Pocket

娘の彼氏を寝取る
画像はイメージです

 

娘がいないので私が彼氏を誘いました

 

私は41歳の主婦です。

 

高校2年生の娘がいて、友美といいます。

 

娘には、21歳の大学生の正雄君という彼氏がいます。

 

正雄君が大学1年で、友美が中学三年の時、知り合いから紹介されて、家庭教師をしてもらうことになりました。

 

正雄君は教え方が上手みたいで、そのおかげで友美は、難関と呼ばれた高校に受かることができました。

 

しかもその後、二人は交際を始めました。

 

正雄君が家庭教師だったので、家に遊びに来ても違和感もなく、自然な感じでおよそ2年が経とうとしていました。

 

夏休みの8月のある日、友美が女友達と出掛けている時のことでした。

 

正雄君が友美を映画に誘いに来ましたが、友美は忘れていたみたいで、

 

「出掛けてるわよ」

 

と告げると、正雄君はがっかりした様子でした。

 

私は時間に余裕があったので、ダメ元で、

 

「その映画おばさんも見たかったから、よかったら一緒に行かない?」

 

と誘ってみると、意外なことに正雄君はあっさりOKしてくれました。

 

誘っておいてなんですが、私はかなり驚きました。

 

それからなんだか私の方がドキドキしてしまいました。

 

「ちょっと待っててね」

 

と言って部屋にもどり、軽く化粧をして、ちょっと若く見える服装に着替えました。

 

「お待たせ」

 

玄関で待ってくれていた正雄君に声をかけると、

 

「おばさん、綺麗ですね」

 

なんて言ってくれました。

 

そんなこと言われたのは、若いころ以来なので嬉しくなり、

 

「じゃ、今日は私とデートだね、本当にいいの?」

 

と一応、念を押してみましたが、

 

「もちろんですよ、おばさんとデートできるなんて、めっちゃ嬉しいです」

 

私はもう舞い上がりそうでした。

 

家を出ると、

 

「奥様どうぞ」

 

と正雄君は笑いながら助手席のドアを開けてくれて、私も

 

「ありがとうボーイさん」

 

なんてふざけ合って、正雄君のRV車に乗りました。

 

映画を見ながら触りあいました

 

郊外のシネコンでラブストーリーの映画を見てたんですが、正雄君はずっと私の手を繋いでくれてました。

 

久しぶりにトキメキを感じながら、ゆっくりと正雄君の肩に頭を寄せると、肩に手を回してくれました。

 

もう完全にカップル状態です。

 

私の中で、”女”が呼び起こされてきました。

 

切ないラブシーンに刺激を受けたのもあるかもしれません。

 

周りもカップルだらけでしたが、みんな同じような姿勢で映画を見ています。

 

私は、スクリーンをじっと見ている正雄君のほっぺに、軽くキスをしました。

 

私の肩に回している正雄君の手が、ギュッと強くなったのが分かりました。

 

私はその手を、ゆっくりと自分の胸に持って行きました。

 

さすがに正雄君はびっくりしたみたいで、耳元で

 

「おばさんまずいですよ」

 

「私は正雄君の事が好きなの」

 

正雄君はゴクリと唾を飲み込んだみたいです。

 

私のブラウスのボタンを1つ、2つと外し、ゆっくりと胸に手を入れてきました。

 

ブラの上からですが、ぎこちない手つきで揉んできました。

 

私は少し前かがみになり、ブラのホックを外しました。

 

正雄君は直接胸に触り、さっきよりも大きく揉み始めました。

 

乳首を指でクリクリ弄られた時は、思わず声が出そうになってしまいました。

 

私はズボン越しに正雄君の股間に手を当て、軽く擦ってあげると、徐々に硬くなっていくのが分かりました。

 

映画はクライマックスを迎え、エンディングが近づいてきたようです。

 

周りのカップルたちが動き始めたので、服を整え直して正雄君の手を離しました。

 

シネコンを出ると、正雄君が切なそうな顔をしてました。

 

「二人きりになれるとこに行こっか」

 

私は、自分でも信じられないくらい大胆になっていました。

 

フェラしてあげるとすぐに射精しました

 

映画館から程近いラブホテルに入りました。

 

ホテルの部屋に入ると、正雄君はいきなり私に抱きついてきました、

 

「おばさん、もう我慢できない」

 

と興奮気味に言って、キスを求めてきました。

 

ディープキスしながら、正雄君は私の体を撫で回してきます。

 

私もすぐにでも裸になって彼に、

 

(抱かれたい)

 

という気持ちを押さえ、

 

「ちょっと待って、事の前にはシャワーを浴びさせるのが大人の男性の礼儀よ」

 

と言いました。

 

私は先に浴室へ行き、シャワーを浴びました。

 

ホテルのガウンだけを素肌に着て出ると、今度は正雄君にシャワーを勧めました。

 

正雄君がシャワーを浴びてる時間は、ほんの数分でしたが、この時間ずっとドキドキしていました。

 

冷静になって、室内にある自販機でコンドームを買い、ジュースを飲みました。

 

正雄君もガウンを着て出てきましたが、ベッドに座ると、私は彼のガウンを脱がせてキスをしました。

 

「慌てないで、私が気持ち良くしてあげるから」

 

正雄君の股間を見ると、おちんちんはピンピンにそそり立っていました。

 

私はキスしながら、正雄君のおちんちんを握ってゆっくり擦ると、私のガウンを脱がそうとしてきました。

 

私はその手を払いのけ、

 

「まだダメよ」

 

と焦らしました。

 

正雄君をベッドに横にさせ、私はキスしてから首筋、乳首と下に移動しながら舐めていきました。

 

正雄君の息が荒くなっています。

 

「はぁ~、あ~」

 

とか聞こえてきましたが、そのまま下半身に移動して、おちんちんを咥えました。

 

「あーっ、ふおーっ」

 

とさっきよりも声が大きくなって、気持ちいいみたいで腰がモゾモゾ動いていました。

 

私は正雄君の反応が嬉しくて、夢中でフェラチオしちゃいました。

 

すると、我慢できなくなったみたいで、

 

「もうダメです!」

 

と叫んだかと思うと、あっという間に射精してしまいました。

 

もう私の彼氏です

 

「ふふ、若いのね」

 

とあくまでも

 

(私がリードしてるのよ)

 

という姿勢を保ったまま、またフェラチオをするとすぐに勃起しました。

 

若いおちんちんは凄いです。

 

私はガウンを着たまま正雄君のおちんちんにコンドームを被せ、騎乗位の体制になりました。

 

ゆっくりと腰を下ろし、オマンコにおちんちんを沈めていきます。

 

オマンコの奥深くまで刺さっているのが分かります。

 

「あ~、気持ちいい」

 

私は正雄君にガウンを脱がせてもらい、下から突いてもらいました。

 

突いてもらいながら、私もその動きに合わせるように腰を動かしました。

 

「おばさん、凄い!」

 

「あっ、あっ、私も、感じちゃう!」

 

自分でも訳が分からなくなるほど、乱れてしまいました。

 

次は正雄君に、バックから入れてもらいました。

 

主人はこの体位が好きじゃないので、やってみたかったんです。

 

後ろから突きながら、正雄君は私の胸を思いっきり揉んできました。

 

ちょっと痛いくらいですが、それもまた興奮します。

 

首をひねりながらキスをすると、さらに高揚感を高めます。

 

その後は正常位で正雄君に思い切り動いてもらい、一緒にイキました。

 

射精した後、正雄君は私に覆いかぶさって、ギュッと抱きしめてくれました。

 

私も思いっきり抱きしめました。

 

すごい幸せでした。

 

正雄君のおちんちんはまだ物足りなそうでしたが、そろそろ帰らなくてはいけないので、名残惜しかったですが、ホテルを出ました。

 

家の近くで車を降りました。

 

「おばさん、またデートしてくれますか」

 

「もちろん、いいわよ」

 

と答えてしまいました。

 

家に戻ると、すでに友美が帰っていました。

 

娘の顔を見た途端、かなりの罪悪感を感じました。

 

(ごめんね友美、正雄君を誘惑してしまったわ)

 

そう思いつつも、後日、また正雄君とホテルでいっぱいセックスしました。

 

もう正雄君は私の彼氏です。