痴女・逆レイプ体験告白

痴女・逆レイプ体験告白

新着 体験談一覧

夫と不仲の在日韓国人女性が中出しを求めてチンポにむしゃぶりついてきた

中出し ホールド
画像はイメージです

 

本当に私を満足させてくれるの?

 

私は今までに、5人の外国人女性とセックス経験があります。

 

何度か韓国に出張で仕事に行った時、現地妻として相手をしてくれた22歳と26歳の独身女性。

 

二人ともかなりスタイルが良くて美人でした。

 

たぶん、整形はしていると思いますけどね。

 

日本では、ロシア系の人妻T37歳、在日朝鮮人妻K32歳と、これから紹介する忘れられない女性として思い出に残る在日韓国人妻H36歳です。

 

もう20年以上も前のことですが、Hとはテレクラで知り合いました。

 

会った時は、どうやら旦那と喧嘩してムシャクシャしていたようです。

 

憂さ晴らしのために、浮気するつもりでテレクラを利用したらしいです。

 

「会って楽しみたい」

 

とHから誘ってきましたから。

 

待ち合わせ場所であるホテルのロビーで出会いました。

 

少しグラマーですがスタイル抜群で、キリッとした美人が近づいてきました。

 

ちなみに私はごく普通のおじさんで、背も165cm、見た目も全然パッとしません。

 

彼女はそんな私を見てニコリともせずに、

 

「本当に私を満足させてくれるの?」

 

と会ったことを後悔するかのような、吐き捨てる言い方でした。

 

「ああ、後悔はさせないよ」

 

と私はまったく怯むことなく、ニヤリとしながら答えました。

 

そんな私の自信ありげな態度に、

 

「なら、いいわ。行きましょう」

 

と納得して、私が用意した13階の部屋へと向かいました。

 

私はセックスのテクニックには自信があり、これまで経験した女性で満足しなかった人はいません。

 

私とのセックスが忘れられなくて、ストーカーまがいに追いかけられたこともあります。

 

部屋に入るとすぐに、私は彼女のブラウスを捲くり上げ、ブラジャーもずり上げて、年齢の割には張りのある大き目の乳房を鷲掴みにし、薄い茶色の乳首を吸いました。

 

舌を這わせ、軽く甘噛みをすると、

 

「ああ~、ああ」

 

と彼女の口から喘ぎ声が漏れました。

この体験談の続きを読む

友達の彼氏を寝取ったら乱交に発展 輪姦されたい!ザーメン浴びたい!

乱交
画像はイメージです

 

飲み会でエッチな話をしました

 

私の名前は菜々子で24歳、OLしてます。

 

3ヶ月ほど前、同棲していた恋人と別れました。

 

先日、友達の静香が、

 

「菜々子に男を紹介してあげる」

 

と言うので、この前飲み会に参加してきました。

 

主催者は、静香とその彼氏の勇樹でした。

 

二人とも私の高校の同級生でもあります。

 

しかも勇樹はイケメンなんです。

 

背も高くて筋肉質でカッコいいし、美味しそうな体つきで、男性フェロモンをプンプン感じます。

 

セックスも強そうに見えます。

 

私は以前から勇樹が気にいっています。

 

実は静香には内緒で、過去に勇樹と3回セックスした事があります。

 

つまり、静香から寝取ったことになります。

 

体の相性だけでいうなら、元彼よりも勇樹とのセックスの方が良かったかもしれません。

 

勇樹に彼女がいるのは残念な気分です。しかも友達だし。

 

私が飲み会に顔を出した理由は、

 

(勇樹に久しぶりに会いたい)

 

と思ったからです。

 

だから、男を紹介してもらうことには、正直あまり興味がありませんでした。

 

勇樹さえ、いればいいんです。

 

でもそういう訳にはいきません。

 

飲み会当日、勇樹の友達2人を紹介されました。

 

京介は、勇樹の大学時代の同級生で、メガネをかけた知的な感じの好青年です。

 

駿太はその後輩で、大学を卒業したばかりの22歳です。

 

小柄で色が黒いけど、顔は結構イケメンで可愛いタイプでした。

 

静香はイケメン好きなので、自分の趣味で男性を集めてもらってきた感じでした。

 

だからやっぱり、飲み会で一番楽しそうにしていたのは静香でした。

 

(私のためだったんじゃないの?)

 

と思いましたが、勇樹に会えたので私も嬉しかったです。

 

静香は先頭に立ってはしゃぎまくり、2時間経つと翌日の仕事のため、先に帰宅しました。

 

そこでお開きになる空気になりかけていましたが、私は勇樹ともう少し一緒にいたかったので、私から他の2人の男性も引きとめて、場所を変えて飲み直す事にしました。

 

男3人に囲まれて、個室になっている居酒屋で飲みながら話をしていると、勇樹以外の2人もわりと話しやすかったです。

 

さっきは静香がはしゃいでいたので、よく分からなかったんですね。

 

2人も私に興味を持ってくれたらしく、前の彼氏の話や、ちょっとエッチな内容まで聞いてきました。

 

お酒も進んでいるので、私も普段なら絶対に言わないような、

 

好きなセックスの体位

触られると感じる場所

やってみたいプレイ

 

まで、ついついしゃべっちゃいました。

 

私は話をしながら、いつの間にかオマンコが濡れてしまいました。

この体験談の続きを読む

巨根をフェラチオするのが大好き過ぎる彼女の結婚後の不安とは…

巨根
画像はイメージです

 

(前回の続き)

 

↓ ↓ ↓

 

 

巨根好きの性癖を告白して泣き出した

 

一瞬、何事かと思いました。

 

「私、昔から真面目だって言われてきました」

 

「親からも期待されて、ずっと勉強ばっかりしてて・・・」

 

「中学も高校も女子高だったから・・・男性と話すのが苦手で・・・」

 

「でも、エッチな事には凄く興味があったんです」

 

「ネットで色んなエッチな画像とか集めてるうちに、大きなおちんちんの画像ばっかり集めるようになって・・・」

 

「巨根の男性に憧れるようになったんです・・・でも、チャラチャラした感じのする男性はなんだか苦手で・・・」

 

「いつも一人で色々妄想したり・・あとは、巨根もののエッチな漫画とか動画を見たりして・・・」

 

「それでこないだの温泉旅行の時、ヨシさんのおちんちんを見て・・・」

 

「それにヨシさんって、私が好きな漫画の登場人物に似てるんです」

 

「しかも考えてみると、私の生活で一番喋る男性ってヨシさんなんです」

 

「あの温泉旅行の後、ヨシさんを見ると、どうしても股間に目が行ってしまって・・・」

 

半泣き状態で、次から次に紗江ちゃんは捲くし立ててくると、ついに顔を真っ赤にして涙を流し始めました。

 

「いろんな・・・妄想してたんですけど・・・もう・・・妄想だけじゃ・・・我慢できなくなって・・・」

 

「ごめんなさい!こんな変態な女嫌ですよね?好きになった理由がおちんちんなんて、そんな女最低ですよね」

 

と言ったあと、

 

「わーん」

 

と泣き出してしまいました。

 

いつも真面目で、気丈な感じの紗江ちゃんが、少女のように泣いています。

 

僕も驚いてオロオロしましたが、とりあえず紗江ちゃんをなだめてからベットに移動させ、落ち着かせました。

 

タオルがあったので、涙を拭いてあげながら、頭を優しく撫でました。

この体験談の続きを読む

僕が巨根だと知ると様子がおかしくなった女子大生アルバイト

巨混浴温泉
画像はイメージです

 

温泉旅行に行くことに・・・

 

僕は27歳の冴えないブサイク野郎、しかも童貞です。

 

モテるはずがないので、告白したこともされたこともありません。

 

そんな僕の会社の同僚には、何故かイケメンが多いのです。

 

女子大生のアルバイトも何人かいるのですが、彼女たちは当然イケメン社員たちと、いつも仲良さそうにしています。

 

僕は当然ながら蚊帳の外です。

 

別になんとも思っていません、そういう人生を歩んできましたから。

 

しかし、そんな中でもアルバイトの女の子に、紗江ちゃんという一人だけ真面目な子がいます。

 

その子だけは、チャラチャラしたイケメンとは距離をおき、僕のところに仕事の相談にきてくれます。

 

素直に嬉しいのですが、それ以上の関係でも、それ以下でもありません。

 

何の期待もしていませんし、そういう事は全て諦めて生きてきました。

 

そんな中、年末が近づいてきたころに、イケメン社員たちが、

 

「みんなで温泉旅行に行こう」

 

と言い出しました。

 

アルバイトの女子大生たちは大喜びです。

 

僕も紗江ちゃんも誘われました。

 

別にイケメン連中と仲が悪いわけではありませんが、仕事だから付き合えるのであって、チャラチャラした旅行に行きたいとは思いません。

 

紗江ちゃんも同じ気持ちのようでした。

 

しかし、せっかく誘われたし、空気を乱すのもよくないと思い、行くことにしました。

 

紗江ちゃんも、

 

「ヨシさん(僕)が行くなら私も行きます」

 

と言ってくれました。

 

というわけで温泉旅行に出かけまして、バカ騒ぎにカラオケに酒盛りにと盛り上がっています。

 

僕と紗江ちゃんは、雑用係りに徹していました。

 

僕は元々お酒が強くないし、ノリが悪いのはみんなも分かっているので、無理に飲ませたり、歌わせたりする者はいません。

 

紗江ちゃんも僕に合わせてくれています。

 

ある程度、女性陣にも酒が入り盛り上がった所で、イケメン同僚の一人が言い出しました。

 

「ここってさぁ、さっき確認したけど、混浴があるじゃん」

 

「まじ?!じゃ、今から行かね?」

 

というような事をわざとらしく言い出しました。

 

女の子達は、

 

「キャー、キャー」

 

言い出し、恥ずかしがる子もいれば、はしゃいでいる子もいます。

 

でもいつの間にか、みんなノリノリです。

 

「さー、行こう行こう!」

 

という流れになりました。

この体験談の続きを読む

息子の友達が私のパンツを見て勃起し、トイレでオナニーしたので…

熟女
画像はイメージです

 

トイレでオナニーしてたでしょ

 

私は43歳の主婦です。

 

去年の春ごろの話ですが、息子の友達の隆宏君(高校2年生)が家に遊びに来たんですけど、息子は外出していていなかったんです。

 

隆宏君は帰ろうとしたんですけど、せっかく来てくれたのに、そのまま返すのも悪いと思い、

 

「ちょっと上がっていったら?」

 

と言うと、

 

「いいんですか?お邪魔します」

 

断って帰るかと思いましたが、意外でした。

 

上がってもらって、リビングのソファーに座らせて

 

「コーヒーと紅茶とジュースとどれがいい?」

 

と聞いたら、

 

「えっと、コーヒーをください」

 

はにかんだように、顔を赤らめて言うんです。

 

2人分のコーヒーとクッキーを持って行き、ソファーの前にあるテーブルに置き、隆宏君の正面に座りました。

 

その時私はタイトスカートを穿いてたんですけど、どうやらパンティーが見えたみたいなんです。

 

隆宏君はスポーツウエアータイプのズボンを穿いてたんですけど、股間がもっこり膨らんでくるのが見えてしまいました。

 

そしたら、

 

「すみませんトイレに行かせてください」

 

と言ってトイレに行ったんですけど、なかなか出てきません。

 

(もしかして?)

 

と思いましたが、しばらくしてトイレから出てくると、なぜか顔が真っ赤になってました。

 

(やっぱりオナニーしてたんだわ)

 

そう思うと、なんだか可愛くなるのと同時に、私のパンティーで興奮してくれることに、ちょっと嬉しくなりました、。

 

その日は何もなく、隆宏君が帰る時に、

 

「いつでも良いからまた遊びに来てね」

 

と言いました。

 

その二日後に、また隆宏君が来ました。

 

「ごめん、今日も出かけてて居ないのよ」

 

と言ったら、

 

「知ってます、さっき携帯で話したんで」

 

「えっ?そうなの?じゃあ、どうして?」

 

「おばさんがいつでも良いから遊びに来なさいって言ったから来ました」

 

まさか息子の居ない時にまた来るとは思わなかったのですが、この前のことを思い出し、

 

(ひょっとして・・・)

 

と思って家に入れてコーヒなどを出し、2日前のように隆宏君の正面に座ると、話しながらもやっぱり私のパンティーをチラチラ見ています。

 

隆宏君のおちんちんも、やっぱり勃起しています。

 

そしてこの前と同じように、トイレに行きました。

 

出て来た時も、前回同様に顔は真っ赤にしていました。

 

また向かい合ってソファーに座った時、私は思い切って聞きました。

 

「おばさんのパンティー見えてるんでしょ?」

 

隆宏君はオロオロしてたので、

 

「正直に言っていいのよ」

 

と言うと、

 

「はい、この前も見えてました」

 

「トイレでオナニーしたんでしょ?」

 

「いえ、そ、そんなこと・・・」

 

「正直に言いなさい!」

この体験談の続きを読む