Pocket

小学生姉妹
画像はイメージです

 

小学生の姉妹がチンポを見てニヤニヤ

 

僕は23歳のサラリーマンです。

 

仕事で疲れが溜まっていたので、リフレッシュしようと車を走らせ、郊外にある健康ランドに行ってきました。

 

休日ということもあり、結構混んでいました。

 

家族連れも多く、大きなお風呂をプール代わりに泳いで遊んでいる子もいました。

 

ジャグジーに浸かってまったりしていると、お父さんと思われる男性に連れられた女の子が2人入ってきました。

 

2人とも可愛らしい少女ですが、男湯に入るにはギリギリの年齢だと思います。

 

年齢制限がどうなってるのか気にしたことはありませんが、上の女の子は小学5年生、下の子は小学3年生くらいじゃないかと思います。

 

他の大人たちも、姉妹を見て少し驚いているようでしたが、姉妹は堂々としていて、素っ裸のまま隠そうともしません。

 

お父さんはすぐにシャワーを浴びに行きましたが、姉妹はかけ湯を済ませると大浴場をウロウロしています。

 

どのお風呂に入るか選んでいるのかと思いましたが、どうも様子が違います。

 

その目線は、確実に大人の男のチンポを見ていました。

 

こういう所では、タオルで股間を隠している人もいれば、堂々としている人もいます。

 

姉妹は、男たちが歩きながらブラブラ揺れるチンポを、ニヤニヤしながら見ていました。

 

マンコを見せつけている

 

すると何かを見つけたのか、お父さんの所に言って耳打ちしていました。

 

そしてまた戻ってくると、今度は大人数のお風呂に入り、浸かるわけでもなく、湯船を歩いてウロウロしています。

 

しかもさりげなく、立ったまま男の方を向いたりしていました。

 

つまり、湯船に浸かっている男には、小学生の女の子のマンコが丸見えのはずです。

 

姉妹は明らかに、自分たちのマンコを見せつけていました。

 

胸はまだペッタンコでしたが、マンコには毛がなくツルツルで、マン筋がくっきり見えています。

 

わざと見せ付けていることは、姉妹が妖艶な笑みで男を見ていることから分かります。

 

気まずそうに大人の男が退散すると、つまらなそうにお父さんの元へ戻り、また別のお風呂へ移動していました。

 

小学生とまではいきませんが、僕はAVなんかでもロり系のジャンルが好きなので、

 

(ラッキー)

 

と思い、なるべく距離を取って姉妹を目で追っていました。

 

するとお姉ちゃんの方と目が合ってしまい、その瞬間軽くチンポが反応しかけたので、急いで移動し、一番奥の腰かけ湯に行ってチンポをタオルで隠し、平静を装っていました。

 

しばらくすると、姉妹が僕の前のお風呂に入ってこちらをニヤニヤしながら見つめ、タオルの隙間から僕のチンポを覗いているように見えました。

 

横の方ではお父さんがシャワーを浴びていましたが、シャワーを終えるとお父さんは立ち上がり、露天風呂の方へ移動しました。

 

姉妹もそれを見て立ち上がり、お父さんの後を追うのかと思いきや、お父さんに耳打ちした後で、こちらに引き返してきました。

 

そして僕一人だけになった腰かけ湯に来て二人で遊び始め、僕の正面に立ったり、横で足を開いてみせたり、軽くぶつかってきたりしました。

 

僕からすると、嬉しいことばかりです。

 

しかし、チンポは反応し始め、タオル越しにも勃起してきたのが分かるくらいでした。

 

小学生の女の子が手コキ

 

するとその様子を見た妹の方が、

 

「お姉ちゃん、あのお兄ちゃんのタオルが動いたよ」

 

と僕に聞こえるようにわざとらしく言いました。

 

「本当?不思議だね」

 

とこちらをチラチラ見ながらお姉ちゃんが言うと、僕に近づいてきて、

 

「お兄ちゃん、おちんちんがどうかしたの?」

 

と話しかけてきました。

 

いきなり”おちんちん”というワードにびっくりして興奮しましたが、下手なことをして騒がれるとまずいですし、僕にはそんな度胸もないので、

 

「なんだろうね?」

 

と平静を装って軽く流すと、

 

「私たちの裸見て、おちんちん勃起しちゃった?」

 

とさらなるビックリ発言!

 

小学生の女の子から”勃起”という言葉が飛び出し、僕は興奮を抑えきれなくなりました。

 

そしてちょうど死角になっている場所に移動し、タオルを取って姉妹に勃起したチンポを見せました。

 

僕のチンポは、どちらかというと巨根の部類に入ります。

 

姉妹は僕の勃起チンポを見て驚いたように、

 

「すごい、お父さんよりおっきい」

 

と言っていました。

 

しかも、

 

「お兄ちゃん、触っていい?」

 

と聞かれました。

 

信じられない展開でしたが、興奮してチンポビンビンの僕に断ることなど出来ません。

 

僕が興奮気味に頷くと、二人の女の子はチンポを握ってきました。

 

「硬-い」

 

「すごい、あったかい」

 

とか言いながら、なんとチンポを上下に擦り始めました。

 

「おおっ、ふおっ」

 

たまらず小声で息が漏れてしまいました。

 

妹がチンポをしごきながら、お姉ちゃんは金玉を触ってきたり、亀頭を撫でてきたり・・・

 

姉妹2人で、楽しそうに僕のチンポを手コキしています。

 

この姉妹は手コキに慣れています。

 

おそらく、お父さんにもしてあげているのではないでしょうか。

 

そんなことを思いながら、僕は興奮が止まらなくなり、

 

「もっと強くしごいて」

 

とお願いすると、姉妹2人の手でチンポをギュッと掴み、上下に激しくしごいてきました。

 

もう堪りません。

 

僕のチンポは姉妹に見つめられながら、ドピュドピュ射精してしまいました。

 

ロリに嵌りそう

 

精液が飛び散らないように手でガードしていましたが、姉妹は射精の瞬間を見て、

 

「すごい!」

 

「いっぱい出た!」

 

とか言ってました。

 

急いでシャワーへ行くと、姉妹もついてきました。

 

すると、

 

「お兄ちゃん、気持ちよかった?」

 

と嬉しそうな顔で耳打ちされました。

 

僕が、

 

「気持ちよかったよ」

 

と言おうとしたところで、お父さんが隣に来て一気に緊張が走りました。

 

お父さんはニコニコした顔で、一言僕に、

 

「お風呂は気持ちいいですよね、また来たくなりませんか?」

 

と意味深なことを言ってきました。

 

僕は心臓をバクバクさせながら、

 

「そうですね」

 

とそっけなく答え、シャワーをさっと浴びてから逃げるように退散しました。

 

どういう意図があったのかは分かりませんが、お父さんは娘たちがやったことを知っていると思います。

 

信じられない経験をしましたが、僕はますますロりに嵌っちゃいそうです。