痴女・逆レイプ体験告白

痴女・逆レイプ体験告白

新着 体験談一覧

家庭教師先のお母さんに童貞を捧げ、娘の処女を貰った僕の現在は…

家庭教師先のお母さん
画像はイメージです

 

家庭教師先のお母さんが欲求不満

 

僕は大学生の時に、女の子の家庭教師のアルバイトをしていました。

 

途中でお父さんが転勤することになり、女の子は高校入試を控えている関係で、お父さんだけ単身赴任することになりました。

 

「月に一回は帰宅するから」

 

と言って単身赴任したものの、お父さんは忙しそうでなかなか帰って来ていません。

 

ゴールデンウィークに一回帰ってきましたが、それ以降は夏休みに入っても帰ってこれず、数ヶ月もの間帰宅できずにいました。

 

それでお母さんは寂しい思いをしているのか、たびたび誘惑するかのような、エロい視線を僕に送ってくるようになってきました。

 

短めのスカートを穿いたり、ボディラインが出るような服を着たりすることもあります。

 

(お母さんはもしかして欲求不満?ひょっとして・・・)

 

と期待しつつ、ある日女の子に勉強を教えていたら、

 

「今日は一緒に夕飯食べていかない?」

 

とお母さんからお誘いがありました。

 

お言葉に甘えてOKしたら、想像以上に豪華な食事に、ビールまで出してくれました。

 

僕はいい具合に酔っぱらって、ソファーに横になってしまいました。

 

ふと気がついたら、夜11時を過ぎていました。

 

お母さんは、

 

「こんな時間だから、今日は泊まっていったら?マキはもう自分の部屋で寝ちゃったし、シャワー浴びてきたら?」

 

恐縮しながらも泊めてもらうことにして、浴室へ入りました。

 

シャワーを浴びていたら、なんとお母さんが入ってきたではありませんか。

 

それも素っ裸なんです。

 

「背中流してあげるわ」

 

って言って、ボディーソープをスポンジにつけ、僕の背中を洗い始めました。

 

時々肌が触れるたびに興奮して、すぐにビンビンに勃起してしまいました。

 

恥ずかしくって、股間を隠すようにモゾモゾしていたら、お母さんはチラチラ僕の勃起チンポを確認していたみたいです。

 

「うふふ、もうこんなに大きくなっちゃって、童貞なの?」

 

と聞かれたので正直に、

 

「はい」

 

と答えました。

この体験談の続きを読む

彼とラブホでローションプレイに結合部丸見えエッチで興奮しちゃった

マングリ返し
画像はイメージです

 

彼とラブホでローションプレイ

 

私は関東に住む女子大生で、美和っていいます。

 

この前、彼とドライブで遠出しようと言ってたのに、私は寝坊しちゃったの。

 

それで予定変更で、ラブホデートすることになっちゃった。

 

それはそれで、ワクワクしちゃう。

 

彼とまだ行ったことのないラブホテルを見つけてチェックイン。

 

外装は可愛かったのに、中は狭くてちょっとガッカリ。

 

でも、バスルームは広くて、しかもラブマットがあったの。

 

しかもローションも一回分の分包じゃなく、ボトル1本分サービスだった。

 

家でエッチする時は、大量のローションなんて使えないから楽しみ。

 

まずは湯船にお湯を溜めてる間は、ベットでキスしたりお互いの体を触りっこしてイチャイチャ。

 

彼はブラのホックを外し、タンクトップの脇からスルリと抜くの。

 

タンクトップの下に着ていたチューブトップを下にずらされ、タンクトップの上から乳首を舐められちゃった。

 

私はうつ伏せになり、わざとおっぱいの谷間を見せながら、触らせないような体勢にしたの。

 

彼は私の上に覆いかぶさり、脇の下から手を入れて胸の方へ伸ばしてきた。

 

そしてピンピンに硬くなった乳首を指で摘んで、クリクリ弄りまくるの。

 

「いやんっ、あんっ!」

 

この時点で、私のオマンコこはジュンッと濡れてきちゃってた。

 

もっと愛撫してほしくて、

 

「脱ぎたい」

 

と彼に言うと、彼は私のパンティーの両サイドの紐を解き、スルリと抜いたの。

 

すでに私のパンティーにはいやらしいお汁がベットリ付いちゃってた。

 

「美和ちゃん、もうこんなに濡れちゃって、いやらしい子だ」

 

そう言うと彼は私を立たせて足を開かせ、オマンコに吸い付いてきたの。

 

ジュルジュルと、わざと卑猥な音をたてながら吸ったり舐めたり。

 

彼は手でオマンコを広げ、むき出しになったクリちゃんを指で擦り、舌先を尖らせてビラビラを舐め上げてきたの。

 

「あっ、あっ、気持ちいい、うぅ~ん」

 

キューンて感じで痺れが襲ってきて、もう立ってられないの。

 

イク少し前で、彼に愛撫を止められちゃった。

 

そして2人、全裸になってバスルームへ。

 

もう彼のおちんぽはビンビンで、嬉しくて移動中に握っちゃった。

 

バスルームでラブマットを敷き、私がうつ伏せになったところに、彼が背中にローションを垂らしてきたの。

 

エッチモード全開の火照った体に、冷たいローションの感触が、なんともいえない興奮が湧き上がって、ワクワクしちゃった。

 

彼は両手で、背中からお尻にローションを塗り伸ばし、お尻の割れ目からオマンコへ手を滑らせてきたの。

 

既に濡れてグチュグチュになったオマンコをなぞりながら、

 

「ローションなのか、美和ちゃんの愛液なのか分かんないね」

 

と意地悪なことを言いながら、更に擦り上げてるの。

この体験談の続きを読む

義母が高校生の若いチンポに夢中でおしっこ漏らすほど感じまくり

おしっこ漏らす
画像はイメージです

 

義母が高校生の僕に「エッチなことしよう」

 

僕が中学1年の時に両親は離婚し、僕は父に付いていく事になりました。

 

そして中学3年の時に父は再婚しました。

 

相手の女性も離婚経験があり、相性が合ったみたいで、出会って2ヶ月ぐらいで再婚しました。

 

それから2年ほど経って僕は高校2年生になりましたが、義母ともうまくいっていて、平穏無事な毎日を送っていました。

 

そんなある日、友達から借りたエロDVDをベッドの下に隠して学校に行き、帰ってきたときには何故かエロDVDは机の上に置いてありました。

 

(義母にエロDVDがバレた)

 

と思い、かなりうろたえてしまいました。。

 

しかも見つかったエロDVDというのが、運の悪いことに、たまたま新妻ものだったんです。

 

でも義母は何も言わず、そのことに触れようともしませんでしたので、いつも通りに晩御飯を食べて、夜は部屋へ戻りました。

 

深夜になり、みんな寝静まった頃、借りたエロDVDを見てオナニーしようとした所で、コンコンと部屋の扉をノックする音が聞こえてきました。

 

不審に思って戸を開けると、スケスケのネグリジェを着た義母でした。

 

義母は30代半ばで豊満な体をしており、そのムッチリとした肌とシットリとした唇が突然目の前に表れたので、ビックリしました。

 

僕は目のやり場に困って後ずさりすると、椅子につまづいて、そのまま椅子に腰を下ろしてしまいました。

 

すでにその時、義母の妖艶な格好を見て勃起してしまった自分の股間を押さえ、しどろもどろになりながら、

 

「な、何しに来たんだよ!」

 

と強い口調で言っても、義母は不敵な笑みを見せ、近くに寄ってきて僕の上に座る格好で、義母の股間を僕の股間に擦りつけながら、

 

「エッチなことしよう」

 

と耳元で囁いてきました。

 

その囁きで、まるで魔法に取り付かれたかのように感じ、逆らうことができなくなりました。

 

そこからは義母の独壇場でした。

 

椅子に座っている僕の前にしゃがみ込んでズボンのチャックを下げ、チンポを取り出すと、しっとりとした唇でを咥え込み、舌を使って丁寧にフェラチオしてくれました。

 

その舌使いが気持ちよすぎて、僕はただ、

 

「あーあーあーあー」

 

と言うばかりでした。

 

あっという間に義母の口の中に射精してしまった僕を見てニッコリと微笑み、そのまま尿道に残ったザーメンもチューチュー吸い取ってくれました。

この体験談の続きを読む

覗きがバレて性奴隷になった僕はトラウマだったのにドMになりました

覗きがバレて性奴隷になった僕はトラウマだったのにドMになりました
画像はイメージです

 

銭湯を覗いていたらバレた

 

僕がまだ中学2年生だったころの話です。

 

その当時、仲良しの友達数人の間で、覗きが流行ってました。

 

中学校の校区内に銭湯があったので、友達とよく覗きに行っていました。

 

そしてそのことを思い出して、家でせんずりをする毎日でした。

 

僕はせんずりが大好きで(今でも)、毎日2,3回は必ずしてました。

 

ムラムラすれば、駅やデパートのトイレに駆け込んででも、せんずりしてました。

 

ある日、いつものように銭湯に僕一人で覗きに行きました。

 

ボイラー室に忍び込み、友達が開けた小さな穴から、女風呂を覗いていました。

 

これまでも何度か一人で覗きに来ていて、覗きながらチンポを出してせんずりをしていました。

 

その日も、普段と同じように女性の裸を見て興奮しながらチンポを扱いていました。

 

そして、これからイキそうだという時に、背後でガチャッと音がしました。

 

ボイラー室の戸が開く音でした。そして、

 

「何やってるの!」

 

という女性の大きな声がしました。

 

僕は驚きましたが、同時に射精してしまいました。

 

パニックになりましたが、観念したようにゆっくり女性に近づくと、突然ダッシュしてその場から逃げ去ることに成功しました。

 

(顔を見られたかもしれない・・・学校に通報されたら・・・)

 

その後数日間はビクビクしていました。

 

幸い何事もなかったので、ほっとしました。

 

しばらく間を置いて2ヵ月ぐらい経ってから、また例の銭湯に覗きに行きました。

 

これまで何度も覗いてせんずりしていたので、あの時はたまたま運が悪かっただけだと都合のいいように思い込んでいました。

 

そして、これまでと同じようにせんずりを始めました。

 

すると、また背後で扉の開く音がしたんです。

 

そして、

 

「何してるの!」

 

という女性の声。

 

(やばい!)

 

と思い、前回と同じように近づいて逃げようとした瞬間、腕を掴まれてしまいました。

 

僕は必死に振りほどこうとしましましが、

 

「人を呼ぶわよ」

 

と言われ、諦めてひたすら謝りました。

 

おそらく半泣きだったと思います。

 

その女性は、銭湯の裏のアパートに住んでいる人でした。

 

後で分かったんですが、年齢は当時27才で、スレンダーでそこそこ綺麗かなといった印象でした。

 

僕はチンポ丸出しで腕を掴まれたまま、その女性の住むアパートの部屋へと連行されました。

この体験談の続きを読む

満員電車内でおじさんに中出しさせ、女子トイレに連れ込んだ結果…

逆痴漢
画像はイメージです

 

逆痴漢でお尻を擦りつけたおじさんが私に触ってきました

 

本当に満員電車には痴漢がいっぱいいます。

 

でも、中には痴女もいるんです。

 

わざと逆痴漢で男性の股間にお尻を押し付けたりして興奮させ、勃起するの確認して面白がったりしている女性がいます。

 

そんなことを何度かされると男性の方は、

 

「この女、俺に気があるんじゃないか?」

 

なんて勘違いするおじさんもいて、今度は当然のように同じ車両に乗ってきてお尻を触ったり、おちんちんを押し付けてくることがあります。

 

でも、女性にはひどい子もいます。

 

初めに意図的に男性に自分のヒップを押しつけて、そのままお尻を擦り付けてズボンの中で射精までさせておいたにも関わらず、痴漢呼ばわりして男性を駅員や警察官に突き出す女の子もいるんです。

 

ちなみに私はそういうのって嫌いなんです。

 

だから私は気に入ったタイプの男性にしか、逆痴漢でお尻を押し付けたりはしないんです。

 

去年の春も、そうでした。

 

いつも通り、電車が凄く混んでいたときでした。

 

私が前日、わざとお尻を擦りつけた好みのおじさんに、再会することができたんです。

 

嬉しくなって、わざと隅っこの逃げられない場所に移動して、おじさまが来るのを待ちました。

 

そうしたら、おじさんが次の駅で私を狙ってすぐ背後に立ち、お尻に自分の股間を擦り付けてきたんです。

 

おじさんのおちんちんは徐々に勃起していき、電車の揺れに合わせながら、体を密着させてお尻に擦りつけてきます。

 

おじさんは右手にカバンを持っていて、それで腰の辺りが見えないように、うまく隠してるんです。

 

さらにおじさんは、左腕を使って私を抱きしめてきました。

 

そのままゆっくりと、私のおっぱいを触ってきたんです。

 

私も興奮してるし、抵抗するつもりはないんですが、わざと下を向いてモジモジして、恥ずかしそうにしてみせました。

 

おじさんは私が抵抗しないことが分かると、嬉しそうにいやらしい笑みを浮かべながら、わたしの胸を揉み出しました。

 

私はじっとしてまま動きませんでした。

 

おじさんはしばらく私の胸を揉んだ後、手を下の方に移動させきて、スカートの中に手を入れてきました。

 

お尻や太ももを撫で回し、ついに私のオマンコを触り始めました。

 

おじさんはパンティーの上から指でオマンコの割れ目をなぞり、クリトリスにも触れました。

 

はあはあと興奮した息遣いも聞こえます。

 

私も感じてしまって、体がピクンと反応してしまっていました。

 

気持ちよくなって愛液が出てきて、パンティーにシミが付いていくのが、自分でもはっきりと分かりました。

 

おじさんも私が濡れてきたのが分かって、ヌルヌルしてきた私のオマンコやクリトリスをいやらしく指で弄り回しました。

この体験談の続きを読む