Pocket

激しいセックス
画像はイメージです

 

主人は大好きだけど欲求不満

 

私は30歳で三枝子といいます。

 

すでに人妻で、子どもは2人います。

 

実は私、異常に強いんです。

 

何がって?

 

性欲に決まってるでしょう!

 

主人のことは大好きで尊敬してるし、とっても愛しています。

 

でも、セックスだけは満たされないんです。

 

今では月2回ほどの営みしかなく、しかも単調なセックスなので欲求不満です。

 

本当は主人といっぱい乱れまくって、めっちゃエロいことしたいのに・・・。

 

でもセックスした時は嬉しくて、翌日は豪勢な朝食を作ります。

 

子供も勘づいてるのか、

 

「ママ、弟が欲しいな!」

 

などと言ってきます(笑)。

 

私から主人に

 

「もっとエッチなことしたい」

 

と言いたいんですが、やっぱりはしたないようで言えないんです。

 

パートから帰った後とか特にオマンコ疼いちゃって、オナニーもするんですが満足できません。

 

ネットで大人のオモチャを探してたら、いつの間にか出会い系サイトに誘導されていて、ついつい入会してしまいました。

 

そこで日ごろの欲求不満ぶりを、思いを込めて書込みました。

 

その時に知り合った男性2人とは、実際にあってセックスし、その後セフレ関係になりました。

 

主人とのセックスは愛情がありますが、セフレとのセックスに愛情はありません。

 

ただ、溢れんばかりの性欲をぶつけ合い、快楽を貪りあうセックスをするだけです。

 

行為が終わった後は、とても爽快感があります。

 

セフレとのセックスの後で家に帰ると、優しい気持ちと愛情で主人と子どもに接することができるのです。

 

私が浮気をすることで、家族円満にやっていけてるのです。

 

でも本当は、主人が私と同じで、セックスに貪欲であればといつも思います。

 

この事は、誰にも気付かれていません。

 

どんな親しい人にも話していません。

 

墓場まで持っていくつもりです。

 

主人をいっぱい喜ばせて私はオナニー

 

お盆に衝撃的な出来事がありました。

 

お盆の時に、主人の実家に家族みんなで行く予定でした。

 

ところが、パート先の同僚に不幸があり、代わりに私がどうしても出なくてはならなくなりました。

 

しかも上の子も友達からキャンプに誘われ、そっちに行きたいと言い出しました。

 

結局は主人と下の子だけで実家に行くことになりました。

 

主人は、

 

「仕方ないさ、事情が事情だもの。それに(上の子が)大きくなった証拠だよ。今までママのそばを離れなかったじゃないか」

 

と、相変わらず主人の優しさに感激し、その夜は主人に抱かれました。

 

私は、主人が喜ぶことをいっぱいしてあげました。

 

フェラチオにもたっぷり時間をかけ、タマタマも揉んで、舐めて・・・

 

主人は女の子のような喘ぎ声を出して、最後は私の中で射精しましたが、やっぱり私はイクことができませんでした。

 

普通は私もそこで眠りにつくのですが、その日の夜はなかなか寝付けず、火照りを抑えようとシャワーを浴びに行きました。

 

まだ乳首が勃起していて、触れるたびにビクッと感じてしまいます。

 

我慢しきれずに、浴室でオナニーしちゃいました。

 

クリトリスと乳首を弄り、声を押し殺して妄想にふけります。

 

「アアッ、あふ~、んっ、アッアッアッ、あぁぁ~」

 

めちゃくちゃにされたい!

 

おっぱいをグチャグチャに揉まれたい!

 

おちんぽをふやけるまで舐めたい!

 

でっかいおちんぽで突かれたい!

 

オマンコ壊れるほどズボズボされたい!

 

あ~ん、たまんなぁ~い!

 

頭が真っ白になってイッちゃいました。

 

営業マンと飲みに行くことに

 

翌日になって、主人と下の子を送り出し、上の子はキャンプに出かけ、私はパートに出かけました。

 

お盆の真っ只中ということもあり、かなり暇です。

 

もうすぐお昼になろうかという時に、営業の隆利君が来ました。

 

隆利君はウチ担当の営業マンです。

 

「あれ?隆利くんも仕事?」

 

「あ、三枝子さん!理恵さんはいます?頼まれた物持ってきたんすけど」

 

「それがねえ、理恵さんのとこ不幸があって今日は休みなんだ、代理であたしが来てんのよ」

 

ちょっと不機嫌そうに答えました。

 

「そうだったんですか、じゃこれ渡しといてもらえます?」

 

「了解!」

 

「三枝子さん、アイス食べませんか?今コンビニで買ってきたんですけど」

 

「いいね~暑いし、でも理恵さんと食べるつもりだったんでしょ?」

 

「まあ、そうですけどね・・・食べましょ!」

 

休憩所でアイスを食べました。

 

隆利くんは同世代なんですけど、みんなに可愛がられて下の名前で呼ばれています。

 

一度みんなで飲みに行ったこともあります。

 

「嫁と子どもが実家に帰っちゃって俺1人なんすよ」

 

「あたしもよ、ホントは今日は休みだったし」

 

「じゃあ、お互い今夜は1人?」

 

「飲み行こっか?」

 

「いいっすね、俺も今言おうとしました」

 

「あたしでいいの?」

 

「そんな、俺、三枝子さんタイプなんすよ」

 

「さすが営業マン、上手だね~」

 

「本当ですよ、なんなら・・・どうです?」

 

ニヤッと意味深な問いかけをしてきました。

 

思わず”ゴクッ”と喉を鳴らしてしまいました。

 

「えっ!?バカ!て、何時にする?」

 

「冗談冗談、仕事はこれで終わりだし、すぐでもいいですよ」

 

「じゃあ、あたし、ここでシャワーしていくから15時半に来て」

 

「オッケーっす」

 

ホテルへ入るなり彼は・・・

 

太陽がまだ照り付けてジンジンと暑い夕方、私と隆利くんは精をつけようと焼肉屋へ行きました。

 

キンキンに冷えたビールで喉を潤し、ホルモン系を食べて精をつけました。

 

2次会はカラオケに行き、声が枯れんばかりに歌いました。

 

「さっきのこと、ホントですよ」

 

「さっきって?」

 

「三枝子さんのこと好きだってこと」

 

「ありがとありがと、いいから、歌お」

 

すると隆利君から、いきなり唇を塞がれました。

 

私は力が抜けました。

 

されるがまま舌を絡め、そのままディープキスしました。

 

ハッと我に返りました。

 

「ちょっと隆利くん、酔ってるし、ダメ」

 

面食らってビックリしました。

 

「ちょ、ちょっと、ダメッ!」

 

またキスしてきました。

 

隆利君はキスしながら、私の背中を撫で回してきます。

 

私はトロンとしてしまい、エッチモードになっていきました。

 

ついつい、隆利くんの股間に手が伸びていました。

 

「三枝子さん!」

 

「ここはダメだから、ホテル行こ」

 

近くのラブホへ入りました。

 

部屋に入るなり、ディープキスで舌を絡め合います。

 

お互い汗ばんだ体で、激しく抱き合い、背中やお尻を撫で回します。

 

隆利くんは、何故か私の耳を執拗に触り、キスしてきます。

 

「俺、耳フェチなんです、三枝子さんの耳見てるだけで勃起しちゃうんです、何度も妄想オナニーしました」

 

耳元で囁かれ、なんだか愛おしくなりました。

 

隆利くんの服を脱がし、私も服を脱ぎます。

 

私からベッドに押し倒しました。

 

男の汗臭さが、たまらなく欲情します。

 

隆利君のおちんぽを咥えました。

 

性欲をぶつけ合い、快楽を貪りました

 

口に入れたままレロレロと亀頭を舐め回し、カリ首や裏筋にも舌を這わせます。

 

タマタマからアナルまで舐め回すと、おちんぽは男らしく隆々とそそり立っていました。

 

私は夢中でおちんぽに食らいつき、いやらしく舐めしゃぶるフェラチオで隆利君を責めました。

 

今度は隆利くんが私のオマンコに顔をうずめ、これでもかとジュルジュル音を立てながら舐めまわしてきました。

 

もう愛液が出まくって、オマンコはグショグショです。

 

さらにクリトリスに舌を上手に当て、オマンコに指を入れられ、グチャグチャに掻き回されます。

 

左手はおっぱいを揉みながら、指で乳首を弄られます。

 

性感帯をいっぺんに責められて、もう絶頂寸前です。

 

「うゃあああぁぁ~、ダメダメダメダッメッェェェ、手もやめないでェェェ~、もっともっとぐしゃぐしゃにしてェェ、めちゃくちゃにしてえェェ、イキそう、イキそうなの、イカせて、お願いイカせてェェェ~」

 

隆利くんの指が、オマンコの中の1番気持ちいい所を探りあて、クリトリスを舌で刺激しながら、乳首を強く摘ままれた瞬間、

 

「い、イッ、イッッくうゥゥゥ~!」

 

自分でもビックリするほど大きな声でイキました。

 

「三枝子さん、俺もう入れたい」

 

ギンギンに勃起したおちんぽが、私のオマンコに挿入されました。

 

「アッ、アッ、おっきいおちんぽ、もっともっと、あたしの中でおっきくなって、もっと掻き回してェェ~、気持ちいいのおォォォ~、硬いイィィィ、隆利君のおちんぽ熱いよおォォォ~」

 

「三枝子さんのオマンコも熱いよ、気持ちよくてチンポが溶けそうだよ」

 

「や~ん、嬉しいィィ、いっぱい締めてあげる!」

 

「うおっ、何これ、す、すげェェ~、ヤバイ、ヤバイよ、イッちゃう、俺イッちゃうよ」

 

「いいよ、あたしの中でいっぱい出してェェ」

 

「ウオーッ、イクうゥゥゥゥー!」

 

その夜は何回セックスしたか分かりません。

 

色んな体位でイキまくりました。

 

日ごろの欲求不満が爆発し、性欲をぶつけ合い、快楽をこれでもかと貪りました。

 

帰る時隆利君が言ってきたんですが、理恵さんがいなくて私がいるのを知ってて来たんだそうです。

 

本当に私のことが好きだったみたいなんです。

 

嬉しかったのであれから何度か隆利君とセックスしたけど、

 

「付き合おう」

 

とか

 

「プレゼントあげる」

 

とか、だんだん重たくなっていったんで別れました。

 

そういうのは求めてなくて、愛情は主人だけで十分なんです。

 

主人以外の男性とは、ただ激しいセックスがしたいだけなんです。