Pocket

女子高生 騎乗位
画像はイメージです

 

女子からの告白を断ったらヤンキー女子に囲まれた

 

僕が中学3年生の時の話です。

 

当時僕は、卓球部のキャプテンをしていました。

 

ある日、女子卓球部のキャプテンのヒトミから、

 

「付き合って欲しい」

 

と告白されました。

 

同じ卓球部のキャプテン同士で話をすることも多く、ヒトミは活発な女の子だったんですが、僕はあまり好きではありませんでした。

 

彼女は結構わがままで、勝手にいろんなことを決めたりするので、うんざりすることもあったんです。

 

するとその翌日、なんと同じ卓球部の千鶴からも告白されました。

 

千鶴は元々タイプではなかったので、すぐに断りました。

 

しかし、それが逆レイプと童貞喪失の始まりだったのです。

 

数日後ヒトミが、

 

「洋一、今日部活終わったら、ちょっと時間くれない?」

 

また、有無を言わさぬような言い方をしてきます。

 

「ああ、まあ、いいよ」

 

本当は気が進まないけど、いつものことです。

 

そしてその日は土曜で、部活が終わるとすぐにヒトミがやって来て、

 

「洋一、行こう」

 

「へ?どこへ?」

 

「いいから付いて来てよ」

 

なんの用事なのかまったく分からず、ヒトミに引っ張られていきました。

 

「どこ行くんだよ」

 

「体育倉庫、ちょっと用意したいものがあって、男手が必要なの」

 

仕方なくヒトミに付いて行きました。

 

「何をすんだよ?」

 

「ちょっと移動させたいものがあるの」

 

ガラガラガラ・・・・・

 

体育倉庫のドアが開きました。

 

中は真っ暗で何も見えません。

 

するといきなり、後ろからヒトミに押し倒されました。

 

「うわーっ!」

 

さらに急に何人かがあらわれ、僕を押さえつけてきたんです。

 

あまり力が強くない僕は、おそらく両手両足を1人づつで押さえ付けられました。

 

「イテテテッ、何するんだよ!」

 

後ろで体育倉庫の扉が閉まる音がして、鍵をかける音も聞こえました。

 

どうやら女子ばかりみたいでした。

 

そして素早くロープで手と足を縛られ、僕は身動き出来なくなりました。

 

「もういいわよ」

 

ヒトミの声でした。

 

すると一斉に電気が付けられ、女子5人に囲まれていることが分かりました。

 

そして先日、告白を断った千鶴もいました。

 

残りの女子は、由梨、富子、彩の3人でした。

 

みんな知っている顔で、しかもこの中学のヤンキー女子でした。

 

裸にされてチンコを扱かれた

 

ヒトミが、

 

「あんたこの間、千鶴をフッたんだって?」

 

「何様のつもりなんだよ」

 

「どれだけ千鶴が傷ついたか分かんのか?」

 

ヤンキー女子達から罵声を浴びせられました。

 

すると富子が、

 

「今日はたっぷりいじめてやるからな、始めるよ」

 

富子がそう言うと、千鶴からビンタが飛んできました。

 

「好きだったのに、格好悪いね」

 

すると富子が、

 

「千鶴がどれだけ恥かいたか、今からお前に教えてやる」

 

するとまわりの女子が、

 

「どうすんの?」

 

と聞くと富子が、

 

「服を脱がしちゃえよ、結構いい体してるみたいだし」

 

「ちょ、ちょっと待てよ!」

 

僕は抵抗しましたが、縛られているのでどうすることもできませんでした。

 

なすすべなくジャージを脱がされ、上半身裸にされました。

 

「へぇー、いい体してんな、下も脱がせろ」

 

ジャージとパンツを一気に足元まで下げられ、なんとも情けない格好にされました。

 

「なにすんだ、やめろー、許さねーぞ!」

 

するとヒトミが、

 

「まだ何も始まってないじゃない」

 

と僕の顔を見て、ニヤニヤしていました。

 

そして、

 

「じゃあ始めよっか」

 

ヒトミが僕のお腹の上に乗ってきて、

 

「なかなかいいもの、持ってんじゃん」

 

と僕のチンコを握り、上下に擦り始めました。

 

「うわっ!な、何を・・・やめろー!」

 

しかし、僕のチンコは意に反して、どんどん勃起していきました。

 

「千鶴、よーく見ときな」

 

ヒトミは持っていたローションを僕のチンコに垂らし、またシゴき始めると、千鶴を呼び、強引に僕のチンコを握らせました

 

千鶴にもシコシコされると、僕もじわじわと気持ちよくなり、チンコはフル勃起してしまいました。

 

千鶴の手コキは、自分でセンズリするよりも、何倍も気持ちよく感じました。

 

「ああっ、やめろっ、出るっ、出ちゃう~」

 

僕はそのまま、ビュッ、ビュッと射精してしまいました。

 

シックスナインから口内射精

 

するとヒトミが、

 

「どうだった?気持ちよかっただろ?」

 

と言ってきました。

 

「千鶴、あんたエッチしてみなよ」

 

「えっ!私が?」

 

「そうだよ、こんなチャンスないよ、この前、エッチしてみたいって言ってたじゃん」

 

「で、でも私、なんか怖い」

 

「大丈夫、大丈夫、私が教えてやるから」

 

そう言ってヒトミは、由梨にパンツを脱いで僕の顔にまたがるよう指示しました。

 

僕の顔に由梨のオマンコが押し付けられました。

 

「洋一、ちゃんと舐めな」

 

仕方なく由梨のオマンコを舐めると、

 

「あ~ん、気持ちいい~」

 

と感じながら、オマンコを僕の顔に擦り付けていました。

 

そしてヒトミが、千鶴にパンツを脱ぐように指示しました。

 

由梨と交代して、僕の顔の上に千鶴のオマンコが押し付けられました。

 

ちょっとオシッコ臭かったですが、千鶴のオマンコを舐めました。

 

すると千鶴も、

 

「あっ、あっ、気持ちいいっ」

 

と恥ずかしそうに小さな声を出して感じていました。

 

するとヒトミが、

 

「千鶴、もっと声出していいだよ」

 

「あーっ、気持ちいいー!」

 

千鶴の声に僕はさらに興奮し、射精して萎えていたチンコが再び勃起しました。

 

ヒトミが、

 

「千鶴、チンコ舐めてみな」

 

と言うと、千鶴の手は僕のチンコを掴み、ちょうどシックスナインの体勢になって、フェラチオを始めました。

 

それはもう、経験したことのない快感でした。

 

クンニされていて大胆になってたのかもしれませんが、千鶴のフェラチオは結構激しく、これ以上ないくらい気持ちよかったです。

 

さらにヒトミがローションを垂らしていたので、手でもシゴかれると、ヌルヌルがさらに気持ちよく、さっき射精したばかりなのに、また射精しそうになりました。

 

「ああっ!出るっ、また出るーっ!」

 

千鶴の口の中に、ドクンドクン射精してしまいました。

 

千鶴は、

 

「ううぅぅっ」

 

と呻いていましたが、ヒトミが、

 

「飲んでも大丈夫だよ」

 

と言うと、ゴクンと飲み干していました。

 

童貞喪失

 

「洋一、そんなに気持ちよかったのか?だったらエッチさせてやるよ、あんた童貞だろ?」

 

「えっ!もうやめてくれよ!」

 

叫んでも、まったく無視されていました。

 

そしてヒトミが、千鶴に指示を出しました。

 

すると、千鶴は不安そうな顔をしましたが、僕の上にまたがってきました。

 

「ちょっと待って、ゴムは付けとこう」

 

それまでほとんど黙って見ていた彩が言い出し、カバンからコンドームを取り出し、僕のチンコに装着しました。

 

そしていよいよ、千鶴が挿入してきました。

 

「痛っ、あっ、痛いっ!」

 

するとヒトミが、

 

「ゆっくりでいいから、もう少ししたら痛くなくなるよ」

 

と言って千鶴の体を押さえ、僕のチンコは千鶴のオマンコ奥深くまで入っていきました。

 

「千鶴、腰を前後に振ってみな」

 

ヒトミが横から教えると、千鶴はゆっくりと腰を振ってきました。

 

「あ~ん、痛みがなくなってきた~、あっ、あっ、なんか変な感じ~」

 

するとヒトミが、

 

「気持ちよくなってきただろ?だんだん腰を速く動かしてみて」

 

千鶴は徐々に気持ちよさそうな表情をしてきました。

 

とても中学生とは思えない顔でした。

 

そして、僕は強引に童貞を奪われましたが、もう気持ちよすぎて、頭が真っ白になっていました。

 

千鶴はある程度腰を動かしてから、

 

「もういい」

 

とオマンコからチンコを引き抜き、横に倒れ込みました。

 

それを見てヒトミは、彩に指示を出しました。

 

今度は彩が自分のオマンコにローションを付け、僕の上に跨ってきました。

 

「うっ、あっ、あ~ん、結構おっきいよ」

 

腰を振り始めると、

 

「あっ、あっ、いい、気持ちいい、あん、硬い~」

 

彩が小刻みに腰を動かしてきました。

 

僕にも、徐々に彩のオマンコが濡れてきているのが分かりました。

 

彩のオマンコは次第に温かくなってきて、

 

「あ~っ、硬くて気持ちいい~、あ~ん」

 

まるでAVを見ているようでした。

 

横でヒトミは千鶴に、

 

「こうやってセックスするんだよ、よーく見ときな」

 

千鶴は顔を上げ、じっと結合部を見ていました。

 

そして彩は、

 

「あーっ、もうだめーっ、イクーっ、あーっ!」

 

と絶叫して彩はイってしまいました。

 

でもその時の僕は、女性のイクという意味がよく分かりませんでした。

 

しかしその間中、由梨は動画を撮りながら、写メも撮っていました。

 

気持ちよかったのは事実ですが、こんなことを望んでいたわけではありません。

 

「もうやめてくれ~」

 

僕は涙が出てきました。

 

由梨は勃起している僕のチンコを掴んで、アップで写メを撮っていました。

 

「すげぇ、ビンビン、チョーエロいよ、このチンコ」

 

そしてヒトミが僕のチンコを握り、

 

「私がイカせてあげるよ」

 

と言って、凄い勢いでシゴき始めました。

 

「お、おい、もうやめてくれー、で、出るーっ、あーっ!」

 

気持ちとは裏腹に、また射精してしまいました。

 

女って怖いけど・・・

 

「千鶴もフッといて気持ちよくなるなんて、いい身分だな、もっと恥ずかしいことしてやるよ」

 

僕はこれまで以上に恐怖を感じていました。

 

「もっとあんたには恥ずかしい思いをさせてやるから」

 

ヒトミはそう言って、千鶴を全裸にさせ、もう一度僕とセックスするように言いました。

 

そして彩と由梨は、千鶴が感じやすいように胸を揉んだり、舐めたりしていました。

 

ヒトミも千鶴のクリトリスを弄ったり、僕の金玉を揉んだりしていました。

 

しばらくすると千鶴はイッたみたいで、僕もまた射精しました。

 

僕が、

 

「もう無理」

 

と言うと、ローションを垂らしてチンコや金玉を手でもみくちゃにされたり、フェラチオされたりで、強制的に勃起させられました。

 

結局3時間ほど、いろんなことをされました。

 

最後にヒトミが、

 

「他の奴にチクったら写メばらまくからね」

 

と言って、僕は解放されました。

 

あとで知ったことですが、実はヤンキーグループのリーダーはヒトミだったのです。

 

部活も一生懸命やっていたし、地区優勝したこともあり、勉強でも学年で常に5位以内に入るぐらい優秀なのに、人は見かけによらないことを実感しました。

 

僕はそれからもちょくちょく呼び出され、逆レイプされましたが、だんだんと女子に犯されるのが嫌ではなくなってきていました。

 

そしてヒトミは当然一番の進学校に合格しましたが、僕も勉強をがんばって同じ高校に合格しました。

 

ヒトミから離れたくないと思っていたのかもしれません。

 

高校の入学式が終わり、ヒトミが僕に近寄ってきました。

 

横に両親がいたせいもあってか、

 

「またがんばっていこうね」

 

とニコッと笑って言いました。

 

さわやかな笑顔の裏の顔も知っている僕は恐怖も感じましたが、同時にまたイジメてもらいたいとも思っていました。