「見ないで~」

 

と恥ずかしそうにしゃがもうとしますが、羽交い絞めにして許しません。

 

女の立ちションを見られて、とうとう泣き出してしまいました。

 

割り切って楽しもうよ

 

風呂を出て、ベッドへ連れて行きました。

 

すでに諦めたのか、放心したような彼女は、何も抵抗しませんでした。

 

そんな状況で俺は、興奮の絶頂でした。

 

すでにチンポはギンギンに勃起しています。

 

ベッドに寝かせて彼女の足を開かせ、オマンコにズブズブ挿入していきます。

 

オマンコの奥まで挿入れた後、腰を動かさずに耳元で囁きます。

 

「せっかくだからさ、割り切って楽しもうよ」

 

その言葉に納得したのか、彼女は一切の抵抗をやめ、エッチに協力的になりました。

 

彼女は何度も喘ぎ声を出し、何度もイキました。

 

そして俺は、遠慮なく中出ししました。

 

チンポが萎えると咥えさせ、また挿入します。

 

騎乗位になると、彼女は自分の胸を揉みながら、激しく腰を振ってきます。

 

彼女がグッタリすると、今度はバックからズボズボと激しく突きます。

 

最後は洗面所の鏡の前に行き、駅弁ファックで終了しました。

 

ベッドに戻り、彼女に腕枕した手を伸ばし、乳首を弄びます。

 

ビクビク反応する彼女。

 

彼女も負けじと、俺のチンポに手を伸ばし、触りながら俺の胸にキスしてきました。

 

すでにグッタリしていた俺は、いつの間にか眠りに落ちました。

 

チンポがハサミで・・・

 

目覚めた時、なんと彼女がフェラチオしていました。

 

「どうしたの?」

 

と俺が聞くと、

 

「年下にやられっぱなしじゃ、悔しいから」

 

「え?」

 

と聞き返すと、

 

「今度は私が襲う番だよ」

 

気が付くと、いつの間にか俺の両手は、タオルでベッドに固定されていました。

 

さすがに慌てました。

 

彼女は不敵な笑みを浮かべ、

 

「よくもいたぶってくれたわね~」

 

彼女は言いながら間近に顔を近づけました。

 

「たっぷり仕返ししてやるからね~」

 

そう言ってから、フェラチオ、乳首責め、アナル責め、寸止めと彼女は責め立ててきます。

 

両手を縛られてる俺は為す術ないですが、気持ちいいのは事実です。

 

ところが、彼女は自分のバッグのところへ行き、中から何かを取り出しました。

 

なんとそれは・・・ハサミでした。

 

ハサミを持ってニヤニヤしながら、俺に近寄ってきます。

 

そして、勃起を保っていたチンポをガシッと掴み、ハサミを近づけました。

 

背筋が凍りつきました。

 

俺は、

 

「やめてくれーーー!!」

 

と絶叫です。

 

「今さらやめるわけないじゃん」

 

冷たい視線が俺に向けられ、そして・・・

 

ジョキッ・・・

 

「!!!!!」

 

ジョキッ・・・

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

「ふふっ、これでエッチ出来なくなっちゃったね」

 

と嬉しそうに笑う彼女。

 

俺は自分の股間をまじまじと見ました。

 

チンポは残っていました。

 

そこは陰毛が短く刈り取られていて、スースーとひんやりしていました。

 

「おちんちん、切られなくて良かったね」

 

彼女はそう言うと、すっかり萎えていた俺のチンポを咥えました。

 

陰毛は刈られましたが、ホッと安心した俺は、みるみる彼女の口の中で勃起しました。

 

そのままジュポジュポとフェラチオを続けられ、程なくして俺は彼女の口の中に射精しました。

 

彼女は口にザーメンを溜めたまま顔を近づけ、俺の顔にザーメンを吐き出しました。

 

そしてパックでもするかのように、ザーメンを俺の顔に塗りたくってきました。

 

「私にゴックンやお漏らしさせたんだから、おあいこでしょ」

 

彼女は嬉しそうに笑い、携帯で撮影してきました。

 

「ブログに投稿するね」

 

そう言うと、勝ち誇ったような顔をしました。

 

そしてホテルの前で別れました。

 

それ以来、彼女とは会っていません。