痴女・逆レイプ体験告白

痴女・逆レイプ体験告白

新着 体験談一覧

小学6年のデカチンを友達のお母さんがフェラチオで初射精させて中出しまで

小学生 デカチン

 

友達のお母さんが僕の股間に手を・・・

 

僕(尚幸)は小学6年生の時の夏休みに、当時スイミングスクールに通っていた同級生の孝志とそのお母さんの明子さんとの3人で、とある海沿いの旅館に泊りがけの旅行に行きました。

 

旅館に到着して荷物を置くと、すぐに競泳パンツを穿いて海岸に出て泳ぎ始めました。

 

僕も孝志もスイミングスクールでは上級クラスで、海でもお互いにライバル意識しながら、沖にある岩場まで競争したりしていました。

 

すると岩場で孝志が怪我をしてしまい、一旦旅館に戻って病院で診察してもらうことになりました。

 

たいした怪我でなくてホッとしましたが、さすがに泳ぐのは無理なので、2人で海の家で遊ぶことにしました。

 

怪我をした時に助けてくれたガードの人達が、僕達の遊び相手もしてくれました。

 

僕も一緒にカードゲームをしたりしていたけど、やっぱり海で泳ぎたい気持ちが強く、つまんなそうにしていたんだと思います。

 

そんな僕の様子に気付いたのか、孝志のお母さんの明子さんが、

 

「尚ちゃん、せっかく海に来たんだから泳ぎたいでしょ??私とあの岩場まで泳いで競争しない?」

 

と言ってくれました。

 

「孝志はここでお兄さん達に遊んでもらっててね、お兄さん達お願いしますね」

 

と言って、明子さんが僕の手を引いて海岸まで連れていってくれました。

 

「実は私も高校まで水泳やってたんだよ。まだまだ尚ちゃんには負けないと思うよ」

 

と言って明子さんは張り切って泳ぎ出しました。

 

僕もすぐに後を追い、明子さんを追い越して先に岩場に着いて待っていました。

 

「うわぁ~、やっぱり尚ちゃんは早いわね~」

 

と言って、明子さんも岩場に上ってきました。

 

しばらく二人並んで座って会話してたんですけど、突然明子さんが僕に抱きついてきました。

 

しかも、僕の穿いている競泳パンツの股間の膨らみに手を当ててきたんです。

この体験談の続きを読む

娘の担任教師の巨根を得意なフェラチオでしゃぶってオマンコに中出しさせました

誘惑 フェラチオ 中出し

 

娘の担任の先生を誘惑しちゃいました

 

小学生の娘の担任教師である男性が素敵なんです。

 

先生は28歳で、私より4歳年下です。

 

初めて会ったのは懇談会の時でした。

 

どちらかというと、童顔で可愛いと思える先生でした。

 

年下の男性を可愛いと思うようになるなんて、今までほとんどありませんでした。

 

私も年を取ったんだなと実感します。

 

最初の印象はそんなものでしたが、先生に対する想いは、いつしか欲望へと変わっていったのです。

 

そして家庭訪問の日が来ました。

 

私はずっと先生の訪問を待ちわびていました。

 

家に来られると上がってもらい、娘の普段の生活ぶりなどを一通り話しました。

 

家庭訪問が終わると予想通り、娘は友だちの家へ遊びに行ってしまいました。

 

リビングで先生と2人きりという絶好の状況になったのです。

 

私は、

 

(チャンス!)

 

とばかりに、ソファでお茶を飲んで、そろそろ帰ろうかとしている先生にモーションをかけました。

 

先生の横に座り、太ももに手を置いて、

 

「ねえ、先生・・・。年上の女はお嫌い?」

 

「い、いえ、そんな・・・どうしたんですか?・・・困ります・・・そんなこと・・・いけません」

 

たちまち先生の顔が真っ赤になっていくのが分かります。

 

先生の返事なんかどうでもいいんです。

 

私の手は、すでに先生の股間付近を撫で始めています。

 

「いいじゃないの・・・私、前から先生のことが好きだったの・・・いいでしょ?先生!」

 

「ああ・・・お、お母さん・・・そんな・・・ダメですよ・・・」

 

もう私は決めていたことです。

 

有無を言わさず、先生の唇に唇を重ねました。

この体験談の続きを読む

電車内で痴女OLにおっぱい押し付けられてチンコ握られてドクドク射精しました

電車 痴女 手コキ
画像はイメージです

 

女と間違えて痴漢されてる?

 

高校2年の3学期のことです。

 

毎朝、満員電車に乗って通学していました。

 

駅員が押し込まなければ乗れないほど満員です。

 

しかも次の駅でも、また人が押し込まれます。

 

目的の駅まで数十分でしたが、本当に毎日の通学が辛かったです。

 

そんな1月半ばのある日、いつもと同じように僕は満員電車に乗ってグッと押し込まれました。

 

嫌だなと思いながらも、次の駅でまた数人が押し込まれてきました。

 

その時の僕は、ドアに向かって後ろを向いた状態で立っていました。

 

最後の人が押し込まれてしばらくすると、何やら僕の太ももの裏側に手が当たっているのに気が付きました。

 

偶然当たっているもんだと思っていたのですが、どうも違うみたいです。

 

手の平が太ももにピタッと張り付いているんです。

 

変だなと思いましたが、混み過ぎていて見動きが取れません。

 

後ろを振り返るにも全く動けないんです。

 

しばらく我慢していると、その手は今度は尻に移動してきました。

 

しかも尻をゆっくり撫で回してくるんです。

 

これは何かの間違いではないかと思いました。

 

痴漢が女と間違えて、僕の尻を触っちゃってるんじゃないかと思いました。

 

身をよじって、なんとか

 

(ヤメろ)

 

と訴えかけました。

 

それでもずっと尻を撫で回してきます。

 

僕は気持ちが悪くなり、動ける方向に少しだけ動きました。

 

ちょうど横向きになる姿勢になると、尻から手が離れていきました。

 

やっと僕のことが男だって気が付いたと思って安心しました。

 

でもどんな奴が痴漢なんてしてるのかと思い、興味が湧きました。

 

僕の後ろ辺りにいるのは分かっていたので、降りる瞬間に確認しようと思いました。

 

駅で一気に人が吐き出される瞬間が勝負です。

 

体をひねって、僕は後ろにいる人を確認しました。

 

そこにはOLっぽい女性と、オジサンと、大学生風の男がいました。

 

この大学生っぽい男か、オジサンのどっちかが痴漢なんだなって思いました。

この体験談の続きを読む

たくさんの男性とセックスしてきたけど彼氏のおちんちんが最高です

騎乗位
画像はイメージです

 

大好きな私の家に彼氏が泊まりに来ました。

 

私が彼氏の家に行くことが多くて、まだ今回で数回目です。

 

もう何十回もセックスをしているけど、ここ最近で膣奥が気持ちよくなってきました。

 

女の子のイキやすいポイントって幾つかあると思うんですけど、私は外派です。

 

つまりクリトリスなんですけどね。

 

おちんちんをオマンコに入れられてる最中に、クリトリスが擦れて

 

「気持ちいいっ!」

 

ていう感じだったんです。

 

足を上げられて膣奥をガンガン突かれても、気持ちいいけどイクまでは達しなかったんです。

 

でも最近、騎乗位で膣奥に当たると、痺れるような、頭が朦朧とするような感じになるようになって、オマンコ大洪水になっちゃいます。

 

彼がベッドの端とかと持って体を固定して、おちんちんを突き立てるっていう感じかな。

 

私のベッドはスプリングが利いてて簡単に動くことが出来るんだけど、もう気持ちよすぎてヤバかったです。

 

隣の家に聞こえちゃうんじゃないかな?って思うぐらいでした。

 

気持ちよすぎて喘ぎ声が抑えられなかったんです。

 

最近寒くなってきたので、布団から出ずに私から彼を責めました。

 

キスしてどんどん下がっていって、乳首を舐めたり脇腹を舐めたりします。

 

その最中は、私のおっぱいが彼のおちんちんに当たるようにします。

 

彼のおちんちんは普通よりちょっと太めで、長さも少し長めで形は真っ直ぐです。

 

十人十色じゃないけど、おちんちんの形って男の人によって違うよね。

 

彼氏が大好きってのもあるけど、フェラしてるだけで私まで感じちゃいます。

 

(これが私の中に入ってくるんだ)

 

とか、

 

(めちゃくちゃにされちゃうんだ)

 

とか思って興奮します。

 

ある程度フェラしてから、彼が催促したのでシックスナインの体勢になります。

 

彼はクンニするのもかなり上手なので、何度もイキそうになります。

 

でも、もったいないからイキません。

 

彼がクリトリスを吸ったり柔らかく舐めたりしてきて、もうオマンコがキュンキュンしてました。

 

10分くらいしてて、

 

「もう無理」

 

って言って彼のおちんちんを催促します。

 

最初は正常位でって思ったら、なかなか焦らして入れてくれないんです。

 

クリトリスとオマンコの入り口を、彼のおちんちんでニチャニチャいやらしい音を立てながら擦ってきます。

 

それでも気持ちいいんだけど、早く彼のおちんちんが欲しくって、

 

「焦らさないで入れて・・・」

 

って何度かお願いしちゃいました。

 

体勢をちょっと立て直して、私のオマンコに彼のおちんちんがヌルンって入ってくると、勝手に口から

 

「んぁ・・・」

 

って声が漏れました。

 

彼の下腹部と私のクリトリスがくっついた状態で、おちんちんを私のオマンコにゆっくり出し入れして膣内を味わうかのように動かしています。、

 

クチュクチュ音がして、もっともっと感じてしまいました。

 

私は彼の首に手を回し、私に全体重をかけまいと少し気を使いつつも、二人で息遣いがすごく荒かったです。

 

私は終始感じまくっていて、

 

「あぁん・・」

 

って喘ぎまくりでした。

 

ゆっくり出し入れしつつ、おちんちんで膣中をかき回す彼。

 

オマンコで彼のおちんちんを最大限に感じられる瞬間です。

 

私も勝手に腰が動いて、彼の首に回していた手を、彼のお尻や腰付近を触って、

 

「もっと奥に、もっと奥に」

 

って感じで自分のオマンコを押し当てました。

 

ずっとこうして繋がっていたいです。

 

ずっと彼にオマンコをかき回されていたいです。

 

彼もとても気持ちよさそうにしていました。

 

今度は私が上になります。

 

私は騎乗位がとても弱いんです。

 

おちんちんがオマンコの奥まで入るし、クリトリスは擦れるし、彼は乳首を転がしたり摘んだりするからなんです。

 

あと、彼が私のクリトリスのところに指を置くので、そうされるとすぐにイッてしまうんですよね。

 

今回は、彼のおちんちんを堪能したくて、指を置かないでもらいました。

 

私のオマンコの奥にもっと入ってきて欲しいんです。

 

彼のおちんちんでオマンコをいっぱいにして欲しいんです。

 

そう思って、腰を前後に動かします。

 

めちゃくちゃ気持ちいいです。

 

彼もマットの端を掴んで、おちんちんを突き立ててきます。

 

オマンコ奥の子宮口に当たって、より一層濡れてきます。

 

愛液がグチュグチュ音を立てて、おかしくなりそうでした。

 

気持ちよすぎてもう我慢出来なくって、

 

「いきそうなの、いっちゃう・・・」

 

って彼のおちんちんをオマンコで包んで、クリトリスを擦りあてながら、腰を前後に動かし、

 

「あぁっ!」

 

ってイッちゃいました。

 

その時彼が、

 

「んあっ!」

 

っておちんちんをオマンコから抜きました。

 

彼も射精しました。

 

同時にイったみたいで、ちょっと嬉しいです。

 

彼とのセックスは最高です。

 

今までかなりの男性とセックスしてきました。

 

すごく太いおちんちんの人や、犯されてる感じになるくらい巨根な人もいたけど、やっぱり自分の「気持ち」ってのが一番気持ちよくなれる要素なんだなぁって思います。

 

あと、クリトリスも気持ちいいけど、子宮口におちんちんを擦り付けられると、意識が朦朧とするほど気持ちいいです。

 

今の彼氏とのセックスが一番相性が良いです。

 

今まで付き合った彼氏の中で、一番大好きだからかもしれません。

 

彼氏の事を考えるだけで、オマンコからエッチな汁が出てきて、パンツが濡れてシミ付きパンティになっちゃいます。

 

あ~ん、また彼のおちんちん欲しくなっちゃった。

 

ウブだと思ってた女性がドS痴女だった!僕は彼女の性奴隷として生きて行きます

ドS痴女 性奴隷
画像はイメージです

 

ウブっぽい女性に下ネタを振ってみた

 

仕事の得意先に、美沙ちゃんという女性がいます。

 

顔見知りになって、少し会話もするようになりました。

 

話をしていると、

 

(まだ男を知らないのでは?)

 

と思うくらいウブっぽくて、処女ではないかと思ってしまうような女の子です。

 

小柄で、身長は155cmくらいの華奢な体型です。

 

胸もあまり無く、幼児体型のような感じです。

 

去年の12月初旬ごろに仕事の帰りに車を走らせていると、信号待ちで偶然美沙ちゃんを発見しました。

 

「美沙ちゃん!今帰り?」

 

と声をかけると、美沙ちゃんも気づいてくれてニッコリと、

 

「はい、そうです」

 

と返してくれました。

 

「どこまで帰るの?送ろうか?」

 

「いいんですか?」

 

「いいよ!乗って」

 

美沙ちゃんを車に乗せて走らせました。

 

正直この時、僕に下心は全くと言っていいほどありませんでした。

 

「家はどの辺?」

 

「少し遠いですけどいいですか?」

 

「いいよ、今日は暇で後は帰るだけだったから」

 

「ありがとうございます」

 

「今日は金曜日なのに美沙ちゃんはデートとかしないの?」

 

「彼氏いないんですよ」

 

「そうなの?長いこと彼氏なし?」

 

「う~ん・・・ここ1年くらいかな」

 

「ふ~ん、じゃぁこの1年は処女なんだ」

 

と下ネタを振ってみました。

 

恥ずかしがるのか、嫌な顔をされるのかな?と思ったのですが、美沙ちゃんからの返事は意外でした。

 

「いえ・・・あ、そうですよ」

 

と、中途で言い換える意味深な発言です。

この体験談の続きを読む