Pocket

逆痴漢
画像はイメージです

 

満員電車でちんこを擦られた

 

僕は高校2年生の時、歩美ちゃんという彼女がいました。

 

歩美ちゃんとは同じ中学に通っていましたが、クラスも一緒になったことはなく、可愛くて気にはなっていたんですけど、話す機会もなくて、中学の3年間は何事もなく終わりました。

 

ところが同じ高校に入学することを知り、しかも高校では同じクラスとなり、だんだん仲良くなって、高校2年になった時に付き合うことになりました。

 

僕は当然のように童貞でしたが、焦らずに歩美ちゃんとの純愛を大事にしていました。

 

付き合ってからは、同じ中学で家もわりと近いこともあって、駅で待ち合わせをして、一緒に電車通学することになりました。

 

僕たちが乗る駅は、座れるか座れないかいつもギリギリで、運が良いと座れるといった感じでした。

 

その次は大きな駅で、たくさんの人が乗り込んでくるので、一気に通勤ラッシュとなり、ほとんど身動き出来なくなります。

 

座る事ができない時は、いつもドアのそばに歩美ちゃんを立たせて、後ろに僕がぴったりとくっつき、変な男から痴漢されないように守っていました。

 

そんなある日、歩美ちゃんと僕のすぐ横に、20代半ばと思われる女性が立っていたので、ラッシュになっても痴漢が寄ってこれないと思い、その日は安心していました。

 

そして次の駅に到着した途端、いつものように大勢の人が乗り込んできて、電車内はあっという間に超満員になり、まったく身動き出来なくなりました。

 

歩美ちゃんはドアにくっついて、その後ろに僕が立っている状況です。

 

そして僕と歩美ちゃんの横に、ぴったりとくっつくように例の女性が立っていました。

 

ここまでは、痴漢から歩美ちゃんを守るという意味では、完璧な配置でした。

 

ところが、電車が動き出すとすぐに、ズボンの上から誰かが僕のちんこを触ってきたんです。

 

最初はカバンか何かが当たっているのかと思いましたが、明らかに手で触られていることが分かりました。

 

しかも意図的に僕のちんこを上下に擦ってきたんです。

 

僕は驚くと同時に、心臓の鼓動が高まりました。

 

まさか男である僕が痴漢されるなんて、想像もしていませんでしたから。

 

(一体誰が?)

 

歩美ちゃんは外側を向いて手摺りにつかまっているので、そんなことはで出来るはずもなく、するはずがありません。

 

ギュウギュウでしたが、僕はどうにかして下を向き、その手が伸びている方を見ました。

 

すると、先ほどから僕たちの横に立っていた、あの女性の手でした。

 

僕はその女性の顔を見ました。

 

すると、女性は不敵な笑みを浮かべて、僕の顔を見つめ返してきたのです。

 

すぐ近くに女性の顔があり、僕は慌てて目を反らしてしまいました。

 

やめて下さい、お願いします

 

僕はどちらかというと内気で、まだ高校生でもありましたし、初めての体験に恐くなってしまったのです。

 

僕が抵抗しないと分かったのか、その女性はさっきよりも力を入れて、ズボンの上から僕のちんこを上下に擦ってきました。

 

腰を引いて逃げたいところですが、僕のすぐ後ろにも人がいて密着状態なので、腰を引くこともできません。

 

意識しないようにしても、触られてるのでどうしてもちんこに神経がいってしまいます。

 

どんなに止めてほしいと思っても、ちんこを擦られれば体は反応してきて、徐々に勃起していきました。

 

すると今度は、女性は僕のちんこの亀頭を握り、揉んできたのです。

 

当然オナニーはしていましたが、童貞でしたし、女性にちんこを触られたことも無い僕には、とても刺激が強すぎました。

 

僕は思いっきり歯を食いしばり、声を出さないように刺激に耐えていました。

 

女性が亀頭を揉み始めてから、すぐにちんこは完全勃起してしまいました。

 

今までに味わった事のない強烈な快感が襲いながらも、僕は泣きそうな顔で女性の顔を見ました。

 

相変わらず不敵な笑みを見せながら、僕の顔を見続けています。

 

まるで、

 

(気持ちいいんでしょ?)

 

と言わんばかりの目です。

 

ちんこを揉みながら、僕の反応を見て楽しんでいるように見えました。

 

僕は歯を食いしばりながら必死に耐えているのですが、そんな事は素知らぬ顔で、容赦なく僕のちんこを揉み扱いてきます。

 

勃起した状態で亀頭を中心に揉み続けられれば、当然射精感が高まってきます。

 

僕は泣きそうになりながら再度女性を見て、かすれる様な声で、

 

「やめて、ください・・・」

 

と言いました。

 

すると女性は一旦手を離し、下向きになっていた僕のちんこを、グリグリと動かしながら上向きに持っていきました。

 

そして上向きになった僕のちんこを、指でさすったり、カリの部分を弄ったりして刺激を与えてきました。

 

右手は歩美ちゃんの肩にかけていたので、その手で阻止しようとしたのですが、距離が近すぎて手を下ろすことすらできませんでした。

 

女性にしてみれば、まさに思うがままといった状態です。

 

ちんこを弄られているうちに僅かに呼吸が漏れてしまいましたが、電車の音にかき消されて周りには聞こえていません。

 

しかし、次から次へ快感が押し寄せ、呼吸は荒くなるばかりでした。

 

しばらくちんこを指で弄られていましたが、今度はちんこを握って上下に扱き始めてきました。

 

これはもう堪りません。

 

散々弄られて敏感になったちんこに、さらに強い刺激を与えてきたのです。

 

声を出さないように必死に唇を噛み締めていましたが、徐々にやばくなっていきます。

 

この初めて味わう快感に打ち勝つことはできず、一気に射精感が込み上げてきました。

 

僕は思いっきり歯を食いしばり、体を震わせながら、やめてほしいことを伝える為に、女性の顔を見て首を横に振って弱々しく言いました。

 

「お願いします・・・」

 

するとその思いが通じたのか、女性は手を離してくれました。

 

ザーメンでグチョグチョ

 

ところがすぐに、思いもよらないことに女性が僕のズボンのポケットに手を入れてきたのです。

 

そしてそのまま、僕のちんこを握ってきました。

 

夏だったので、ズボンのポケットの生地も薄く、直にちんこを握られているような感覚でした。

 

射精寸前にまで刺激を受けた僕のちんこが、いきなり女性に握られたんです。

 

もう一気に射精感が込み上げてきて、我慢の限界でした。

 

女性はそんな僕の気持ちをシカトするかのように、ズボンの中でしっかりと握ったちんこを上下に動かし、シコシコと扱いてきたのです。

 

もう無理です。

 

それでもなんとか耐えようとはしましたが、5、6回扱かれただけでついに、

 

ドクン、ドクン、ドクッ、ドクッ

 

射精してしまいました。

 

足がガクガク震え、すっかり力が抜けてしまいました。

 

女性は射精が終わるまで、ちんこを扱き続けました。

 

僕のビクンビクンと反応している姿を見て、楽しんでいるようでした。

 

パンツの中なのに、容赦なくドクドクと射精しています。

 

ついにパンツの中は僕のザーメンでベトベトになり、気持ち悪い状態に見舞われています。

 

すると女性は、僕のパンツのゴムを引っ張り、パンツを浮かせて隙間を作るようにしてきたのです。

 

パンツの中に溜まっていたザーメンが、太ももを伝って流れていきます。

 

もう最悪な状態です。

 

射精が終わり、ちんこが萎えると、女性は

 

「フフッ」

 

と僕にしか聞こえない笑い声を残し、ポケットから手を抜き、ちょうど着いた駅で降り、逃げるように去っていきました。

 

僕のパンツの中は、ザーメンでぐちょぐちょになってしまい、とても学校に行ける様子ではありませんでした。

 

とりあえず彼女には

 

「気分が悪くなったんで今日は帰る」

 

と伝え、駅のトイレに駆け込みました。

 

トイレでズボンとパンツを脱ぐと、あちこちがザーメンでベトベトです。

 

男のプライドをズタボロにされ、屈辱と怒りと情けなさが入り混じって、涙が出てきてしまいました。

 

自分の大好きな彼女の真後ろで、見ず知らずの女性の手によって一方的にちんこを刺激され、強制的に射精させられたのです。

 

こんな屈辱はありません。

 

トイレットペーパーで拭いてから穿き、家に帰ると

 

「クリーニングに出す」

 

と母に言って、クリーニング屋さんに持って行きました。

 

夜になると、彼女が心配して電話してくれましたが、体なんてどこも悪くないし、本当のことなど言えるはずもありません。

 

本当に悪夢のような出来事でした。

 

しかし、そんな悪夢のような出来事があったにもかかわらず、翌日には更なる悪夢が待っていたのでした。

 

ちんこを引っ張り出された

 

翌日も、心配する彼女と一緒に通勤です。

 

不安はありましたが、昨日と同じ位置に乗り、かなり周りを見渡しましたが、その女性の姿は無くて、少し安心していました。

 

しかし、人がたくさん乗ってくる駅に着く直前に、一人こちらに向かって歩いてきて、昨日と同じように僕たちの隣に立つ人がいました。

 

その人の顔を見ると、なんと昨日の女性だったのです。

 

昨日も顔ははっきりと見ましたから、間違いありません。

 

(まさか・・・今日も?)

 

僕は心臓がバクバクしてきて、不安と恐怖心でいっぱいになりました。

 

しかし、女性は別の方向を向いていて、こちらには気がついてないような雰囲気でした。

 

昨日の女性には間違い無いのですが、まったく目を合わそうとしないので、

 

(今日は大丈夫なのかな?)

 

と一瞬だけ思ってしまいました。

 

やっぱり間違いでした。

 

早く気づいて移動するべきでした。

 

いつものようにギュウギュウ詰めになり、電車が動き出すと同時に、いきなり僕のちんこを握って、早速揉み始めてきたのです。

 

昨日と同じで腰を引くにも引けない状態なほど混んでいるので、なすがままの状態です。

 

彼女は僕が抵抗しないと分かっているのか、昨日よりも積極的にちんこを揉んできます。

 

歯を食いしばり、他の事を考えようとしましたが、やっぱり無理です。

 

どうしても神経はちんこに集中してしまいます。

 

(勃つな、勃っちゃダメだ)

 

昨日の悪夢を思い出し、心の中で強く祈りましたが、女性の手は巧みにちんこの敏感な部分を刺激してきます。

 

加えて童貞なので、あっという間に完全勃起してしまいました。

 

許しを乞うように女性を見つめましたが、昨日と同じように不敵な笑みで、勃起したちんこにグリグリと刺激を加えてきました。

 

とても強烈な刺激で、昨日よりも断然早く射精感が込み上げてきました。

 

すると女性は、信じられないことをしてきました。

 

一旦僕のちんこから手を離すと、女性はズボンのファスナーを下ろしてきました。

 

さらにファスナーの中に手をいれ、パンツ越しではなく、なんとパンツの中にまで手を入れてきました。

 

そして直接僕のちんこを握ったかと思うと、そのままグイグイ引っ張ってくるのです。

 

(そんな・・うそ?・・・うそでしょ?・・・)

 

動くこともできず、一方的にされるがままの僕のちんこは、女性の手によって、外に引っ張り出されてしまったのです。

 

彼女のスカートにザーメンが!

 

信じられませんでした。

 

混みあっている電車の中で、目の前には大好きな彼女がいるのです。

 

そんな状況の中で、僕は勃起したちんこを露出して立っているのです。

 

女性を見ると、チンポを握ったりしながら、僕の反応を見て楽しんでいるようでした。

 

女性は、僕の勃起したちんこの形を確かめるように、撫で回しながら触っています。

 

直接素手で触られているわけですから、童貞の僕には強すぎる刺激でした。

 

さらに女性は、僕のチンポをギュッと握ったまま、指で亀頭やカリの部分を弄ったりして、僕の反応を見ているようでした。

 

一瞬女性を睨み付けましたが、ちんこのカリ首を指でキュッキュッと擦られると、

 

「あぁ~」

 

とか細い声が漏れてしまいました。

 

再び目を瞑り、強烈な快感に必死に耐えようと踏ん張りました。

 

しかし女性は、男の感じるツボを熟知しているのか、亀頭やカリ、裏筋に巧みに指を使って責めてきます。

 

もう、どんどんと射精感が込み上げてきました。

 

このままだと、射精するのも時間の問題です。

 

僕は必死に女性を見ながら、

 

「お願いします・・・お願いします・・・」

 

と聞こえるか聞こえないぐらいの声で、涙目になりながら訴えました。

 

するとその女性は、ニヤッとした表情をして一旦手を離したかと思うと、僕の勃起したちんこをさらに強く握り、シコシコと扱いてきたのです。

 

昨日味わった手コキよりも、直接なので、さらに強烈な快感が僕を襲いました。

 

あまりの快感なので、声を出さないよう抑えるのに必死でした。

 

唇を噛み締め、目をギュッと瞑って堪えようとしたのですが、この快感には打ち勝つことはできませんでした。

 

7、8回扱かれただけで、

 

ドピュッ、ドピュッ、ピュッ、ピュッ

 

と勢いよく射精してしまいました。

 

足はガクガク震え、射精中に声が出るのを堪えるのに必死でした。

 

女性は昨日と同じように、全てのザーメンを出し終わるまでの間、ずっと僕のチンポを扱き続けます。

 

僕は射精が終わるまで唇を噛み締め、目を瞑って快感に耐えていました。

 

射精が終わると、女性はちんこの先を何やら布のような物で拭き始めてきました。

 

少し落ち着いて僕が目を開けると、信じられない光景が目に飛び込んできたのです。

 

歩美ちゃんの制服とスカートが、僕のザーメンでベトベトに汚れていたのです。

 

ちんこの先は布で拭いていたのではなく、彼女のスカートに擦り付けていたのです。

 

最後の一滴までザーメンを搾り出し、それを歩美ちゃんのスカートに擦り付けていたのです。

 

手コキがトラウマに

 

頭の中が真っ白になりました。

 

もう、どうしていいのか分かりませんでした。

 

(どうしよう?どうしよう?)

 

僕はパニックになりながら、対策を考えていました。

 

女性に対する怒りよりも、今の状態をなんとかしなくてはいけません。

 

僕のザーメンがべっとりついた制服のまま、歩美ちゃんを学校に行かせる訳にはいきません。

 

それよりも外を歩かせることすらできません。

 

駅に着くと、女性はまた逃げるように去って行きました。

 

僕は駅を出て、急いで人気の少ないところまで歩美ちゃんを引っ張って行きました。

 

時間もないし、言い訳なんか何も思いつきません。

 

僕は昨日と今日の出来事を正直に彼女に話し、何度も謝りました。

 

見ず知らずの女性に逆痴漢に遭い、その女性の手コキで強制的に射精させられ、歩美ちゃんの制服やスカートを僕のザーメンで汚してしまったことを話しました。

 

大好きな彼女でしたので、これがきっかけで別れてしまうかもしれないと思い、泣きながら謝りました。

 

すると彼女も、真剣な僕の話を信じてくれたみたいで、目から涙を流し、

 

「シュンくん(僕)が悪いんじゃないよ」

 

と言ってくれました。

 

しばらく泣いた後、歩美ちゃんの表情が怒りに満ちてきて、

 

「その女、絶対に許せない」

 

と言いました。

 

次の日から、歩美ちゃんはドアに背を向け、僕と向き合う形で電車に乗りました。

 

近づく女性に睨みをきかせ、これまでとは逆で、僕が歩美ちゃんに守られているような状態です。

 

結局それから、その女性と会うことはありませんでした。

 

その後、僕と歩美ちゃんはどんどん愛し合うようになり、セックスもするようになりました。

 

ますます歩美ちゃんのことが好きになりましたが、大学は別々になり、お互いが忙しくなって、いつしか僕たちは別れることになりました。

 

あんな状況でも、僕を嫌いにならないでいてくれた歩美ちゃんへは、今でも感謝しています。

 

そして、あの屈辱的な経験をさせてくれた女性も忘れることができません。

 

男としてのプライドを切り裂かれ、いまだに思い出す度に怒りが込み上げてきます。

 

僕も今では新しい彼女とうまくやっています。

 

しかし、逆痴漢で手コキされたことがトラウマになりましたが、あれから手でしてもらうことに異常な快感を覚えたのも事実です。

 

この性癖のせいで、いつ彼女に別れを切り出されるか心配でもあります。