Pocket

ディープキス 手コキ
画像はイメージです

 

子作りしてるの?

 

僕と妻は同い年の26歳で、妻には2歳年下の妹がいます。

 

妻と付き合っていたころに、妻の実家に行くと妹がいることもありましたが、挨拶するくらいで殆ど話した事はありませんでした。

 

そして義妹もしばらくして結婚し、子供を出産しました。

 

それからは育児相談とかで、我が家に週3ぐらいのペースで来るようになりました。

 

僕ともよく話すようになり、冗談も言ったりするぐらいになりました。

 

そんなある日、義妹から連絡がありました。

 

なんでも、旦那が仕事で家に居ない時に、通販で頼んだソファーが一人で運べないから手伝ってほしいとのこと。

 

妻からも、

 

「手伝いに行ってあげて」

 

と言われて、僕1人で義妹の家に行きました。

 

ソファーのセットが終わり、お茶を飲みながら話していると、義妹がいきなり、

 

「お義兄さん二人目の子供は作らないの?というか子作りしてるの?」

 

と、なんとも答えずらい質問をしてきました。

 

「いやー、子作りどころか、その、最近は触れてもいないよ」

 

「そうなの?お義兄さん可哀相、姉ちゃんは酷いなー」

 

なんて言ってましたが、その後は普通の会話をしていました。

 

しばらくしてから、

 

「そろそろ帰ろうかな」

 

と言って席を立とうとしたら、義妹が立ち上がって、

 

「ちゃんとお礼するから、目を瞑って」

 

と言われ、意味が分からないけど言う通りに目を瞑ると、突然義妹がキスをしてきました。

 

僕はビックリして目を開け、

 

「うわっ!ちょ、ちょっと」

 

と言うと、義妹はニコッと笑いながら、

 

「ごめん、びっくりした?今度はちゃんとお礼するから、もう一回目を瞑って」

 

とまた言ってきましたが、さすがに2度同じことはしないだろうと思って目を瞑ると、またキスしてきました。

 

お義兄さん、溜まってるんじゃない?

 

オロオロして目を開けると、今度は抱きついてきて思いっきりキスされ、舌も絡めてきました。

 

妻の妹だからと冷静になって理性を保っていましたが、僕はフェラチオよりもディープキスが大好きなので、こうなると理性など吹き飛び、夢中で義妹の口に舌を絡めていきました。

 

この時は妻の事など頭から消え、義妹と濃厚なディープキスを堪能しました。

 

しばらくキスして唇を離したら、僕のチンポはフル勃起状態で、義妹はズボンの上から確かめるように触ってきました。

 

ここまで来ると、もう後は成るように成れです。

 

今度は僕から唇を吸って舌を絡め、義妹の服を脱がしにかかります。

 

脱がせ終わると、続いて義妹が僕の服を脱がしてくれました。

 

僕のギンギンに勃起したチンポ見ると、嬉しそうに笑いながら、

 

「お義兄さん、よっぽど溜まってるんじゃない?」

 

と言って数回手で擦り、しゃがみ込んでフェラチオを始めました。

 

僕は妻の妹という事を思い出しましたが、それが逆に興奮してしまい、思わず

 

「おおぉぉ、うあぁぁ」

 

とか情けない声を上げて、義妹のフェラチオに酔いしれていました。

 

おそらく普通のフェラチオだと思うんですが、妻の妹という背徳感があって、いけない事だと分かっているから気持ちがいいのかもしれません。

 

僕は足を伸ばして力を入れ、

 

(このまま口の中で射精しようかな)

 

と思ってしまいました。

 

残念ながら口内射精には至りませんでしたが、義妹は金玉袋までも丹念に舐めてくれました。

 

ゴムを付けずに生で挿入

 

フェラチオが終わると、今度は僕が義妹を責める番です。

 

義妹はCカップで、妻よりは少し小さかったですが、乳首も小ぶりで綺麗なおっぱいでした。

 

おっぱいを揉みながら乳首をチロチロと舐めると、義妹は恥じらう様に小さな声で、

 

「うん、あっ、あぅん」

 

と喘いでいました。

 

その姿がとても可愛く見えて、さらに興奮した僕は義妹に

 

(早く挿入したい)

 

と思ってしまいました。

 

それから下半身の方に手を伸ばしていき、クリトリスを指で愛撫した後、オマンコに指を入れました。

 

義妹のオマンコは、子供を産んだわりにはきつく、中指一本しか入らなかったので、仕方なく手マンを止め、クンニしようと顔を近づけて行くと、

 

「いやん、恥ずかしいの、ダメ」

 

て言われましたけど、興奮しているし、舐めたいし、無視してオマンコを隠そうとする義妹の手を払いのけ、夢中で舐めまわしました。

 

ベロンベロン舌を使って、オマンコからクリトリスまで舐めまくりました。

 

義妹も最初は抵抗していましたが、だんだん気持ちよくなっていったみたいで、大胆に喘ぎ出しました。

 

義妹のオマンコにすぐにでも挿入したい僕は、義妹にコンドームを要求しましたが、

 

「ゴム使ったのが旦那にバレるかもしれない」

 

と言われたので、コンドームは付けずに生で挿入する事になりました。

 

嬉しいですが、

 

(さすがに妻の妹とはまずいだろう)

 

と思いながらも、目の前にオマンコがあって僕のチンポはギンギン状態です。

 

断れるはずがありません。

 

義妹のオマンコにチンポを挿入した瞬間、僕は

 

「おおぉぉ、うお、ふほー」

 

と変な呻き声を上げてしまい、義妹に笑われてしまいました。

 

お義兄さんの子供が欲しい

 

義妹のオマンコがありえないぐらい締め付けてきました。

 

過去にもオマンコの締まりがいい女性とセックスした事がありましたが、やはり義妹という相手だからか、あまりの気持ちよさに、あまり腰を動かす事が出来ませんでした。

 

射精しない程度の速さで腰を振りながら、キスしたり、義妹の口に唾液を流し込んだりしていました。

 

義妹は嫌な顔せずに僕の唾液を受け入れてくれて、唾液フェチの僕は腰を振るよりもこっちの方に余計興奮しました。

 

ずっと正常位の体勢で、ディープキスをしながら義妹のキツいオマンコを堪能していました。

 

義妹も最初は僕の動きに身を任せていましたが、次第に自分から足を上下に動かしたり、腰を動かしたりしてきたので、余計に気持ちよくなって射精感が込み上げてきました。

 

「やばい、締まりすぎ、イキそう、お腹に出すよ?」

 

そう言うと、

 

「お義兄さん、中で出していいよ、中出しして欲しい」

 

と予期せぬ返事が返ってきました。

 

その瞬間に妻の妹という現実を思い出し、めちゃくちゃ中出ししたい欲求を抑えて、義妹のお腹にドッピュンドッピュンとありえないぐらいの精液を放出しました。

 

「こんないっぱい中出しされてたら、すぐに子供出来ちゃうかもね」

 

と義妹に笑われてしまいました。

 

ちなみに義妹は初めて会った時から僕の事を好きだったみたいで、妻には

 

「かっこいい」

 

とか、

 

「姉ちゃんが羨ましい」

 

とか言ってたのを妻からも聞きました。

 

調子に乗った僕は、今でも義妹と時々セックスしてます。

 

義妹とのセックスも慣れてきて、お互い相性がいいのか、プレイ内容も過激になってきました。

 

しかも最近では、

 

「お義兄さんの子供が欲しい」

 

とまで言われ、ついつい中出ししてしまってます。

 

やばいと思いながらも止められません。