Pocket

ダブルフェラ
画像はイメージです

 

課長と先輩のおちんちんをフェラチオ

 

みんな帰った会社内で、アラフォーの上司と30代前半の先輩男性、それから後輩の女の子と私だけが残っています。

 

私は30歳で後輩の女の子は20代前半です。

 

「ちょっと休憩しようか」

 

課長のこの言葉は、お決まりの合図です。

 

私は全裸になり、課長の席に近づくと、

 

「失礼します」

 

と言って、椅子に座っている課長の前にしゃがみ込みます。

 

ズボンのジッパーを下げ、まだ柔らかいおちんちんを取り出し、思いっきり臭いを嗅ぐと、酸っぱい臭いがします。

 

さらに舌先でペロンと舐めると、しょっぱい味がするんです。

 

最初の頃は、その臭いと味が嫌いだったんですが、いつのまにか慣れてしまい、臭いがきつくないと物足りなくなってしまうほどになりました。

 

特に好きなのは、タマ袋と肛門の間の”蟻の門渡り(ありのとわたり)”と呼ばれる箇所の臭いです。

 

そこに鼻を押し付けて臭いを嗅ぎながら、アナルをペロペロ舐めさせられるのが大好きなんです。

 

もちろん、タマタマもおちんちんも、いっぱい舐めます。

 

課長にフェラチオしながら隣を見ると、私と同じように後輩の女の子が、先輩男性のおちんちんを夢中でしゃぶっています。

 

他人のフェラチオ見てると凄い興奮して、

 

(負けてられない)

 

て勝手に思って、音立てながらおちんちんベロンベロン舐めちゃいます。

 

課長たちはネクタイまで締めているのに、私たちは全裸でフェラチオ奉仕させられます。

 

なんだか不思議ですけど、エッチな気分になります。

 

時には、パソコン入力の仕事している同僚の机の下に潜り込んで、フェラチオさせられることもあります。

 

課長たちは普通の顔して仕事してるのに、女性の私たちだけ全裸になってフェラチオしているのです。

 

変だけど興奮します。

 

クライアントからの電話に出ている時に、いきなりバックからおちんちん入れられたこともあります。

 

あの時はさすがに焦りました。

 

だって、思わず声が出ちゃうんですもの。

 

私はスレンダーですが貧乳なので、おっぱいを責められるとかはあまりありません。

 

唇で乳首やおちんちん、アナルを奉仕させられることの方が多いですね。

 

でも後輩はおっぱいもお尻も大きいので、先輩男性にいっぱい触られて、揉まれて、いつも

 

「あん、ふうん」

 

とか声出して感じちゃってます。

 

ちょっと羨ましいし、悔しいです。

 

でもそれは仕方ないので、私はテクニックでは負けないように、いっぱいペロペロしてあげます。

 

この前なんか、先輩が後輩の子に中出しした後、抜いたばかりのおちんちんを綺麗にお掃除フェラしたこともありました。

 

いま考えるとグロいんですけど、なぜかその時は自分から咥えちゃいました。

 

ザーメンやマン汁が混ざってヌメヌメしてるんですけど、やっぱり臭いの虜になっているのか、何のためらいもなくしゃぶり、美味しいとさえ思いました。

 

ザーメン飲むのが大好き

 

おしっこを飲まされたこともあります。

 

セックスの後に、

 

「お疲れ様」

 

って先輩に差し出された私の湯飲みには、なにやら黄色い液体が注がれていました。

 

でも臭いですぐにおしっこと分かります。

 

その臭いに誘われるように、一気に飲み干しました。

 

苦かったです。

 

そんなに苦ではありませんでしたが、やっぱり飲むならザーメンがいいです。

 

ザーメン飲むのは後輩の子も好きなので、口の中に射精してもらった後、口移しで交換したりすることもあります。

 

口移しを何度も繰り返していると、唾液が混ざって薄まり、飲み込む時も喉に引っ掛かからずに、ごくりと飲めます。

 

いつも課長は先に帰ってしまうので、それからは私と後輩で先輩男性を責めます。

 

先輩は、後輩にはしないんですけど、なぜか私には必ずクンニをしてくれます。

 

ビラビラを指で開いてオマンコに舌を入れてきたり(実は苦手)。

 

クリトリスを舌先でレロレロしてきたり(これは大好き)。

 

いっぱい舐めてくれて、必ず私がイクまでクンニしてくれます。

 

私がイッたのを確認すると、オマンコにズブズブとおちんちんを入れてきます。

 

先輩のおちんちんは、太さはそうでもないですけど、長いのでオマンコの奥に当たるんです。

 

これがちょー気持ちいいの。

 

何度もズボズボピストンさせて私を感じさせてくれてから、いつも口の中に射精してくれます。

 

時々喉の奥にビュッと当たってムセることもあるけど、ザーメンはとっても美味しいです。

 

いっぱい飲ませてくれたお礼に、今ではお掃除フェラしてあげてます。

 

自分の愛液でドロドロになったおちんちんを優しく舐めてあげ、綺麗になったところでカポッと咥えます。

 

ジュルジュル音を立ててしゃぶると、先輩は喜んでくれます。

 

最後におちんちんの先に唇を当ててチューッとバキュームすると、ジュルッとザーメンの残りが口の中に入ってきます。

 

おちんちんとザーメンをいっぱい堪能できて、幸せな気持ちになります。

 

3Pで1本のおちんちんを交互に入れてもらいます

 

それまでは別々でしたが、最近は後輩の子と一緒にプレイするようになりました。

 

1本のおちんちんを女二人で舐めます。

 

おちんちんとタマタマを交代でペロペロ舐める感じです。

 

なんだかすごいエッチな光景ですよね。

 

先輩も、

 

「夢みたいだ」

 

って喜んでくれてました。

 

いっぱいダブルフェラした後は、おちんちん入れてもらいます。

 

二人で四つん這いになってお尻を突き出すと、先輩が後ろから交互に入れてくれるんです。

 

先輩は優しくて、おちんちんの入っていない方は指でオマンコを弄ってくれます。

 

もちろんおちんちんの方が気持ちいいですけど、手マンもかなり気持ちいいです。

 

私たちは競うように、

 

「オマンコ気持ちいい~」

 

とか

 

「おちんぽ当たってる~」

 

とかいやらしい言葉を口に出し、女同士でキスしたり乳首弄ったりしながら絶頂に達します。

 

もちろん先輩も一緒にです。

 

先輩が後輩の背中にドピュドピュ射精した時は、私がそれを背中に塗り伸ばして舐め回しました。

 

そして背中を舐めながら、オマンコまで舌を這わせました。

 

私が下になって濡れた陰毛を唇で挟んで引っ張ったりしてたら、いつの間にか後輩が覆いかぶさってきて、私のオマンコを舐めてきました。

 

女同士でシックスナインの体勢になっていました。

 

それを見ていた先輩が、

 

「お前たちエロすぎるよ」

 

とか言って喜んでいました。

 

見ると、またおちんちんが復活していたので、後輩とむしゃぶりついて、またそれから・・・

 

書いているうちに思い出してきて、オマンコがグチュグチュに濡れちゃいました。

 

あー、また早くザーメン欲しいなぁ。